« ギャップがあるから。 | トップページ

硝子戸の向こう側。

ようやく夏らしい暑さになって来ました。夏休みももう少し・・・いい季節になりました。

夏が好きな理由・・・私は子供の頃、田舎育ちで 友達と遊ぶより、一人で昆虫採集やザリガニ取りをするほうが面白くて 夏の間は里山で行動していた記憶がほとんどです。おもちゃなどめったに買ってもらえませんでしたし、身近に 生き物と言う面白い存在がたくさんいたからです。バッタを追いかけたり、キリギリスを取るこつを覚えたり、池の周りをびゅんびゅん飛び回るオニヤンマをどうしたら捕まえられるか考えたり・・・自然には 面白いことがたくさんあったのです。

それと、子供の行きつけの場所。近所の駄菓子屋さんです。お小遣いもそんなにありませんでしたが 小銭をポケットに入れて いそいそと出かけました。

Photo

メガネをかけたおじさんが店番をしていて、今思うと おそらく今の自分くらいの年齢だったと思います。私もすっかりおじさんですが 昔のおじさんは おじさんらしい容姿でした。そんなに買いもしない子供相手に 決して無愛想な感じではなかったと記憶しています。田舎の駄菓子屋でしたけど 子供には魅力的なものがたくさんありました。入り口入って左の棚には 色あせた売れ残りのプラモデルが少し、少年少女向きの雑誌がさらっと並び、中央には 色んな駄菓子と怪しいくじ引きが天井から下がり、ショーケースにはぽつんと菓子パンが入っていました。そんな菓子パンにも 怪獣のシールが付いていたので けっこう魅力的に映ったものです。

今日は 昆虫シールの入ったコビトチョコレートにするか、はずれがほとんどだと分かっていても一等狙いのくじ引きにするか・・・悩みに悩んで ギャンブルに出る子供・・・懲りずにはまり、はずれの昆虫バッジが増えていくのみ・・・それでも何故か嬉しかった。思い起こせば 駄菓子屋には色んなドラマがありました。

そんな記憶の蘇るあの夏の日・・・夏が好きなのは そんな理由からなのです。

あの引き戸の硝子の向こう側には えもいえぬワクワクがたくさんたくさん詰まっていて、今でもそんな景色を思い出させてくれるのです。

Photo_2  

|

« ギャップがあるから。 | トップページ

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギャップがあるから。 | トップページ