« 長く愛されるように。 | トップページ | ポップな時間。 »

シックな時間。

昔からやっているレストランとか喫茶店って 当然のことながら現代の店作りとは違っています。レンガ造りの建物に ツタの絡まる外観・・・椅子やテーブルも古いデザインで 懐かしく感じられる時間を過ごしたい人にとって 期待を裏切ることはありません。メニューも昔のまま・・・それがいいのです。

食事をしたり、お茶を飲むならどんな場所でも味わえます。でも、昔からやっているお店には そこにしかない時間があり、それを楽しむ人がいるというわけです。椅子のすわり心地や流れる音楽、懐かしい味・・・それもとても大事ですが 私がもっとも大事だと思うのは 少しほの暗いくらいの照明です。本が読めるくらいの明るさ。電球の色は暖かく、蛍光灯の青白さとは違います。隣の席との距離感も 少しほの暗いほうが落ち着きます。それに その雰囲気は会話のトーンを落とさせて・・・そんなお互いの気遣いも 空気の中に流れている感じがするのです。

こうこうと照らされた明るい店内は 健康的で 清潔感いっぱいです。健康志向の現代にはぴったりの作りです。でも、どう考えても自分には似合わず、座って食事をしている姿を想像することが出来ません。ほの暗い店内で なにやら怪しい読み物を読んでいるほうが生にあっています。できれば そういうお店を私はあえて選びます。

それに、ただ電球を使った照明というだけではなく 店内の調度品に合わせた素敵な照明器具を使っているお店が多いのです。最初にお店を作った時の妥協してはいけなかった一番の部分だったに違いありません。店主の好みか・・・内装デザイナーのお好みか・・・。素敵な時間を持ってもらうためにしつらえたものだったのです。

そんな歴史あるお店にあったような古い照明と久しぶりに出会いました。日常の暮らしの中でも 雰囲気を大事にするお部屋にはぴったりだと思います。少しシックなインテリアなら尚のこと・・・素敵な時間を演出してくれることでしょう。

Photo

|

« 長く愛されるように。 | トップページ | ポップな時間。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長く愛されるように。 | トップページ | ポップな時間。 »