« この時を大切に。 | トップページ | 夏はゆく。 »

知りたい。を満たす環境

必要だったのに、ある時から必要なくなる家具があります。それは「机」です。

勉強するために 子供の頃 与えられた机は 学校を卒業する段階で、突然不用品と化してしまいます。ほとんどの人は 場所ふさぎの邪魔者と感じて、処分するのです。

その気持ちは とてもよくわかります。もう勉強するする必要が無くなったという気持ちが そうさせるのです。それに、小学生になるときの机は デザイン的にも大人が使い続けられるようなものは 選べませんしね。初めから 使い続けられる家具とは思わずに用意する家具なのです。

ただ、学校に通う時期は 色んな経験をして、色んな思い出ができ、その思い出をしまっておくのは 机の引き出しの中。それに、人に言えないような あとで思い出せば赤面してしまいそうなことも 押し込んでしまうのがやはり 机の引き出しの中。大切なことを押し込めたのに それもいつしか忘れてしまい、それも含めて不用品となってしまうわけです。

仕事について、それまで使っていた机を一人暮らしの部屋に持ち込む人がいないのは スペースの問題は勿論、もう勉強しなくてもいいという気持ちの表れからなのでしょう。机という家具は そういう運命を与えられたものなのです。

かといって、大人になっても使える机を選ぶ小学生は ほとんどいないでしょうし、大人になっても机を使うと考えることもないでしょうから その行く末を思い、せめて学生のうちに大切に使うという選び方をするしかないのかもしれません。

でも、机に向かうという行為は 学生だけのものではないはずです。大人だって 勉強するため・・・いや、知りたいと思うことは いくつになってもあるはずです。どんなことであれ、趣味であれ、本を広げて 読みふけり、知りたいという欲求を満たしたいという気持ちが・・・。普段の暮らしをしながらでも それはきっと出来るでしょうし、みなさんそうされていると思います。でも、もし・・・自分の机があれば・・・きっとその思いは もっと深くなるような気がします。

学生にとっても、大人にとっても 知りたいという気持ちを満たすためには 机という環境が大事なのかもと思うのです。

Photo_3

写真では勉強という感じとは程遠いディスプレーです。でも、こういう机なら きっと使い道は色々です。

|

« この時を大切に。 | トップページ | 夏はゆく。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この時を大切に。 | トップページ | 夏はゆく。 »