« 期待の対象は・・・。 | トップページ | たった一つの出会いから。 »

オレンヂ /「秋の夜長のライトフェアー」開催。

最近は見かけなくなりましたが 昔、オレンジはオレンヂと書いてあったのをよく目にしました。ガムとか飴のパッケージに書いてあったからです。そんな綴り方の違いだけで オレンヂ色は私にとって 懐かしさの象徴のような気がします。

外で遊びまわっていた子供のころ・・・虫取りに出かけて 思わぬ大物と出会った帰り道、日が沈む前の夕焼けの色。八百屋さんの色とりどりの野菜を照らし出す裸電球の温かな明かりの色。それこそ 初めだけ甘い 駄菓子屋のガムのパッケージのオレンヂのイラスト・・・。オレンヂという色と チに"の綴りは まさにあの頃に連れて行ってくれる色なのです。

インテリアにオレンジという色を取り入れようなんて考えない人にとっては ただの派手な色としか映らないかもしれません。でも、インテリアに・・・というか 自分の暮らしに何を求めるのか・・・と考える人にとっては 欠かせない色だと思うのです。

こんなにも温かく、懐かしいものの魅力を引き立ててくれる色。それが 夜の暮らしの中心で そこで暮らす人に何を映し出し、見せてくれるのか・・・インテリアに照明は大切と思っても こんなに実感できるものはないような気がします。

何故か お店にはオレンヂの照明が集まってきています。一つ一つご紹介します。

まずは フレキシブルのデスクライト。好きなところを照らせるので 勉強は勿論、手作業をする人にとっては必需品です。

Photo_20191013140401

オレンヂ色の照明といえば やっぱりこれです。花柄のグラスやポップな食器やインテリアには こんなお花のようなデザインの照明がぴったり合います。明かりがついていなくても可愛く、照明はインテリアの一部と実感できます。

Photo_20191013140402

オレンヂの照明は ポップな部屋にしか合わないとお考えの方・・・そうではありません。オレンジの照明は シックでモダンなインテリアにも合うのです。オレンジのガラスに木のシーリングの組み合わせ。私にはモダンに感じます。

Photo_20191013140404

今となっては こういう照明は作られなくなっています。時代によってインテリアに何を求めるかの違いなのでしょう。一度選んでしまったら それっきりになりがちなのが照明です。暮らしの場面で 何か物足りなさを感じるとしたら それは明かりかもしれません。オレンヂという色は突飛な気もするけれど、この明かりの温かさは きっと素敵な思い出をよみがえらせ、この先の暮らしを心に刻んでくれるような気がします。

Photo_20191013140403

 追伸

10月16日(水)より「秋の夜長のライトフェアー」と題して 店内の照明類全品20%OFFセールを行います。

日暮れも早く、夜が長くなるこれからの季節・・・素敵な照明で いい時間をお過ごしください。

|

« 期待の対象は・・・。 | トップページ | たった一つの出会いから。 »

懐かしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 期待の対象は・・・。 | トップページ | たった一つの出会いから。 »