チョコホリック

この時を大切に。

先日、スイマー・チョコホリックの札幌の直営店が閉店してしまいました。この可愛くて、唯一無二の雑貨メーカーが終了すると発表され どこか夢の中の出来事のような感覚でいたものが 実際のことなんだと 実感せざるを得ないようです。

直営店は閉店してしまいましたが うちでは うちが出来る限り最後の日を迎えるまで 大切に扱っていこうと考えています。メーカーさんがあるうちは仕入れできますから。どうやら オンラインショップも稼動していて 問い合わせが殺到し 届くまで時間を要しているようですが、売り切れ品も多くなってきていてこの先は、限られたものの中からの仕入れとなりそうです。これから発表される新商品のラインナップも少なりつつありますが・・・とにかく、今こうして 手にとって眺められる時間を大切にしようと・・・

Photo

なかなか気持ちの整理も付かないし、終了後のことは 想像も付きませんが 今は 大事に思ってくれているお客様への橋渡しを 心を込めてするのみです。

Photo_2

| | コメント (0)

身近なレジャー。

夏が来ましたね。いい感じです。夏のレジャーといえば 海やキャンプです。レジャーとは言いづらいけど 外での焼肉も 花火も楽しいものです。

それに 夏の温泉旅行もいいものです。上げ膳据え膳・・・のんびり過ごす温泉も 憧れのレジャーです。ただ どこへ行くにしても 交通渋滞がこの時期はつき物。それを我慢してでも 楽しいものではありますけれど。

うちは レジャーとはしばらく無縁な生活です。家族との時間も会わないし、お店がありますから。だから 何かもっと手軽なレジャーは無いものか・・・と考えてみたら、身近に手軽に楽しめることありました。スーパー銭湯なんかは 近いし、手軽です。

でももっと手軽なことは・・・と考えたのが 近所の歩いていける銭湯です。昔ながらの 暖簾をくぐるあの銭湯です。広いお風呂は 家のお風呂とはやっぱり違います。ゆっくり汗を流して、のんびり歩いて帰る。もしかしたら そんな時間が けっこうレジャーとなりそうな気がします。

帰って飲むのは やっぱりビール?それとも フルーツ牛乳?どちらも きっと旨いはずです。

Photo

| | コメント (0)

砂時計。

ご存知の方も多いかもしれませんが、先日 インターネットニュースで取り上げられた通り、来年の1月末をもって 雑貨ブランド「SWIMMER」、「CHOCOHOLIC」が終了すると発表されました。前もって メーカー様からはご連絡を頂いていたので 覚悟はしていましたが 正式に発表されたことを受け、寂しく 力の入らない日々を送っています。

うちがオープンしてから一番大切にしてきたブランドで、お店を今までやってこれたのも チョコホリックのおかげといっても過言ではないと思っています。たくさんのお客様と出会わせてくれて、次はいったいどんな新商品が届くのか ワクワクさせてくれて、お店の中を・・・自宅を可愛く彩ってくれました。お付き合い自体は たったの10年程ですが、途中 うちのお店の名前である「PASTILLE」とプリントされた商品が登場し 偶然であれなんであれ 嬉しかったこともありました。そんな 雑貨たちと日々 お店で過ごせたことは、今更ながら 幸せなことっだと感じています。でも、この先も新商品は届きますし 1月までは時間がありますから 落ち込んでばかりはいられないと思っています。

その発表後初めての新商品がチョコホリックから届きました。

Photo

やっぱり可愛い。この感覚は 唯一無二です。

Photo_2

女性の暮らしを長い間 可愛く彩り続け その歴史もあと半年ほどで終わろうとしています。

しばらくの間 新商品のアイテム数が 少なかったこともあり、スイマーの商品も扱わせていただく機会を頂きました。たくさんは 仕入れできないけど うちらしいご提案をしていきたいと思います。

Photo_3

これからの日々は 長く感じるのか、短く感じるのか・・・さらさらの砂が 少しずつゆっくりと落ちていく砂時計のように 穏やかな日々を 一日一日大切に過ごしていきたいと思うのです。 

| | コメント (0)

乙女心をずっと・・・。

私は 乙女心という言葉が好きです。女性だけに与えられた素敵な言葉だからです。

幼いころに純粋に感じた 綺麗とか可愛いとか憧れとか・・・そういう気持ちは 永遠であって欲しいと願うけれど 大きくなるにつれ、周りの環境や 与えられる情報で そういう純粋さは いつか自然と消えていくものなのかもしれないと、思うようになったわけです。

