« 見えないところだからこそ。 | トップページ | ふわふわ。 »

温もりを感じます。

古いホーローと出会いました。何とも言えない色合い・・・欠けたところに浮くサビもいい具合です。

ホーローは昔から 食品の保存用として、またお風呂やキッチンなどの工業製品として広く使われてきました。今も 家庭用品を作り続けている老舗メーカーが国内にも数社あるようですが おそらく昔に比べると かなり減っているように思います。デパートなどでもあまり見かけませんし、扱っていても 日本に数社しかない事情で どこでも同じものを売っているという現状です。

雑貨メーカーでも 見た目に可愛かったり、アンティーク風にしたりして たくさんのホーロー製品を扱っています。しかし、ほとんどは 外国製。価格を抑えるために それなりの出来栄えです。外国の老舗メーカーのものを輸入販売しているメーカーもありますが 値が張るので本物志向の方向けと感じてしまいます。一度買えば 長く使えうものですから たくさんの人に求められなければ メーカーの存続自体に 影響しかねないのです。

それでも 何故か 私はホーローに惹かれます。しかも 古い日本製のホーローに。たくさんのメーカーが存在していた時代、各社 他の企業と競い合う中で 独自のもの作りがなされ それはそれは 賑やかなくらいいろんな色やデザインのものが あったはずです。時々ご紹介する 可愛いものは その一端としか思えません。

懐かしいところで言うと やはり花柄のお鍋だったりして 誰でも記憶にあるものです。その印象は・・・あったかい料理。温もりです。私には どんなホーローにもそんな温もりを感じるのです。

多少錆びていても 欠けていても 大事にすれば壊れることはありません。食品を入れるだけにとどまらず、色んな収納で 活躍してくれます。そして その存在感・・・インテリアの一部として いいアクセントにもなります。

出来うることならば 昔のように たくさんのホーローメーカーが競いあって いいものを作り合うような時代が来ないものでしょうか・・・。おそらく もうそんな時代は来そうもありません。

Photo

|

« 見えないところだからこそ。 | トップページ | ふわふわ。 »

雑貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見えないところだからこそ。 | トップページ | ふわふわ。 »