« 雑貨っていいな。 | トップページ | 10周年感謝祭 »

思いつくかも。

うちは夫婦ともども ミルクガラスなどの古い食器が大好き。デザインの華やかさや 使い心地・・・魅力を上げるときりがないくらいなので その数もどんどん増えていく一方です。

ただ、ミルクガラスだけがその対象かというとそうではありません。古い食器の中に 好みのものがたくさんあるということなのです。今売られている食器に無い魅力は 古いものにしかないのです。

けど、古ければなんでもいいわけでもありません。自分の好みに寄り添ってくれるもの・・・そういうものたちと 毎日の食卓を楽しみたいのです。

今まで こういうご紹介の仕方をしたことがなく、初めての試みです。じっくり、見てみてください。

Photo

昔の日本製のパイレックスには プリントが施され、可愛いデザインのものがたくさんありました。調理して 直接テーブルへ・・・食器も家族団らんに 一役買っていたのです。食器棚も華やかに、料理する人も楽しめる存在でありました。70年代から80年代にかけて たくさんのシリーズが生まれましたが これは 「花詩集」という名前のシリーズのパイプレートです。色んな花々がカラフルにプリントされています。(直径約25cm)

Photo_3

ゴブレットや可愛いグラスをたくさん生み出してくれたガラス食器のブランド アデリアのガラスプレートです。この柄は「アリス」と名がつけられ 相当人気のあったシリーズだと思われます。水差しや、グラス各種など 色んなアイテムがありますし、割と見かけることも多いので 相当数作られたのではないか と思われます。カップ&ソーサーもあるので このお皿は ケーキプレートではないかと思います。黄色とオレンジのお花が 時代を感じさせてくれる大好きなシリーズです。(直径約18cm)

Sone

日本の陶器メーカーのプレート。竹垣に寄り添うようにして咲くお花。お皿をキャンバスに 風景のように描かれています。ソネチャイナの製品は 他のメーカーさんと何かが違うといつも感じます。絵柄の表現が 個性的なのです。(直径約25cm)

Photo_4

これは 昭和30年代のノリタケのプレートです。電子レンジが普及する前の時代の食器には ふちに金彩が施されています。これは 薄くなっているので 大事に使われてきたということを物語っているように思います。このデザインは カガミクリスタルとのコラボレーションで作られたもので 同じデザインのグラスもあるようです。(直径約21cm)

Photo_5

色合いが淡く、モダンなデザインが特徴の東洋陶器のプレート。現在は TOTOとしてトイレなどで有名ですが 昔は トイレだけでは経営が成り立たない時期があり 食器も製造していました。ペールトーンのグリーンやピンクの色合いがとても可愛らしく シンプルながら洗練された印象の陶器メーカーだったのです。(直径約22cm)

Photo_6

で、最後に イチゴプリントのカレー皿。これは MIKASAの製品で 未使用のデットストックです。レンジ・オーブンで使えて 食洗機もOKです。日本生まれでありながら 海外で販売され、人気を博しました。硬く丈夫なストーンウエアの代表格です。このプレートは 深さがあるので カレーは勿論、スープやシチュー、スープパスタなど幅広く使えるタイプです。(直径約21cm)

今回は お皿にスポットを当ててみました。どれも個性的で素敵です。お皿ですから 料理を盛り付けてこそなのですが、どうでしょう・・・どんな料理が似合うやら。じっと見つめれば 献立のインスピレーションが思いつくかも・・・。それが 古い食器の楽しいところなのです。


|

« 雑貨っていいな。 | トップページ | 10周年感謝祭 »

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑貨っていいな。 | トップページ | 10周年感謝祭 »