« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

秋の始まりに。

あの暑かった日々も足早に通り過ぎ すっかり涼しい・・・というか夜風は寒いくらいで、秋がやってきたことを意識せずにはいられません。今年は素直に 秋の到来を喜びたいと思います。

というのも、去年の今頃は 旧店舗の取り壊しの話があり どうにもできない虚しさを味わい、そこから 次のステップを踏むための気力を奮い立たせることもできず、只々 どうしようと・・・いう思いに駆られた日々だったと 思い返し・・・涼しくなったことで もの思うきっかけとなったからからです。今年の夏は 新店舗との出会い、改装で あっという間に過ぎ去って 考える間もないほどでしたから これからは じっくりと自分の心に 思いを巡らせ、この店にしっかり立ち、雑貨と共に暮らす喜びをお伝えしていきたいと思います。

そもそも、物が売れない時代に 雑貨屋を始めることは すごい賭けでした。いい年のおじさんが 家族の懸念をよそに、やったことのないお店をやろうとすること自体、無謀なことで 周りの人も どうせいつか自然と消えていくだろう・・・くらいの存在と思われても仕方がないという認識はありました。でも、本人は 不思議と不安とかはなく 信じることを続けていこうという思いだけで、ただその一念で 頑張ってきました。旧店舗の解体が決まった時も ただ続けるには どうするべきか・・・それだけが念頭にあったのです。

こうして、移転オープンし すっかり落ち着いた今でも 今までと変わらないパスティーユを続けていけてることに 心から安堵しています。場所は変われど 通ってくださるお客様のおかげです。本当に感謝です。

考える時間が出来た今、お店の ある場所に佇み 周りを見渡します。見える景色が とても好きだし、いつまでも見ていられます。こんな景色の中で暮らすこと それが当たり前ですし、お客様にも 長い時間をかけて 暮らしを形作っていくことで、10年後の 暮らしを思い描いていただけたら・・・と思わずにはいられません。でも、そのためには お客様自身が 10年後の自分の暮らしを思い描いてもらい、自分がどう生きたいのかに気づいてもらわねばなりません。人のおしきせでもなく、無頓着でもなく 本当の自分が欲しているものに気づけぬようでは 何も始められません。始めたいと思っているだけでは 一歩も前には進まないのです。

私は 大麻にパスティーユを始めたときに その覚悟を決めました。ただ、生きるための商売ではなく 信じるものを伝え続けようと。きっと、何をするにも 自分が決めたことを信じる覚悟が必要です。それなしでは 続けることはできないから・・・。

だから、この場所でも 変わらぬ覚悟をもって この景色を見続けようと思います。いいな・・・と思える暮らしの景色の中で生きていくために・・・。 

Dscf0002_20190825143401

| | コメント (0)

いい椅子とともに。

高級家具を見る機会もなくなってしまいました。庶民が 行くような家具屋さんに行っても 一脚数万円という一流ブランドの椅子は売っていないからです。高級家具を扱う店は 敷居が高く、目の保養に・・・なんて時間がもったいなく、現実的ではないからです。いい家具は 長く使えると分かっていても 家族分を揃えるには 大枚が必要です。一流の高級家具を作っているメーカーの行く末は どうなってしまうのでしょうね・・・。裕福な いい趣味をお持ちの方たちに どんどんアピールして、その歴史をつないでいって欲しいと願ってやみません。日本の産業からなくなって欲しくはないのです。

新品を買うことは無理としても、少し古いものであれば 高級品を手に入れることは出来ます。今回、いい椅子と出会いましたので ご紹介します。

キツツキマークの飛騨産業のブレースバックチェアです。今も変わらぬデザインで 作られていますが 1脚のお値段が10万円と 私にとっては超高級です。高級であるからには しっかりとした理由があります。1脚1脚職人さんが 材料選びから、加工、組み立て、塗装まで 手作りしています。ゆえに、メンテナンスや修理も依頼することが出来、一生のお付き合いが出来るような家具なのです。

