« 用意せねば。 | トップページ | 猫の目のように。 »

ぽっかりを埋める。

地震から一週間がたち 少しづつ日常を取り戻しつつあります。それでも 夜中の余震では 飛び起きるような状態・・・被災された方に比べれば 本当に恵まれていると感じますが 少しの緊張と、いまだ余震に備えて 倒しっぱなしの自宅の家具を見ると 心のどこかにぽっかり穴が開いて・・・何かと身の入らない日々が続いています。それでも、こんなさ中にも お店を心配して来てくださったお客様の無事と 被害の少なさに ほっと安堵し、心配の種が少しづつ減っているところです。


お店は 節電のため、かなりの数の明かりを消して 暗いのですが仕方ありません。お客様もご理解くださり 目を凝らして見ていただいています。そんな中ではありますが 新しい家具と食器をお迎えしました。

古い食器棚は 修理箇所が多く 少し手惑いましたが スッカリきれいになって生まれ変わりました。和風が洋風に・・・これで 今の住宅にも違和感なく溶け込んでくれそうです。可愛い食器の特等席として リビングの一番いい場所で いい景色を作り続けてくれることでしょう。シャボン玉をイメージして施したステンシルの背景に似合うような食器・・・キラキラ虹色に輝く食器を入れてみました。

ちょっと珍しいミルクガラスも入りました。下段のオーバルキャセロールは JAJのイングランドパイレックスです。チェルシーというシリーズで 花のような、雪の結晶のような 落ち着いた柄がとても素敵です。その横には パイレックスのグレービーソースボード。ウッドランドというシリーズです。上段の 蓋つきボウルは ノリタケプログレッション。シンプルでいい柄です。アデリアの足つきグラスも ブルーで揃えて・・・よそ行きの装いです。グラスは その他にも 可愛いのがたくさん入荷しています。おいおいご紹介してまいります。

いいものとの出会いは ぽっかり空いた穴を埋めてくれるようです。やはり 根っからの食器好きのようです。

Dscf0021

|

« 用意せねば。 | トップページ | 猫の目のように。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 用意せねば。 | トップページ | 猫の目のように。 »