« 意気に感ず。 | トップページ | ひとつひとつ。 »

伝統とデザインと。

大好きな椅子と再び出会うことが出来ました。思っていれば いつかきっと・・・。が叶ったのです。

ウィンザーチェアは 古くから椅子のデザインの定番です。しかしながら、この手の椅子は 一般の家具屋さんでは あまり見かけることはありません。手間のかかる椅子だからです。特に この椅子の特徴である背もたれの基礎の部分は 曲げ木によるもので 特別な技術が必要とのこと。どんなメーカーでも出来るものではないようです。

勿論、多売を目標とするメーカーは 価格を抑えるため あえてこういう椅子は作らないのではないでしょうか。やはり、いいものを届けたいという伝統あるメーカーが 作る椅子。と言えるのではないかと思います。

面倒なことをあえてするには 理由があります。古くからのデザインがいまだに椅子の代表的なものになっているのは その座り心地にあるのではないでしょうか。木の椅子でありながら背中をふんわりと包んでくれる感覚は 実感できます。それに、この椅子のあるテーブルは どこか素敵な風景になります。我が家の ばらばらな四脚の椅子の中でも、佇まいが違うのです。

いいものは やはりいいものです。伝統の技術とデザインが融合して 長きに渡り、定番として作られただけのことはあるものだと 実感できるのです。

Photo

|

« 意気に感ず。 | トップページ | ひとつひとつ。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意気に感ず。 | トップページ | ひとつひとつ。 »