理想を言えば やはりこういう家具を手に入れたいものです。でも、私のような庶民には非現実的です。そのような暮らしは いくら頑張ったところで、いつまでたってもできそうもありません。でも、古いものなら・・・手の届く範囲です。だからといって、状態が悪ければ問題ですが 今回出会った4脚は とても状態もよく、程よい使用感は むしろいい雰囲気です。

長く愛せるいい椅子は 夫婦の、家族との時間をかげながら支えてくれるパートナーです。歴史をともに刻んでくれる大切なツールなのです。

Photo_20190821145401

 

| | コメント (0)

気付かせてくれるのです。

台風が過ぎ、再び暑さが戻ってきました。それでも、連日の報道のような 本州の猛暑とまではいかないので助かっています。 もし、北海道に猛暑がやってきたら・・・おそらく体がもたないな・・・そんな風に思うこのごろです。寒いより、暑いほうがいい。なんて思っていましたが さすがにちょっとばて気味。皆さんは いかがお過ごしですか?頑張って乗り切らねばなりませんね。

この暑い中での 仕事に、家事に・・・毎日の暮らしは 本当に大変です。その上、寝苦しさから 疲れを取る間もないのが現状です。でも、ダラダラしてばかりはいられません。毎日は 忙しく、ちっともその歩みを止めてはくれないのです。

お店にいると そんな日々を癒してくれるものが たくさんあり、安らぎを与えてくれます。ちょっと立ち止まり、目に映るものが 何かに気付かせてくれる。そんな 面白いものを暮らしに取り入れることが 毎日に張り合いを与えてくれるように思います。だから、暮らしの道具や雑貨は大切。どこにでもあるようなものばかりが身の回りにあるのとでは 随分と違う感情が湧き出てくるような気がするのです。

Photo_20190817114301

こんなに可愛い熱帯魚ののれんが ふとした瞬間に 連れて行ってくれる南国の海は どんなに澄んで綺麗なことだろう・・・

明日は 日曜日か・・・毎日眺める 時計の機能が 面白いな・・・と感じさせてくれるなんて・・・いい休日にしよう。そう思う一瞬が 暮らしには大切なのです。

Photo_20190817114302

| | コメント (0)

夏の休日いただきます。

あの暑かった日々の後の 肌寒さ・・・夏、もう終わり?と思っていたら お盆を迎える時期になって ようやく夏らしさが戻ってきました。ビアガーデンや花火大会・・・夏の行事を全く体験していないので せめてせめてお盆のお墓参りくらいは 夏らしい日になってもらわないと、店舗の改装の記憶しか残らないところでした。

オープンしたてではありますが 8月14日(水)は お休みをいただきます。田舎へひとっ走りしてまいります。

実は 本日、アメリカからの荷物が届き、新鮮で 繊細で、とても素敵なレース類が入ってきました。ミルクガラスも キャセロールが2個入荷し、うっとりしているところです。休み明けには ご覧いただけますので お時間あれば 是非!

Dscf0013_20190813142301

Dscf0020

みなさんも 残り少ない今年の夏を楽しんでくださいね。

| | コメント (0)

店内散歩。

移転オープンしてから早くも一週間が経とうとしています。まだまだ 自分たちも見慣れぬ景色で どこに何が置いてあるか迷うこともあります。本当にお店を使いこなすまでには もう少しかかりそうです。

オープンの日をインターネットでご確認いただいていたお客様は ぞくぞくと脚をお運びいただいていますが 特に宣伝や告知をしていないので、ご存じない方も多いことと思います。大麻の店舗は すでに取り壊されていて 跡形もありません。ふと、思い出して 来て下さる方もいたようで ご迷惑をおかけしました。それでも、調べて来て下さるので とてもありがたいと思います。

新しい場所で また認知していただくにはだいぶ時間がかかることでしょう。それでも 江別に遊びに行くついでに お立ち寄りいただけるように しっかりこの地に脚をつけて、今までと変わらない 懐かしく、ゆったりした時間の流れるお店を作って行きたいと思います。

うちのお店は まるでお部屋にいるような感じの店内となっています。それぞれの場所で お客様のお部屋に置いたときのことを想像していただくために・・・。その場所に佇み、何を感じ どんな風に暮らしの中で 生かされるものと出会うのか・・・そこが大切だと思うからです。衝動的な出会いもあるでしょうが それを大切に使い続けられる暮らしの提案の場でありたいと思うのです。

だから、一つの家具が売れてしまうと 違うご提案を考える必要があります。お店も その都度 新しくなっていくのです。オープンして間もないので、まだ景色はあまり変わっていませんが すでに、ご購入いただいたものもあり それらがお客様のお手元に届いた後は どうしようか・・・と悩んでいるところです。これから いったいどんなものと出会えるかは 想像もつきません。だから、オープンのときの雰囲気を残しておこうと 店内写真を撮りました。

まだ、脚をお運びいただいていらっしゃらないお客様に 新しいお店の雰囲気を感じていただけたら幸いです。また、じっくり見ていただいたお客様にも 隅々までごらん頂き、気付かなかったものを見つけていただけたら・・・お時間のある限り、ゆっくりご覧いただきたいと思います。

まずは 玄関を入って正面には 植物と暮らしを共にするご提案を・・・

Photo_20190809144301

カラフルなハンギングベースには 垂れ下がる観葉植物が似合います。

Photo_20190809144302

その隣の部屋は カラーガラスのベースが窓辺に並びます。光を受けてとても綺麗です。ジャンクな雰囲気は きっと新しいお家にも似合います。

Photo_20190809144303

ここはキッチンへの入り口 ガラス戸を間仕切りに 自然の光もたっぷりと取り込みます。色とりどりの食器を窓辺に並べて、使いながら飾るご提案です。

Photo_20190809144401

ここが新しいキッチン。オレンジに黄色に赤・・・色とりどりの雑貨が喧嘩することなく 仲良く並びます。

Photo_20190809144404

ここが今までのパスティーユには無かったお部屋。古くても きちんと綺麗にし、大切に扱ってあげることでその魅力を引き出してあげられる場所。どう変化していくか・・・自分でも楽しみです。

Photo_20190809144403

大好きな古いおもちゃを並べて・・・おがくずぬいぐるみは 色んな動物と出会います。そのどれもが表情豊かで可愛いのです。一つ一つ集める楽しさが味わえます。

Photo_20190809151101

自分のお部屋が欲しいな・・・と思っていらっしゃる方は こんなお部屋を想像していらっしゃるのではないでしょうか。小さめの机に 可愛い電気スタンド、お気に入りの小物たちに囲まれて・・・こんな空間で 過ごす時間は いったいどんなものを与えてくれることでしょう。大好きな椅子も入荷しています。

Photo_20190809144405

今、私が一番好きな空間。ここに座り、眺める外の景色・・・ガラス戸から漏れるほのかな明かり・・・ショーケース越しに見える古く素敵な食器たち・・・お店じゃなかったら ずっと座っていたい場所です。

オープンしたてなので、ぺらぺらとお話してしまいそうですが なるべく いい時間のお邪魔をしないように心がけようと思います。どうぞ、ゆっくりとお楽しみいただけますように・・・。

| | コメント (0)

愛すべきものたち。

移転オープン2日目を迎え、たくさんの顔見知りのお客様に喜んでいただき 本当にほっとしています。この先、出会う素敵なものたちが お客様たちといい出会いをしていただけるように しっかり頑張らなければと 気の引き締まる思いです。

移転後、私が初めにご紹介するのは このスタンドと涼しげなグラスです。

どちらも、くすんだ淡いグリーンが特徴で 古いもの特有の色合いです。どこかロケットを彷彿とさせるデザインは モダンな感じもするけれど なんとも素朴な作りが 一緒に暮らそうぜ!と言ってあげたくなる・・・そんな存在です。

Photo_20190804193401

グラスは海原を走るヨットのシルエットデザイン。休日の夏の夕方・・・ぐっと冷えたビールが飲みたくなる夏限定のグラス。

Photo_20190804193402

イメージがある。自分の暮らしに似合う。心が動く。そういうものたちが 愛すべきものたちなんだろう・・・と思うのです。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »