« ぴったり収めて。 | トップページ | 喧騒を離れて。 »

飾ってこそ。

どんなお部屋が流行しているとかっていう話題は一向に聞かなくなりましたが インテリア事情の話題に登場する言葉としては 片付け、とか物を持たないとか シンプルに暮らすみたいなキーワードをよく耳にします。時代を反映しているな・・・と感じます。

洋服でもインテリアでも これ!というものが生まれにくい環境になってしまっていると思うのです。いろいろありすぎて選べない。流行を生み出すまでのパワーがない。それを望んでいない。そんな風にわたしは感じるのです。様々な個性が表現された80年代を知る私にとって この時代は少し退屈です。自分にとって いいものも悪いものも見つけられたのは 個性を尊重するムーブメントがあったおかげだと 私には思えるのです。

物を持たない。シンプルに暮らす。という言葉にも 80年代には あえてそういう暮らしを選ぶことに主張を感じたものですが 今の時代に その主張を感じることはできません。おそらく 理由が違うはずなのです。わたしはシンプルに暮らすことができないので そういう暮らしを選ぶ理由すら思いつかないのですが シンプルながらも主張を持った暮らしを選んでくれることを望みます。そういうことが景気動向を左右するからです。

わたしは様々なコレクションと暮らしているので シンプルとは無縁です。大好きで集めたものたちと暮らしています。シンプルに暮らすことを決めた方にも きっと何かしら好きで集めて手放せないものがあるはずです。そういうものは いったいどうされているのでしょう。好きで集めたものこそが その人の個性であるはずで、思い入れがあるとすればなおのこと大切にするべきです。そこに 主張があるのですから。それすらも 手放すとすれば、いったい どんな家に住み、どんな車に乗り、どんな服を着て、どう人と関わっていくというのでしょう。一度きりの人生ですから どんな思いを持って生きたかくらいのことは 語らずとも伝わる主張をしておきたいと思うのです。

もし、せっかく集めたものがあるのなら しまい込まずに 飾ってほしいと思います。ちゃんと素敵に見える方法で。ちゃんと飾ってこその 主張あるコレクションになるのですから。


Photo_2

|

« ぴったり収めて。 | トップページ | 喧騒を離れて。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぴったり収めて。 | トップページ | 喧騒を離れて。 »