« 夏はゆく。 | トップページ | お茶をさりげなく。 »

爽やかな秘め事。

昔の家具や 建具によく使われていた波ガラス。ただのガラスには無い雰囲気を感じるものです。

印象深いのは 銭湯の男湯、女湯とかかれた引き戸のガラス。明かりは漏れるけど中の様子をうかがい知れるものではありませんでした。そして、繁華街の飲み屋の窓ガラスからは 周りの店の色とりどりのネオンサインがついては消える様を キラキラと映し出して・・・幻想的な風景を作り出していました。どちらも なにやら秘め事を連想させる風景でした。

見えそうで見えない・・・直接的ではないところが 心の機微に触れるソワソワ感があったものでした。正直、そんな話をすることもはばかれるわけですが 個人が想像する秘め事は もともと人に話すようなことではないわけで・・・心に すっと浮かんで内に秘めることは 誰にでもあるものです。ただし、あくまで常識的で 言ってしまったら 顔がぽっと赤くなる程度の秘め事ですけれど。波ガラスには やはりそんな雰囲気を感じます。

イベントでキャビネットがお嫁に出てしまいましたので 新しい家具をリメイクしました。波ガラスの扉のついたキャビネットです。飾り棚も着いた 少し変わったデザインです。

もともと化粧版の張ってあるタイプでしたし、補修箇所も多かったもので アイボリーと淡いブルーのコンビにしてみました。不具合もすっかり解消され とても使いやすく生まれ変わりました。

Photo

元のままだと 秘め事をそっとしまう場所・・・という波ガラスのイメージでしたが それとは打って変わり、私には 爽やかな秘め事もきっとあるに違いないと連想させてくれるものとなりました。

毎日の通勤の電車に乗り合わせる異性のことが気になって・・・どんな人なんだろう・・・と、同じ時を過ごしている見知らぬ人へ、思いを寄せるくらいの 爽やかな秘め事です。

|

« 夏はゆく。 | トップページ | お茶をさりげなく。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏はゆく。 | トップページ | お茶をさりげなく。 »