« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

年末年始のお知らせ。

今年も暮れようとしています。いろいろあった年でした。何と言っても 移転オープンできたことが最大の出来事でした。8月にオープンする前の 約一か月かけての改装作業でしたが 大変だったという思いだけで その具体的な記憶も すでに薄れてしまっています。時のたつのは早いものだと 実感する日々です。

オープンしてはや5か月・・・変わらず来てくださるたくさんのお客様のおかげで 今年も何とか 新年を迎えることが出来そうです。心からの感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。新しい年も 変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます。そして、来るべき新しい年も 皆様にとって かけがえのない 良い年となりますよう 心よりお祈り申し上げます。

 

お正月のお休みは 12月31日(火)~1月3日(金)です。

新年の営業は 1月4日(金)9:30~18:00 初売り。以降は通常営業いたします。

 

初売りといえば福袋ですが 近年 ご用意が難しくなっています。そこで 今年の初売りで初めて行った企画を 来年の初売りでも行うことにしました。それは・・・福引セールです。

「今年最初の運試し!」と題して、お会計の際 お買い物の合計金額から 福引きによる割引セールを行います。お客様の手で 割引率の違うくじ(5%~30%)を引いていただこうというわけです。勿論、運試しなので はずれくじもありますが、良いくじを引くのも、はずれくじを引くのも あなたの腕次第!是非、ご参加くださいませ。

「今年最初の運試し!」は 1月4日(土)~7日(火)の4日間。お正月気分で開催いたします。

Img_0008

| | コメント (0)

年に一、二度。

クリスマス目前です。今年は イブもクリスマスも平日なので 前倒しして、この日曜に・・・という方も少なくないのではないでしょうか。

うちは 娘も成人し、今年のクリスマスは 外で過ごすようですし、だんだんクリスマスっぽいムードが感じられなくなってきて 少し寂しい気がします。数少ない 家族が集まる日曜に ささやかな食事を・・・と考えています。一応 プレゼントも用意して、楽しいひと時になるといいなぁと思います。

うちには 可愛い食器がたくさんあります。使うようにはしていますが すべてを使う場面はなかなかないものです。それでも 年に一度か二度、食卓に上る食器があります。普段使いするには 大げさで、日常の可愛い景色の中で眺める存在・・・今日は どんな料理が盛り付けられるのか・・・楽しみです。

日常使いしない食器がたくさんある我が家。でも、大切な場面で 大切な役割をこなしてくれます。そんな場面を想像して 用意しておくべき食器・・・きっとそんな食器があってもいいのだと思います。

Img_0001

| | コメント (0)

かっこいい!!

まさに すごいものが入荷しました。手放すには 惜しい!というものです。

いつも心にググっと来る企業もので、しかも 相当古いショーケースです。キャラクターのプリントも誇らしげに・・・たくさんの品物をアピールして たくさん売ってきたことでしょう・・・。曲面ガラスも美しい ガラスのショーケース・・・それがこちらです。

Img_0018

足袋で有名なメーカーですが このモダンなデザインは ファッションブランドそのもの 古風な和ものとモダンの融合・・・ほんとにカッコいいです!!

Img_0026

| | コメント (0)

小さめですがいい感じ。

うちのお客様 食器好きの方が多く、可愛い食器を収納するのに 少しお困りの様子。せっかくの可愛い食器だから 可愛く収納し、いつでも眺められるようにしたい。とのことで 数名の方にリメイクのキャビネットの入荷をお待ちいただいています。

せっかく お探しなのに、見つけられず申し訳なく思っています。いつか出会いますので 気長にお待ちくださいとしか言えなくて 力不足を実感するこの頃・・・冬の時期はなおさらです。仮に出会えたとしても サイズやデザインの問題もありますから まさに雲をつかむようなお話・・・でも、いつかきっとご紹介できる日は来ますので、それまでお時間をいただきます。

なかなか出会えないキャビネットですが おそらくご希望のサイズではないキャビネットが入荷しましたので ご紹介します。

もともとは 和室に似合いそうな雰囲気の渋いキャビネットでした。和家具の職人さんが 洋風な家具をイメージして・・・そんな雰囲気ですから 時代的にも とても古そうです。サイズが小さいので お探しの方には そぐわないかな・・・と思っているのです。

寸法は 高さ845㎜×幅565㎜×奥行き295㎜で 棚板が一枚。小さいものを収納するなら 棚板を増やす工夫が必要です。建付けもよく、デザインも素敵なので 私的には気に入っていますが いかがですか?お部屋に 味わいを感じられる景色を・・・そんな方にはお勧めです。小さめですが いい感じです。

Img_0013_20191215113801

| | コメント (0)

心さわさわ。

いい出会いがありました。食器や雑貨、家具などが入荷し 今、お店を見渡すと 「こんな部屋に住みたい・・・」そういう気持ちで心が満たされます。

とてもポップで賑やかなコーナーもあれば 相反する シックでモダンなコーナーもありますが 私には全く違和感もなく、むしろ古いものと新しいものが調和して とても居心地のいい空間となっているのです。

昔から いくつ扱ってきたか分からないほど素敵な アデリアのグラス・・・その復刻版 『アデリアレトロ』のグラスやキャンディーポットのその脇には 当時のモダンな足つきグラスが並び、大正時代の時計と古道具が落ち着きを与えてくれています。ソファに腰を下ろせば 目の前に広がる懐かしい景色。見渡せば 音楽や読書や趣味に没頭できる場所があり、食べることもより楽しめる 様々な食器が並んでいます。インスピレーションが暮らしに何を与えてくれるのか・・・そんな問いかけが垣間見れるのです。

うちは 雑貨屋です。品物を扱っていますが 本当に大切なのは 暮らしを楽しむインスピレーションを感じることの出来る時間を持つこと。と思っています。目に見えないことが 実は一番大切なのだと思うのです。自分の暮らしは 自分で作り上げていくしかありません。それは 暮らしを見つめる目を持つこと。一人ひとりのお客様に その時間が有意義でありますように・・・そう願いながら 今日もお店を開けています。

入り口入ってすぐの場所に 古いオイルランプを下げました。乳白ガラスの傘がついた未使用の古いランプです。実際に点すとどんな明かりが広がるんだろう・・・きっと 暖かな時間になることだろう・・・。

005_20191214114301

バレリーナがくるくる回るオルゴールと初めて出会ったのは 小学生のとき。近所のファンシーショップに売っていました。ねじを巻くとバレリーナがオルゴールに合わせて本当に踊っているように くるくると回りました。可愛いとかじゃなくて すごいと思いました。それと同時に 男である自分には縁が無いけれど、女の子って いったい何をこの中にしまって、何を思いながらこのオルゴールを開けるんだろう・・・と思いました。幼心に響くものだったのです。おじさんになった今でも そういう思いは大切なものだと思います。品物を通して そんな思いに触れられる。その時間が愛おしいのです。

そんな気持ちに触れるとき。心はざわざわではなく、どこか さわさわとさわめくのです。

006_20191214115601

| | コメント (0)

楽しい悩み。

13周年イベントが終了し、オリジナルツールボックスの抽選を行いました。 厳正なる抽選の結果、当選者が決まりました。その発表は 後ほど・・・。

イベント期間中、新商品の投入もありましたが 家具が売れて 小物も随分減りました。次のご提案を・・・つぎつぎとやって行きたい所ですが そうそう面白いものや素敵なものは 見つかりません。でも、もがいてもがいて ちょっと素敵なものと出会いましたので ご紹介をさせていただきます。

お店の特徴である ポップで懐かしいものがどうしても目立ってしまいますが 実は ポップなものとジャンクなものの組み合わせは 昔からうちのテーマでもありました。ゆえに 錆びてぼろいものだって大好き。自然に出来た錆びや へこみやかすれは 唯一無二の存在。そういうものに魅力があると思っているのです。

ぼろ・・・といわれようが そんなものを大事に思う気持ちは 好きな絵画や音楽に共通する心情なのです。だから 部屋に絵を飾るのと同じ気持ち。その感覚は 言葉では言い尽くせないのです。

いい具合に 塗装がはがれて、錆びの浮いた 金属性のパーテーションが2台。背が高いので 存在感があり 飾り甲斐があります。自宅が 出窓なら窓辺に置きたい所ですが そのレイアウトはお店でも出来そうもありません。だから 古いレースを掛けて 間仕切りに・・・。窓のそばにおいて 雑貨のハンガーに・・・。どうやって使うかは 楽しい悩み。でも、アイアンという素材でありながら 曲線の柔らかなデザインが きっとお部屋に温もりを運んできてくれることでしょう。

あなたなら どうしますか?

009

006

それでは 『13周年記念オリジナルツールボックス抽選会』の当選者の発表を行います。実名で のせるわけには行かないので、イニシャルにて・・・

江別市野幌にお住まいの M.Sさま

江別市上江別にお住まいの T.Aさま

江別市元町にお住まいの M.Sさま

札幌市厚別区にお住まいの T.Sさま

岩見沢市にお住まいの R.Tさま 

以上 5名様には 当選はがきを送らせていただきます。そのはがきをご持参の上 ご来店ください。景品をご用意してお待ちしております。

ちなみに、明日は お休みをいただきます。久々のお休みなので 少し のんびりと・・・と言うわけにも行きません。また 素敵なものがご紹介でますように・・・いい出会いを求めて・・・。

| | コメント (0)

