« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

良いお年を。

今年もいろんなことがありました。お店にとっては チョコホリックが終了してしまい 商品の供給がなくなってしまったことに大きな影響を受けました。代わりになる商品はありませんから・・・。そして、身の回りで起こる震災のことなど・・・心配の種は 減ることなど無く、増える一方です。それでも、こうして一年の締めくくりを迎えられるのは 日頃からお世話になっている皆様方のおかげです。本当にお世話になりました。新しい年が 皆様にとって良い年となりますよう 心からお祈り申し上げます。

新年の営業は 1月4日(金)9:30~18:00 初売り。以降は通常営業いたします。

初売りは 毎年、チョコホリックの福袋をご用意していましたが 今回、福袋のご用意は出来ませんでした。そこで、このような企画を考えました。

「今年最初の運試し!」と題して、お会計の際 お買い物の合計金額から 福引きによる割引セールを行います。お客様の手で 割引率の違うくじを引いていただこうというわけです。勿論、運試しなので はずれくじもありますが、良いくじを引くのも、はずれくじを引くのも あなたの腕次第!是非、ご参加くださいませ。

「今年最初の運試し!」は 1月4日(金)~7日(月)の4日間。お正月気分で営業いたします。

Dscf0001

追伸!!

初売りに 元スイマーのデザイナー わたなべまことさんによる「Ma cocotte」のオリジナルグッズが初登場!有名キャラクターリンゴ王子などを手がけられたデザイナーさんです。 これからも 引き続きご紹介していきますので 乞うご期待ください!

なお、「Ma cocotte」の商品については パスティーユ初入荷につき 今回の福引セールからは対象外とさせていただきます。ご了承くださいませ。

Photo

Photo_2

| | コメント (0)

今年最後の営業。

いよいよ今年も暮れようとしています。明日から 年末年始のお休みに入るかたが多いことと思います。うちは 31日から3が日お休みをいただきますので 30日が今年最後の営業日となります。

今年は たまたま日曜日なので かみさんにはお休みしてもらい、お正月の準備をお願いしようと思っています。先日、腰を痛めたものですから 出来ることだけをのんびりと。

で、毎年のことながら 年の瀬も押し迫った日に お買い物にこられる方も ほとんどいらっしゃらず まったりと過ごすのが 営業最終日のお決まりなので、今年は 普段なかなか出来ないことをしてみようと考えました。古いおもちゃの本を読んだり、おもちゃを動かしてみたり・・・そんな事をして 一日過ごそうと考えたのです。

お正月の準備も整い、もし ぽっかりと空く時間があれば・・・一緒に楽しんでみませんか?懐かしいもののお気に入りの一品をお持ち頂き、存分に ご自慢していただいてもかまいません。勿論、私だけでもじっくり楽しめますので 本当にお時間のある場合のみです。

気心知れた顔なじみのお客様と ゆったり過ごせるなら今年の営業最終日も 長く感じずにいられそうです。

Photo
写真の懐かしいものはすべて 非売品です。

| | コメント (0)

小さめですが。

レトロなドレッサーが入荷しました。場所を取らないスリムサイズが人気だった家具です。
女性にとってドレッサーは 憧れの家具のような気がします。部屋にスペースがなくて ドレッサーはお持ちじゃない方も 案外多いのではないでしょうか。朝の数分間しか 鏡の前に立たない男である私にとって お化粧の大切さを図り知ることはできません。でも、その重要性は なんとなくわかります。

自分らしさとか、頑張る勇気をくれるとか・・・着飾ること以外にも きっとたくさんの理由があるのだろうと思います。朝一の気合を入れる場所、寝る前のお手入れでリラックスできる場所・・・。そんな場所が 広く取れるなら それは理想的かもしれません。でも、なかなかそうもいかないのが実情なのではないでしょうか。

このサイズなら35センチ四方のスペースで十分置けます。レトロなグリーンのギンガムチェックも可愛らしく、レトロな小物がぴったり合います。小さめサイズですが 大きな楽しみを感じながら お使いいただけそうです。

Photo_3

| | コメント (0)

出会いをありがとう。

仕入れでとてもお世話になっていた方が 仕事を辞めてしまわれました。すごく頼れる方だったので この先 どうすれば・・・・・と途方に暮れておりました。

うちのようなお店は 仕入れが肝心要。何でもあるお店ではないからなおさらです。沢山出会って沢山ご紹介したい・・・そうできなければお店としての魅力を失ってしまうのです。

だから、今回の出会いは ある意味奇跡で、ありがたく、救われた気持ちで一杯なのです。いい方に出会えてほんとに良かった。この出会いに心から 感謝感謝です。
そして、その方のおかげで こんなに素敵なものとの出会いもありました。
Dscf0004


1960年代中期に発売された アメリカ製パイレックスのレインボーストライプスというボウルだけ発売されたシリーズです。淡い色合いがアメリカの当時のキッチンの風景を彷彿とさせてくれるようです。可愛いです。

いい出会いをありがとう。これからもたくさんのいいものと出会えますように・・・。

| | コメント (0)

夢見心地。

私が子供の頃のクリスマスで 一番印象に残っているのが 「変身サイボーグ」という人形をもらった時でした。機械の骨格が透明ボディから見えて まさにサイボーグ!色んな武器が装着できて、当時のヒーローの着ぐるみが色々と別売りされ 着せ替えるだけで好きなヒーローへと変身できました。悪役もあり、想像の世界の戦いに無限の広がりを感じることが出来た 素敵なおもちゃだったのです。年齢的にも 想像を膨らませて遊べる時期でしたし、テレビの物語を再現できるとあっては サンタさんにお願いにお願いを重ねて、普段しないお手伝いも率先してするくらい欲しかったのです。おもちゃ屋さんのチラシを眺めては もうすぐに・・・と胸膨らませて待ちわびたものでした。

遂にその日がやってきて 変身サイボーグを手にすることが出来ました。夢にまで見るような心地・・・というのはきっとこのことだったのだと思います。その夜は きっと寝ていても幸せだったに違いありません。

今の子供たちも その日を待ちわびて 楽しみにしていることでしょう。可愛い寝顔が見れますように・・・素敵なクリスマスを・・・。

Photo

ウサギのイラストがすっごい可愛いベビーたんすが入りました。大人が見ても まさに夢見心地です。

Photo_2

| | コメント (0)

特別な夜だから。

クリスマスが近づいてきました。準備は 整いましたか?

素敵なお店で お酒を飲みながら・・・とか 友人と賑やかに・・・というクリスマスの過ごし方は はるか記憶のかなたの出来事です。プレゼントが楽しみでならなかった子供の頃にも もう戻れないし、これからは 静かな夜に ちょっとした贈り物を贈りあえるような そんな機会にしていきたいです。

ささやかなご馳走と 日頃の感謝を込めて用意したプレゼントで その日を楽しむ・・・本来の意味合いとは違うけれど そんな風に 特別な一夜を過ごしたいと思います。だから、普段の食卓とは 趣向を変えて・・・テーブルの演出も お忘れなく。

Photo

| | コメント (0)

欲しい。

またまた面白いものとの出会いが・・・・・。

最初は 店頭に出すつもりでおりました。でも、綺麗にして電気をつけ、小物を並べていると・・・どうしても欲しくなってしまいました。こんな出会いは もう二度とありそうもないからです。なので ここでは ご紹介だけということにさせてください。

昔、写真はフィルムで撮るものでした。写真屋さんで現像してもらって初めて どんな写真か確認できました。で、ネガというものをもらい 焼き増したい写真を選んで 現像してもらうのです。その際、ネガを見やすくするための道具がこれ。今はなきサクラフィルムのライトボックスです。

置いた小物の下からライトで照らすものだから もうなんとも・・・懐かしいものたちがキラキラと生き生きとしてきます。自宅には もっと面白いものがたくさんあるので 時々引っ張り出して ライトをつけて、レコードでも聞いて・・・そんなこと想像すると もうたまらなくなったのです。先日、今年のご褒美を買ったばかりなのに・・・本当にすみません。

でも、趣味じゃない人にとっては それほど魅力的でもないか・・・そんな風に 勝手に言い訳をして・・・内心ウキウキです。

皆さんにとっての ウキウキは何なんでしょうね。きっと お店にはそのヒントあるかもしれません。そんなものに出会える時間を見つけに いらっしゃいませんか。

Dscf0007

| | コメント (0)

面白いです。

古いお宅の買取の中に 古いブックスタンドがありました。そのうち時間のあるときにリメイクでもしようと ほったらかしになっていたのです。ふとした時に その存在を思い出し 引っ張り出して どうリメイクしようか・・・とまじまじと眺めていました。

ずいぶんと埃をかぶっていたので 綺麗に磨いて 不具合を直し、よく見ていると あることに気付きました。引き出しの正面の板が アーチ状に綺麗にカーブしていたのです。緩やかなので ぱっと見には分かりませんでしたが なんとも不思議な・・・と思ったのです。

で、さらに注意してみてみると 本を立てる底板が そのカーブに合わせて反っているではないですか。引き出しの正面の板が アーチ状にカットされていたのは わざわざだったと気付いたのです。木は 乾燥などにより自然にゆがんだりすることは 良くあることです。旧い家具の 立て付けが悪かったり、扉のしまりが悪くなるのは そのせいだったりします。でも これは 最初から曲がった板を基本に 作るところから始まったのだと気付いたのです。しかも、引き出しは とても浅く あまり見かけないデザイン。それに 仕切り板や上部の細かい切り込みの飾りも しっかり手が掛けてあり素敵です。底板が 曲がっていることで 中二枚の仕切り板の長さも違うはずなのですが 収まりもきちんとしていて、はめ込み部分もしっかり有っています。よくよく 綺麗にしてあげたことで そういう細かい部分がくっきりと見えてきました。

この時代の家具は 一つ一つ手作業で作られています。にもかかわらず、曲がった木を使うなんてことは あるわけもないと思い込んでいましたから とても感心したのです。普通使いません曲がった板なんか。でも、これを作った人は その曲がった木を全体のデザインとして取り入れ 細部にまで装飾を施し、曲がった木に合わせて 引き出しにもカーブを施し全体のデザインをイメージしたのです。すごい事だと思いませんか?普通の考え方では 出来ないものなのです。

誰が作ったものなのか知る由もないのですが 昔の人はすごいなぁ・・・とほとほと感心するばかりの出来なのです。勿論、大量に作られたものでもなく たった一つだけ作られたものであることは 自然に曲がった板を使っていることからも明白です。面白い!古い物は本当に面白いです。

Photo

ブックスタンド以外にも 実に面白いものが写っています。お分かりになりますか?

| | コメント (0)

ならでは。

クリスマスが近づいています。毎年のことながら どんなプレゼントにしようか迷う時期でも有ります。

娘が小さいときは サンタさんからのプレゼントと親からのプレゼント2つを用意するのが通例で それなりに苦労しました。二十歳を越えた今年は 出来るだけ希望のものをプレゼントすることになりそうで、予算に気を配ってリクエストしてくれると助かるのですが・・・。

でも、この時期は 贈った相手の喜ぶ顔が見れそうで 楽しみ一杯の気分です。お正月もすぐですし 普段とは違い ウキウキしてきますね。受験生をお持ちの親御さんにとっては そうともばかり言ってはいられませんが・・・。今年ももう少し・・・無事終えられるように。そして新しい年が いい年になるように、準備をしていこうと思います。

娘も成人を迎えるので、早かったなぁ・・・という感慨と これからの人生が幸せであるようにと 思うことが多くなりました。すると浮かんでくるのが 結婚して、子供が生まれて、家族が増える・・・そんな風になることも ありえなくもないわけです。もしそうなったら 私はお爺ちゃんで かみさんはお婆ちゃんです。想像するだけで むづがゆくなってきます。お爺ちゃんとか呼ばれることに抵抗は無いけれど、自分で認識するには 自分なりにアクションを起こす必要があるのでは・・・と考えました。自分がお爺ちゃんだと意識するために。

仮に 娘から何かしらのプレゼントをもらうとして、こんなプレゼントなら きっと嬉しくない。と思ったのです。

Photo

アイラブ グランパのメッセージが入ったマグです。孫からのプレゼントなら きっとひとしおでしょうが 娘のおじいちゃんではありませんからね。ちょっとお門違い。でも、選ばれそうなものなので それはちょっと違うと・・・。

だから、きっと自分がお爺ちゃんであることを意識するために 自分でこういうものを用意するアクションを起こすことになりそうなのです。自分で アイラブのメッセージは選べませんが・・・。

プレゼントは 思いを伝える絶好の機会です。でも だから難しい。色んな思いを抱えて たくさんの人がプレゼントを選びます。どんな思いで、選ぶのか・・・雑貨屋ならではの楽しさが そこにはきっとあるのです。

12月12日(水)は お休みをいただきます。年末のお休みの予定は また日を改めてお知らせいたします。

| | コメント (0)

御礼。

12周年の記念イベントが終了しました。足元も悪い中 たくさんのお客様にご来店いただきました。心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

ポイント2倍で メンバーズカードもたくさん発行しましたので ちょっとドギマギしますが どうぞご遠慮なく お得なお買い物にご利用くださいませ。

イベントも終わり、この先は いつにもましてまったりとしそうな気がしています。うちは 季節の行事とかで お客様が増えるお店じゃありませんから。それでも クリスマスの贈り物に選んでいただけそうなものを少しだけ用意して・・・ゆっくり楽しんでいただける時間だけは たっぷりご用意して ご来店をお待ちしております。忙しくなる時期ですが またお時間があれば・・・是非。
13年目も お客様に楽しんでいただけるよう、素敵なものとの出会いをたくさん重ねていきたいと思います。今後とも どうぞよろしくお願いいたします。

Dscf0007_1

| | コメント (0)

今年のご褒美。

古いものとの出会いは いつも唐突です。ずっと探していたものがようやく手元にやってきました。それが 写真の右側に写っている本。なかなか出てこない本だったのです。

資料本などでは 見ることも出来ていたのですが やはり、本物が欲しくなるものです。コレクションも一つ一つ増え始め、それらを生み出す背景を垣間見たくて・・・当時のイラストや文章は それを紐解くヒントとなるからです。

多くの人に夢を与え、それがいまだに息づいていて 世代を超えて愛される。その元になったもの・・・見てみたいじゃないですか。資料本には 見出せないものを・・・。それをヒントに 仕事にも活かして生きたい・・・そう思えるものとの出会いは とても大切だと思うのです。

今年一年頑張ってきた褒美の品。手元にやってきてくれて 本当に良かったなぁ。

Photo

追伸
12周年記念イベントもこの週末で終了です。お得なこの機会を是非ご利用くださいませ。

| | コメント (0)

一つの家具。

家の中には いろんな家具があることでしょう。家具がなければ 片付けもできませんし、食事をしたり くつろいだりも出来ません。たとえ これから一人暮らしを始めようとする人も、すでに暮らしが出来上がっている人も 必要な家具に囲まれて 暮らしは成り立っていくものです。

家具には 収納の役割があり、くつろぐための役割があります。いろんな家具があるけれど 選ぶ基準は 人それぞれの事情により違います。機能重視だったり、価格だったり、ステータスだったり、これでいいいか・・・だったり。

人生の多くの時間にくつろぎを与えてくれる家を どんな風にして 身を置き 暮らすか・・・そこに重点を置く人は その人のこだわりがつまっていることでしょう。趣味を生かして暮らす。きっとそれが 心地の良い空間を作ることにつながっていくのです。

経済的余裕のある人は 家を持つ時点で 揃えることも可能です。そこに疑問もあるけれど 出来てしまえる人は素敵だと思います。大体が これでいいかでスタートしてしまうような気がするからです。経済的な余裕のない私にとって 大事だったのは いつまでも持ち続けられる 納得できる家具を一つ一つ見つけることでした。そうすれば 将来、自分にも 思い描く暮らしができると思ったからです。

最初に 好きなものを見つけられたこと・・・そこからずっと続けてこれたのは、大切な 一つの家具との出会いが始まりだったからに違いないと思うのです。

Dscf0009

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »