« 畳の部屋で。 | トップページ | 明日はお休み。 »

ひと針ひと針。

地震の後の 台風接近、以前までの日常と 何かが変わってしまった気がします。電気や水道が止まり、震災時に備えて行動される人たちが増えています。何かが起こってからは 遅いんだという教訓からです。備蓄できる飲料や食糧を用意する人。電気を使わずに使用できる灯りやストーブを買い求める人。何かが起こる前に 準備しておくことに 気持ちは向いています。

うちのお店は そんな方たちからは縁遠く、むしろ必要とされないものばかりを扱っているような感覚になっています。こんな時は 何もできない無力さをしみじみと感じます。電気が止まっていても 開けていてくれたスーパーマーケットのように必要とされるわけも無く、かえって お客様にご心配をおかけするような始末。仕方ありません。

でも、日々 時間は過ぎて 何もせずにはいられないものです。せめて 何かを求めて来て下さるお客様に いい時間を過ごしていただけるように 今出来ることを精一杯やっています。時間のかかるリメイクも 急がず慌てず、いいものになるように作業をしています。それは ひと針ひと針 縫い物を進めるような感覚です。これを気に入ってくださる お客様の暮らしが少しだけ 素敵になりますように・・・そう願いながらの作業です。

確かに 雑貨など無くても日々は ちゃんと流れていきます。その中で 色んな出来事があり、年を重ねていきます。今日だけを思うなら どうかいい日になりますように・・・と願うだけのことだけど、それこそ 震災に見舞われたり、事故にあったり、病気なったり、試験に落ちたり、仕事が無くなったり・・・生きていれば 色んな災いを経験します。その反対に いいこともたくさんたくさん経験して生きています。それも まるで ひと針ひと針ごとに 生きてきた証なんだと思うのです。この先、何がわが身に起こるのか・・・それは誰にもわかりません。でも、私には ミシンでダダーっと縫い進める生き方よりも ひと針ひと針大切に縫い進める生き方を選びたいと思います。

そんな生き方の背景には 自分で選んだ人と 自分が選んだものたちが必要です。ひと針ひと針縫い進めながら ゆっくりゆっくりと生きて行きたいと思うのです。

Photo

|

« 畳の部屋で。 | トップページ | 明日はお休み。 »

リメイク・古家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 畳の部屋で。 | トップページ | 明日はお休み。 »