« 夏支度。 | トップページ | かみさんからのオーダー。 »

ここにいるよー。

もの選びの基準は人それぞれ。自分がよければ 誰に何を言われる必要もありません。ただ、「これがいい!」なのか「これでいい。」なのかの違いを忘れたくは無いと私は思います。

世の中には 様々なものが生み出されています。庶民には到底手の出せない高級品や ちょっと頑張れば手の届きそうなもの、庶民向けに作られたもの・・・どれを手にするかは 自由に選択できます。

個人の趣味が自由であるように 選択肢も多いわけです。さて何を選ぶかを考えてみてもいいかもしれませんね。

私は 多趣味で それぞれのことを良く調べ、「いいものだ。」と納得できれば それは大切なものとなります。その代表が アメリカ生まれのミルクガラスと呼ばれるヴィンテージの食器たちです。当時の食卓文化を象徴するものとして 憧れをもって集めています。

基本、古いものがすきなのですが ヨーロッパのアンティークみたいなものは 私には高尚過ぎて、好きなのは好きだけど 自分の暮らしには似合いません。誰かのお宅で拝見すれば 素敵な趣味だな~と感心はするけれど 自分も!とは思わないのです。

言い換えれば、西洋アンティークは 「どうぞわたくしをお使い遊ばしてもかまいませんわ。」と言っているような感じに対して アメリカのミルクガラスは そのポップさや扱いやすさから 「おーい!ここにいるよー!」と主張しているように感じるのです。それも大きく手を振りながら・・・。どうやら そういう人懐っこさが好きなようです。きっと この感覚は自分が爺さんになっても変わらない感覚なのだと思います。

Photo

|

« 夏支度。 | トップページ | かみさんからのオーダー。 »

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏支度。 | トップページ | かみさんからのオーダー。 »