« 花に似て。 | トップページ | 流行。 »

ひまわり。

私が子供の頃、明るく、ほがらかな女の子のことを まるで ひまわりのようだと例えられました。流行歌にもありましたし、洋服や身の周りの小物にも 多く用いられたモチーフだったので、ひまわりは 周りを明るくする存在の象徴みたいに感じられたものでした。

中原淳一氏が創刊した「それいゆ」はフランス語で ひまわりの意味。太陽の子。大地に強く根を張って みどりの葉をしげらせ、大きな花を真夏の太陽に向かって咲き続けるたくましい花・・・と巻末にも記され、ひまわりのような女の子になってほしいと願いを込めて作られた雑誌だったのです。

いつの間にか時は過ぎ、桜の歌は数多く作られていますが ひまわりの歌は 一向に見かけなくなりました。すっくと太陽に向かって大地に立つというイメージは もう古いということなのでしょう。今でも ほがらかで、元気な笑顔はじける女の子をみると 屈託が無く素敵だな・・・と思うのだけど、そういう子は少数派ということなのでしょうか。確かに、周りを元気に 明るくしてくれるような存在は 滅多にいません。でも、昔は そんな存在に憧れて自分磨きをする子がたくさんいたように思うのです。みんなにではなく、あなたのためにひまわりのようになりたい・・・と言う歌が脳裏に浮かんできます。

無理して明るくしようとか、元気でいようとか そういうのはやはり疲れてしまいます。でも、見るものや 聞くものに感動し、自然と浮かぶ笑顔や 目の輝きは 作ろうとして出来るものではありません。自然体で キラキラ出来る人は やはり魅力的で 人を惹きつけます。誰しもが そうなりたいと願っているような気がします。ひまわりという花を忘れずにいたいと思うのです。

Photo_2

|

« 花に似て。 | トップページ | 流行。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花に似て。 | トップページ | 流行。 »