御礼。

移転後 初めてのイベント「13周年感謝祭」が終了しました。

大麻の店が無くなっていたことで 探して来てくださった方や 顔なじみのたくさんのお客様に 脚をお運びいただき、毎年 同じ数を用意している 記念プレートが早くも無くなってしまうという嬉しくもあり、まだお越しいただいていないお客様のことを思うと 申し訳ない気持ちもあり・・・これからも この店で素敵な出会いをしていただけるように 魅力ある商品をそろえて、いい店にしていかなければ!と身の引き締まる思いです。ご来店、お買い上げくださった皆様 心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願いいたします。

また、オリジナルツールボックスプレゼントへの応募もたくさんいただきました。厳正なる抽選により 当選された5名の皆様には ハガキでお知らせいたしますので どうぞお楽しみに!

明日から通常営業に戻ります。行事が目白押しの年末を迎えますが お店は いつもののんびりまったりした時間をご用意してお待ちしております。

Img_0005

| | コメント (0)

同じ感性。

古いもの好きといっても 好みは様々です。その人ひとりひとり 心にグッとくるものが違うのです。

年齢も違えば 育った場所や環境、どんなテレビが好きで、どんな音楽や映画や本に影響を受け・・・どんな家族で、どんな性格か・・・子供のころ 何を思い、過ごしてきたか・・・。そんな体験を経て 心に訴えかけてくるものと出会ったときに感じたものが 古いものとの付き合いの原点ともいえます。古いもの好きにとって 心にグッとくるものとの出会いは その人だけのものなのです。

ところが 年齢も育った環境も 時代も違うのに、稀に 相手の言っていることに共感を覚えることがあります。きっと、同じ感性なのだと思うのです。勿論、すべてにおいてというわけではなく ある一部分だったりはしますが、そんな人に出会うと ちょっとうれしく思えたりします。人って 否定や反対されるとき 落ち込んだり、悲しくなったりします。だから その反対の共感というものを感じると 自分を認めてくれる人がいる感覚になり 嬉しく、元気になります。そういう人はなかなかいないので 特にそう感じるのかもしれません。つくづく 共感は人にとって大切なものです。生きる勇気につながりるものです。でも、時々で・・・稀だからいいのです。

私が好きなもので 昔の電気スタンドがあります。沢山出会ってきましたが そのどれもが個性的でした。惹かれる理由は デザインの面白さと 少しくすんだ色合いです。昔から集めているブリキのおもちゃに似ています。しかも 明かりが灯り、照らすものを素敵に感じさせてくれる・・・明るければいいという照明とは違うと思います。汚れ、傷つき ガタついてはいてもいい時間を運んでくれる・・・ブリキのおもちゃと同じ感覚です。こういうものも 普通の感覚ではなかなかご理解いただけるものではありません。でも、きっといてくれるはずです。同じ感性を持った人が・・・。心から 「かっこいい!」と共感してくれる人が・・・。その時まで ゆっくりのんびり 待とうと思います。

Img_0009

Img_0003_20191206141301

 

| | コメント (0)

佇まい。

ヴィンテージのフォールディングチェア・・・・つまり、古い折りたたみ椅子を見つけました。折りたたみ椅子といえば 簡易的な椅子で 常時置いてある くつろげる椅子とは違います。普段は かさばらないように収納でき、いざというときに短時間の間 座ってもらうことを目的として作られたものです。今で言えば、パイプ椅子に多少のクッション性のあるビニールレザーのシートがついているあれです。

昔と今の そんな簡易椅子に対するイメージの違いなのか、それとも製造手法の違いなのか・・・時代が違えばこうも違うものか・・・と 感じずにはいられません。木製の背もたれと座面は 古いせいもあり使い込まれた傷跡が見られます。興味の無い人にとっては ただのぼろいパイプ椅子と思われても仕方ありません。でも、古いもの好きにとっては しかるべき場所で その佇まいを発揮してくれるもの。としか思えないのです。

しかるべき場所とは。俯瞰で見て、いい味わいを感じ その中に身を置き、暮らしを楽しむ場所。日々使う食器や道具にも 妥協せず、心を向けることで その場所は 自分の大好きな場所となるのです。そのイメージは 思い描く人だけのもの。組み合わせは その人の暮らしの数だけあるわけです。

古いものに魅力を感じるのは そんな目に見えない感覚です。その感覚を 知る人になりたい。そう思い初めて 30年あまり・・・長い時間を掛けて 築いてきたこの暮らしをこの先も 深めていくために、大事にしたいのは この佇まいだったりするのです。

004

13周年感謝祭も この週末で終了いたします。恒例のオリジナル木製プレートは 例年に無く、早くも残りわずかとなりました。新しい お店で迎えた初めての感謝祭。新しい商品も入荷しています。お得なこの機会を是非ご利用ください。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »