« 愉快なテーブル。 | トップページ | シックな時間。 »

長く愛されるように。

かつて、「カントリースタイル」のインテリアが 大流行しました。さほどインテリアに興味の無かった大多数の女性が雑誌を見ながら 自分流の暮らしを探し始めた最初のきっかけといえるスタイルでした。そのころは 小さな雑貨店があちらこちらにお目見えし、どこもかしこもカントリースタイルを提案していました。

パインの家具をはじめアンティークの雑貨が注目され始めたのもその頃でした。外国の田舎の昔ながらの暮らしぶりが とても可愛く、女性の関心を集めたのです。一口で カントリーといっても 欧米のそれぞれの暮らしや文化が違うように、暮らしにかかわる雑貨もアメリカンがあればフレンチがあり、英国風など様々・・・目指す 暮らしの形を好みに合わせて選ぶことが出来たのです。

外国のアンティークを輸入して販売する業者さんも多く、そのどれもが同じホーロー製品でも日本のそれとは違い、多くの雑誌などで取り上げられ 誌上通販まで盛んに行われていました。インターネットが普及する以前は 取り扱うお店が近くにない人にとって 貴重な出会いの場だったのです。そんなカントリースタイルが盛り上がりを見せる中、いくつかの雑貨メーカーが登場しました。『マニー』や『イマン』がその代表で 外国のアンティークを思わせる雑貨をたくさん誕生させてくれました。しかも、たんなるレプリカというものではなく しっかりとした良いものを作っていたのです。ゆえに、少し値が張るものではありましたが 長く愛されるもの作りをされていたのです。それもそうです。いい物を長く使い続けることがカントリーたる所以ですからね。

そんないい時も、時代の流行という波に飲み込まれ いつしかその存在も薄れていきました。大々的に取り上げていた雑誌各社も その姿を変えて・・・生き残るには そうせざるを得ない事情というものがあったわけです。それでも、その「カントリースタイル」という流行は 本当の意味で、自分らしく暮らすことの楽しさを 気付かせてくれました。今も きっと根強いファンの方に支えられ 信念を曲げず貫き通していらっしゃるショップオーナーの方も多いのではないでしょうか。いいものは いつの時代もやはりいいものですから。

ここでご紹介するのは その当時の「イマン」製のホーロー製品です。日本のホーローメーカーのしっかりとした作りで、一つ一つ絵付けをして作られたものです。花のモチーフや佇まいは フレンチカントリーの雰囲気。キッチンに素敵な風が吹きそうです。

長く愛されるように大切な思いが込められた雑貨。そういうものをご紹介できるのは とても嬉しいものです。

Photo

|

« 愉快なテーブル。 | トップページ | シックな時間。 »

雑貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愉快なテーブル。 | トップページ | シックな時間。 »