« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

少しづつ春。

だんだんと春の陽気になってきました。そんな中、冬のイベント「冬のマルシェ」が終わりました。家具や 雑貨が少しずつ少なくなってきて お店もさっぱりとした印象です。ご来店いただいた お客様には いいものをお手頃にお求めいただき、また 暮らしの中で役立てていただけたら・・・ほんとに嬉しいです。足元も悪い中 ご来店くださり本当にありがとうございました。

抽選会で 当たった割引チケットも 明日から2ヶ月間有効でご利用いただけますので 機会があれば 是非ご利用くださいませ。お待ちしております。

こうして 陽気が変わってくると雪解けも すぐそこのような気がしてきます。それでも まだ3月・・・一日一日少しずつ 春に近づいていきます。お店も 春らしい展開を・・・と思いますが なかなかそうもいきません。素敵な出会いは 早々ありませんから・・・。ゆっくりと 進めていくことしかできないのです。

その第一歩として、フェデラルのカップ&ソーサーをご紹介します。ミルクガラスの素材に キラキラした塗装が施され 光を当てると虹色に輝きます。さらに 写真ではわかりにくいのですが 若草色のグラデーションがまさに春の新緑のように 柔らかな印象です。これからの季節にぴったりの 印象的なカップです。

今年は 大好きなミルクガラスもたくさんご紹介していきたいですね。そうなることを祈りつつ・・・明日から またゆっくりと始めたいと思います。

追伸
3月1日(水)は 娘の卒業式に行ってきますので お昼12時からの営業とさせていただきます。ご了承くださいませ。

Photo

| | コメント (0)

まどろむ。

私は 冬の間、アクティブなお楽しみが何もありません。スキーやスノボ、外遊びは 一切せず ただひたすら 耐え忍ぶ日々を送るのです。何かしら楽しみでもあれば 冬も悪くないと感じるかもしれないけれど 寒いのがやはり苦手です。

2月もはや 終盤を迎え 日差しも春を感じるようになってきて、文字通り 目の前がパッと明るく、華やいでくるような気がします。こんな日差しが覗く日は 春の到来を喜び はしゃぎまわる気分ではなく、どこかほっとした 穏やかな気分になります。お茶を飲みながら 暖かい日差しを浴びて ゆったりとまどろみたくなるのです。まだまだ 深い雪の下に眠る植物たちの 生命力や綺麗に花咲き誇る その姿を頭の中で 思い出しながら・・・。ようやく訪れる春を 遠くの空に思い描くのです。

冬のイベント「冬のマルシェ」も残すところ あと一週間となりました。ゆったりとした時間の中で 素敵な何かと出会いにお越しください。どんな出会いが待っていることでしょう・・・。

Photo

| | コメント (0)

普段着が似合う。

古いものには 味わいがあります。時間が積み重ねた 味わいです。

人はそれを 時にはぼろいと言ったりします。人それぞれの感覚であることは 言うまでもありませんが 私には 古いものが 感覚的にしっくりときます。新しいものの方に 違和感を感じるのです。

暮らしの背景に あるものは ごく日常の自然な風景でありたいと思います。肩の力を抜いて 自然に振舞える暮らし。着馴染んだブロードのシャツに ほつれのあるジーンズ・・・。自分らしい日常です。

高級家具に囲まれて、よそよそしい格好では 居心地悪く、自分らしくありません。だから、家に居てリラックスする時は 着るものも、その背景も 普段着中心の考え方です。

Photo

小さなテーブルを ジャンクに塗装してみました。スパイスラックも 自然な風合いです。普段着のお洒落に 似合いそうです。

| | コメント (0)

もの想う人に。

雑貨は 人が暮らしてきた中に それぞれの時代背景にあわせ作られ続けています。必要不可欠なものもあれば、なぜ買ってしまったのだろう・・・と流行に流され 飛びついたものもたくさんありました。

その時代時代に 雑貨は 色んな流行をもたらし、様々な 暮らしを支えてきたのです。

現代においても その傾向は 昔と変わらず、様々なものが生み出されています。インパクトの強いもの。シンプルなもの。派手なもの。可愛いもの。便利なもの。などなど・・・。作る人の考え方や 思いは 色んなものを生み出しています。でも、それらを 受け取る側としては 選ぶ理由を持っていたいと思います。衝動でいい場合と そうでない場合を分けておくことも 必要な気がするのです。

チョコホリックの雑貨は 懐かしさを感じられる可愛さにあふれています。パッと見の可愛さではなく、じっくりと見つめれば見つめるほど 色んな感情と触れ合えるのです。折りしも この時期は 出会いと別れ、新しい旅立ち、希望や不安・・・色んな もの想う事が増える時です。誰しもが 進む先に明るい日差しが注ぎますように・・・願う時であります。

雑貨にも そういう気持ちを後押ししてくれる作り手の想いが込められています。せっかくなら そういう想いを感じられるものを選んで欲しいと思うのです。勿論、何を感じるかは自由です。ただ、可愛い。それでもいいでしょう。でも、もう少し ゆったりとした気分で見てみると きっと、湧き上がる気持ちを確かめられるような気がします。もの想う人に おすすめの雑貨です。

Photo

追伸
イベント中ですが15日(水)はお休みをいただきます。まだまだお買い得品もたくさんありますので ゆったりした時間をご用意してお待ちしております。

| | コメント (0)

風景を作る。

雑貨に興味があるということは 暮らしの空間を自分流に演出するという事にほかなりません。正直、雑貨など無くても何の支障もなく生活できますし ほとんどの方は 普段の生活の思考の中には 無い、もしくは 考えても どうすればいいかわからないと お考えの方が多いような気がします。

少しだけ努力して 暮らしの空間を素敵に出来ないだろうか・・・と考えることは、決して無駄なことではないと 私は思います。人の数だけ独自の暮らしがあり、人それぞれが 考えてみるしかありませんが、想いは 自分にしか問いかけられず、その答えは 問いかけたぶんだけ きっと素敵な何かを生み出すに違いないと思うのです。「こうだったらいいのになぁ~。」と思い続けることには 何一つ無駄はありません。おそらく、生き方にも通じる何かを気付くことが出来るのでは・・・と思うのです。

音楽を聴くことも、映画を観ることも、本を読むことも、美味しいものを食べることも、芸術を愛でる事も・・・自分の想いを形作るものとして、楽しみたい。その 一部として 雑貨はあるような気がするのです。

お部屋の 少しの空間を利用して 好きなものを飾り、好きな風景を作ってみる。ただそれだけで 自分の想いを目にすることが出来るのです。

オリジナルのシェルフを作ってみましたが ご要望があれば 必要なサイズで、ご希望のデザインで お作りるすることも出来ます。どうぞお気軽にご相談下さいませ。

Photo

| | コメント (0)

始まります。「冬のマルシェ」

節分も過ぎて、市内各所で 排雪も進んでいます。春の入り口・・・まだまだ寒さは続きますが ちょっとだけ春の雰囲気を感じるようになってきました。

そんな 少し気分も軽くなってきたこの時期、恒例の「冬のマルシェ」が始まります。今年は 新しいもの、古いもの取り混ぜて セールを行います。店内に ディスプレーされた商品に 数々のお買い得品が隠れています。一部、除外品もありますが 赤札商品を多数ご用意しています。

『冬のマルシェ』   2017年 2月6日(月)~28日(火)
  
                *2月15日(水)はお休みを頂きます。

ゆっくりと散策しながら お気に入りの雑貨をお得に探すような感じで・・・お楽しみいただければと思います。さらに、1000円以上お買い上げいただくと 『オフチケット』が必ず当たる抽選会も開催!通常営業の時に ご利用くださいませ。

冬のロングランイベント「冬のマルシェ」。この機会をお見逃しなく!!

| | コメント (0)

お店のような。

久しぶりに 小さめのショーケースを作ってみました。小さめとはいえ 細かい作業の連続で 都合2週間ほどかかって やっと完成しました。全面ガラスで 昔風に作ったので 出来立てなのに すでに古臭い感じです。

ショーケースは 大切にしているものを 飾りながら眺められるから、コレクションしている人にとっては 無くてはならないものです。うちにも そういうものがたくさんあるので ショーケースがリビングの大部分を占めています。

そのほとんどが 昔 パン屋さんで使われていたものや、商店の什器として 又は 病院の医療棚として 使われていたものです。文字通り、品物や 探し物がすぐに見付けやすいよう ガラスで覆われているので 見栄えがとてもいいのです。古い食器も 古いおもちゃも埃をかぶらず綺麗なままで 収納できるので、何台あってもいい家具なのです。

でも、元々は パンやお菓子が入っていたことを考えると ショーケースの使い道は 普通の家においても 使える幅が広がるのではないでしょうか。

写真を撮るために 「何を飾ろうかな~」と物色していたら かみさんが・・・「お菓子を飾るのいいんじゃない。」って言いました。マフィンをオールドパイレックスの器に入れて・・・。焼き菓子なら 乾燥も気にせず 入れておけそうです。飾るものばかりしか考えていなかったので、目からうろこの出来事になりました。

確かに 何だか美味しそう・・・。お店のような 使い方もいいかもしれません。

Photo

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »