« いつでも、外でも。 | トップページ | 『11周年記念感謝祭』 »

昔のものは情緒的。

久々に すごく面白いものと出会いました。「ディズニータイム」という目覚まし時計です。

丸い形のものはたまに目にしますが この形は初めて。ひどく汚れていたので 動くかな・・・と心配しましたが きれいにして整備したら コチコチと動き始めてくれました。手巻きのゼンマイ動力ですが まる二日たち、割と正確に時を刻んでくれています。ムーブメントはSEIKO製なので おもちゃ的な感じがしないのです。

目覚ましの機構に 少し難がありましたが 調整すると驚きのギミックを見ることが出来ました。

おそらく、色んなシリーズで売られたものだと思うのですが(調べましたがどこにも出てこない)、今回出会ったのは 「わんわん物語」のキャラクターが描かれたものです。レディーがいて子供たちがいて、ジョックがいて・・・おや、と気が付きます。トランプがいません。開きそうな扉があったので この中か?と思ったのですが 無理に開けるのは壊しかねないと考え、整備を進めました。何とか調整し、目覚ましをかけてみました。すると・・・ジリジリとけたたましくなるベルの音・・・この音なら すぐ目が覚めそう・・・で、しばらくすると・・・扉の中から まるでびっくり箱のようにトランプが飛び出してくるではないですか!これなら ねぼすけでも 飛び起きそうです。で、扉の横の窓には トラスティが嬉しそうな顔をして トランプを見ています。なんとも 微笑ましい景色です。

ただの目覚ましに こんな付加価値を付けてくれるなんて・・・さすがに 昔の日本のもの作りは 情緒的です。飾るだけでも・・・と思ったのですが 当時のままの動きが見られるのはとてもいいものです。素朴なイラストや 家の形も素敵です。ミッキーのオルゴールとディズニーまんがこけしの白雪姫と並べてみました。どこから見ても 昔のものは情緒的です。

Photo

|

« いつでも、外でも。 | トップページ | 『11周年記念感謝祭』 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつでも、外でも。 | トップページ | 『11周年記念感謝祭』 »