« 白黒の時代。 | トップページ | 少女の時代にしかできなかったこと。 »

ムードがなけりゃ・・・。

家族構成によって 部屋数は違うものです。余裕のある方の場合は 使わない部屋があるほど大きな家に住んでいたりしますが ほとんどの場合、部屋が余っていて・・・という暮らしをされている方はいらっしゃらないと思います。

ただし、子供が成長し 巣立っていったりすると 同じ家に住み続けても広く感じたり、使わない部屋が出てきたりします。子供部屋だったところをそのままにしていたり、物置部屋にしてしまったり・・・昔の人ほど 空き部屋の使い道をもったいなくしてしまっている現状があるような気がしてなりません。

もともとは 自分の書斎が欲しい・・・趣味の部屋を持ちたい・・家を選ぶときはそんな夢を誰しもが持っていたはずです。でも、いざ!というときに それができないのはもったいないと思うのです。

子供を育てるのは 必死でなければできないし、人生の大事な時間をかけて取り組まなければなりません。そこに心血を注ぐばかりに 個人的な趣味や、時間の使い方を見失いたくはないと 私は考えています。せっかく この世に生まれてきたのですから 大好きなことに没頭する時間を楽しみたいと思うのです。

絵を描くのもいいです。おもちゃがずらっと並ぶ部屋が欲しいです。音楽を楽しむための部屋も欲しいと思っています。将来の夢だけど、夫婦二人で そんな中で暮らしていきたいのです。

でも、もしそんな部屋がもてたとしても 物置になっている部屋の片隅で絵を描いたり、音楽を聴くわけにはいきません。それぞれの部屋として ふさわしいムード作りが必要です。

好きな音楽に浸るには 座り心地のいいソファがいります。それに 小さなコーヒーテーブルと 少し暗めの間接照明。フロアースタンドが雰囲気です。明るい照明の下で聴く音楽ではないからです。お酒を飲みながら ぐっと聞き入る環境が必要なのです。

部屋を自由に使える時がきたとしても、本当に楽しむためのムードがなけりゃ・・・台無しだと思うのです。

Photo

|

« 白黒の時代。 | トップページ | 少女の時代にしかできなかったこと。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白黒の時代。 | トップページ | 少女の時代にしかできなかったこと。 »