« 食卓も食器棚も・・・。 | トップページ | 柔らかな時間。 »

心を込めて。

男性の皆さん。女性への贈り物は どんな風に選んでいらっしゃいますか?

昔は この時期、アクセサリーショップで 品定めをするカップルがたくさんいました。女性が欲しいものを プレゼントするという代表的な光景だったのです。ほどほどの金額で 買って上げられるものだったのかもしれません。

もらうほうも いくら欲しいからといって いきなりブランドのバックとか宝石を と言い出しずらくもあるでしょうし、程よく記念になりそうで 思い出になるものと考えたのかもしれません。

贈るほうは 相手のほしいものを選んでくれるほうが楽だし、安心です。手っ取り早く喜んでもらえれば それに越したことはないからです。

でもそうした行動には 勿論、女性側のリクエストも多いのかもしれないけれど、実際は 男性が 何を贈ったら良いかわからないというのが 本音かもしれないと思います。自分が選ぶものに自信がない・・・気に入られなかったらどうしよう・・・と考えるのが 常かもしれません。相手の趣味、思考などを考慮しなければ そもそも 贈り物など選べません。

せっかくの贈り物ですから 大事にして欲しいし、記念となるようなものを贈りたい。そう考えるのが自然です。だから どう選ぶか、何を選ぶか・・・難しいのです。

私の場合、かみさんと結婚する前から 欲しいものを聞いてそれを贈るということは 一度もしたことがありません。自分の予算で 自分の思いを込められるものを あちこち歩き回り、これだ!というものを贈ってきました。変なものを選んだこともありましたし、自分なりにいい贈り物が出来た!と思うこともありました。いつ、誰からもらったか 印象の薄くなるようなものは 無かったように思います。(かみさんは 忘れてるものもあるだろうし、嬉しくもなかったかもしれないけれど・・・)

無理して買ってもらったりしたものや、ほんとに欲しくてたまらなかったものは きっといつまでも忘れることなく 大切にすることでしょう。そういうものは なかなか自分では買えない物で 夢に描くようなものかもしれません。ちょっと贅沢だけど 大切にするから・・・ね!というリクエストに応えられるなら それはいいことです。でも、予算は少ないけど 何とか喜ばせたい。びっくりする顔が見てみたい。と考えるのが本来の贈り物のありかたというものではないかと思います。そういうものが 選べないから、欲しいものを買ってあげるという方法をとらざるを得ないのではないでしょうか。

相手の趣味思考は勿論大切です。でも、自分の趣味思考を品物に込めることも出来るはず。むしろ そのほうが 意表をついて いい贈り物になるかもしれないと思います。

例えば、いつもお疲れなのに 食事を作ってくれてありがとう。少しでも 楽に調理ができそうなものを・・・と考えるより、楽しく調理できるものを選んだよ。という気持ちを込めて こういう食器を選んでみる。

Photo

家族みんなが楽しめる場面で使えるものは 女性にとって大切なものになるような気がします。一人の時間をちょっと素敵に過ごせるものもいいかもしれませんね。

そして、椅子を贈るのは 思いもよらない素敵なプレゼントになるでしょう。私専用の特別感を味わってもらえるからです。出来れば 座り心地のいいものがいいですね。贈る理由が 言葉にしなくとも伝わるような気がするのです。

それに、少し大きめですが家具を贈るのも悪くはありません。自分で買うと 「買ったの?」ととがめられそうなものだからです。工夫しながら 収納を楽しんでくれることは 案外、家族にとっていいことだなぁ・・・と感じられるものなのです。

クリスマスももうすぐそこまで来ています。男性の皆さん。いつもはできないけど ちょっと特別なプレゼントを考えて、心を込めて 贈ってみてはいかがでしょう。

Photo_2

|

« 食卓も食器棚も・・・。 | トップページ | 柔らかな時間。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食卓も食器棚も・・・。 | トップページ | 柔らかな時間。 »