« 『冬のマルシェ』 | トップページ | 意外と大事。 »

沁みる色。

先日、お店のパソコンを 初めて最新のものに変えました。それまでは 型落ちの古いバージョンのものを使ってきましたが いよいよ限界を感じ、初めて新品を購入したのです。

不慣れな私にとって 初期設定など、面倒で苦手で うまく切り替えできるのか・・・という心配がありましたが さすが最新。むしろ こんなに簡単なんだ!と関心しました。しかも 最初に写った写真の画像の綺麗なことといったら・・・目に飛び込んでくる鮮やかな色合いは まさに目の覚めるような美しさ・・・そんなことに感動したのです。

古いパソコンを使い続けてきたから、その使いやすさや 画像の綺麗さは 実に タイムスリップして 昔から現代に飛び越えてきた感覚です。技術革新とは 改めてすごいものだと感じました。

でも、反面・・・あまりの色鮮やかさには 慣れ・・・というか、どんどんすごいものでなければ納得できなくなってしまうこともあるのではないか と感じてしまいます。いいものに慣れてしまうと もっともっと良くならないと、その感動は得られなくなってしまいます。人とはそういうものです。新製品の開発は そういう勝負に終始していくのではないでしょうか。そうなると・・・いったいこの先の技術は どこへ向かっていくことになるのでしょうね。

古いもの好きの私としては それを追求する気持ちは 毛頭ありません。せっかくの最新のパソコンを大切に少しでも長く使いたいと考えています。

鮮やかで綺麗な色合い。それにも感動を覚えましたが 私には いつまでも心に残る色というものがあります。それは 昔のなんともいえない くすんだ淡い色合いです。学校の廊下の腰壁のくすんだ淡いグリーン。床屋さんの店先のドアのくすんだ淡い水色。木造家屋の窓枠のくすんで淡いベージュ。塗装することは 木材を保護する役割を担っています。でも、ただ色を塗るというだけではなくて なぜくすんでいるけど あんなに淡い、グリーンや水色やピンクやベージュに塗り分けられたのでしょう・・・。それは 知る由もありませんが 幼い頃の心の風景の色合いとして 今もしっかり残っています。

綺麗な画像の色鮮やかさは 感動を生みます。でも慣れてしまえば きっとなんとも思わない日がきそうな気がします。でも、心に残る くすんだ淡い色合いは 飽きることなく、いつまでも心に染み渡っていくのです。

Photo

|

« 『冬のマルシェ』 | トップページ | 意外と大事。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『冬のマルシェ』 | トップページ | 意外と大事。 »