かつて、雑誌「ひまわり」を作られた中原淳一さんは 紙面を通して、訴え続けられました。乙女の時代に感じられることを大切にして欲しいと・・・。様々な暮らしの場面を事細かに丁寧に伝えようとされたのです。私が生まれる前の ものが無く 不自由と感じられる時代に・・・。

「宝箱を持ちましょう。」みたいな記事には、出かけた先で 何か一つ思い出として持ち帰りましょう。その景色や 感じたことをいつでも思い出せるように・・・。そして、お菓子の空き箱などに好きな千代紙などを貼り付けて 持ち帰った思い出をその箱にしまっておくのです。いつか 見返した時、それは あなたに大切なことを思い出させてくれるのですから・・・。ということを 乙女たちに訴え続けたのです。

それからずいぶんと時がたち、その素敵な教えが深まるかと思いきや むしろ逆行しているように感じるのは やはり時代のせいなのでしょうか。そういうことを 訴え続ける場所や媒体が無いからなのでしょうか。そんなことを思う時間さえも取れないからなのでしょうか。

だとすると、いつか乙女心という素敵な言葉は 消えてなくなるのかもしれません。

私より上の世代の方には 多くいらっしゃいます。乙女という時代は とうに超えていらっしゃっても、乙女心を大切にしていらっしゃる方々です。

腕組をして眉間にしわを寄せて、店内を歩かれる方は きっと目的が違うのでしょう。連れていらっしゃるお子さんの表情とは 明らかに違います。自分は どうあれ、大切にできるべきことは伝えて欲しいと願います。

幼いころ、多感な時期・・・そのとき感じた乙女心をずっと大切にして欲しいと思うのです。

Photo

| | コメント (0)

いつか、好きな自分に・・・。

自分のことは 自分にしかわからない。自分のことは 自分が一番知っている。という反面・・・自分のことを自分はどれくらい知っているのでしょう。

何故か 気分のいい日があったり、何故か 沈みがちだったり・・・答えのない 自己問答をする時があります。でも それを考えることは決して無駄なことではないと 私は思います。

若い頃は 自分を知ろうと 日々もがいていたように思います。人と話す時は どう伝えるべきか・・・理解してもらうには どうしたらいいか。どんな服を着て、どう見られたいか・・・。どんな映画が好きで、音楽が好みか・・・。何故 それらが好きなのか・・・。それが 本当の自分なのか・・・。そんな事探しをするだけで わくわくしたし、そのために行動していたといっても過言ではありませんでした。

「自分探しをして見ませんか?」そんな問いかけも 今の時代は どこか虚しく聞こえます。日々、スマホをいじっていれば 時は過ぎ、その中に ちょっと面白いものが見つかるだけで 満たされていく(偏見かもしれません。)・・・。うずたかく積まれた中から選んで、これでいいか・・・と思える洋服をかごに入れて レジに並ぶ。手頃で着易いというだけで 消費されていくだけのもの。そこに 自分らしさは必要ありません。みんなが認めるものだから 自分もそこにいる安心感・・・。そう思えてしまうのは うがった見方かもしれません。でも、あまりにも時代が変わってしまったと感じるもので・・・。

時代を映す雑誌も 流行を追い、基本的なことは教えてくれません。流行を真似すれば 今はいいけど その後は・・・という問いに答えてはくれません。ある意味、過去の自分を否定していくわけです。そんな中で 自分らしさを見つけるということの無意味さを どこかで悟るのです。それでいいと みんなが認めているのです。

私は そうは思わないんです。流行の服を着て、流行のメイクをすることより 自分が自分らしくいられるようなものに身を包み、はつらつとした表情が出来るようなメイクをすることのほうが 大事だと思うのです。いろんなことは 自分を知ることから始まるのです。容姿は関係ありません。あくまでも 自分らしくあることです。探し続けることで 心は抑揚を続けます。でも、きっとその先には いつか好きな自分になれる道があると思うのです。

昔のドレッサーは素敵です。ロマンチックなその見た目も、大きな全身が写る いい鏡も、自分をそのまま写し出し 今日の日を素敵に過ごせるように送り出してくれる気がするからです。
Photo

追伸

変則ですが 今月のお休みは 4月4日(火)とさせていただきます。ご了承くださいませ。

| | コメント (0)

もの想う人に。

雑貨は 人が暮らしてきた中に それぞれの時代背景にあわせ作られ続けています。必要不可欠なものもあれば、なぜ買ってしまったのだろう・・・と流行に流され 飛びついたものもたくさんありました。

その時代時代に 雑貨は 色んな流行をもたらし、様々な 暮らしを支えてきたのです。

現代においても その傾向は 昔と変わらず、様々なものが生み出されています。インパクトの強いもの。シンプルなもの。派手なもの。可愛いもの。便利なもの。などなど・・・。作る人の考え方や 思いは 色んなものを生み出しています。でも、それらを 受け取る側としては 選ぶ理由を持っていたいと思います。衝動でいい場合と そうでない場合を分けておくことも 必要な気がするのです。

チョコホリックの雑貨は 懐かしさを感じられる可愛さにあふれています。パッと見の可愛さではなく、じっくりと見つめれば見つめるほど 色んな感情と触れ合えるのです。折りしも この時期は 出会いと別れ、新しい旅立ち、希望や不安・・・色んな もの想う事が増える時です。誰しもが 進む先に明るい日差しが注ぎますように・・・願う時であります。

雑貨にも そういう気持ちを後押ししてくれる作り手の想いが込められています。せっかくなら そういう想いを感じられるものを選んで欲しいと思うのです。勿論、何を感じるかは自由です。ただ、可愛い。それでもいいでしょう。でも、もう少し ゆったりとした気分で見てみると きっと、湧き上がる気持ちを確かめられるような気がします。もの想う人に おすすめの雑貨です。

Photo

追伸
イベント中ですが15日(水)はお休みをいただきます。まだまだお買い得品もたくさんありますので ゆったりした時間をご用意してお待ちしております。

| | コメント (0)

春の準備。

センター試験が終わりましたね。うちの娘も 受験しましたが まだまだ気を抜けない状況が続いていて 親もふわふわと落ち着かない日々を送っています。受験生をお持ちの親御さんは 皆そうなのでしょう・・・子供の頑張ってきた姿を見続けてきたわけですからね。

子供たちが歩む道・・・温かく見守るしかないのです。

寒い冬が終われば 春がやってきます。いい知らせが届くことを祈って 静かに待つしかありません。

お店も そんな春を前に 新作が届いています。チョコホリックからは 新生活を始める方に ぴったりの雑貨が届きました。

Photo

「ふんわりランチボックス」は 蓋が平らじゃないので 作りたての見た目で 「いただきます!」できます。のり弁のはずなのに のりが無い・・・蓋をひっくり返すとくっついていて・・・ということもなくなりそうです。

ハートのコインケースとパスケースは チョコレートの型押しで、チョコ好きの女性の朝のテンションをちょっと上げてくれるかもしれません。

新しい季節と新しい環境・・・新生活の準備には チョコホリックが一役買ってくれそうです。

| | コメント (0)

お出かけの必需品。

今年最後のチョコホリックの新商品が届きましたのでご紹介します。

年末、または 新年にご実家を訪れる方は 多いことでしょう。近場なら 楽かもしれないけど、遠くから帰省される場合は 荷造りが大変です。暮らしの拠点を 数日といえど移すわけですから あれもこれも持ち運ぶ必要が出てきます。特に 赤ちゃんが一緒だと さらに荷物が増えます。単身で お土産だけ持って帰るのとは 大違いです。

そんな時に 重宝するのがこういうアイテム。赤ちゃん用のものをまとめておけるポーチシリーズです。お出かけする時に ささっとバックに入れれば準備はOK!楽ちんです。

Photo

ウエットティッシュが入るポケット付のポーチは オムツも入れておけるし、ナイスデザインだよな・・・。うちの子の時にはこういうの無かったな~。

それともう1アイテム。久々に フロアーマットが登場しました。キッチンやソファの足元に・・・床の冷たさを和らげてくれます。お土産にしてもいいかもしれませんね。

赤ちゃんがいらっしゃるご家庭にも、普通に帰省する単身の方にも お出かけの必需品になりそうですね。

| | コメント (0)

ちょっとプレゼント。

今年も後残すところ2週間となりました。早いものですね~。

子供たちにとっては 今頃が一番ワクワクしている時。大人は クリスマスの準備やら、仕事の追い込みに、連日の忘年会・・・何かと忙しく ソワソワする時期です。

でも、この時期は お楽しみが一杯で いいものです。

私は お酒が好きなので 毎晩のようにお酒を飲みますが やはり、イベント事のときは その味も普段とは少し違う気がしています。少しくらい飲みすぎても 許される気がしますしね~。(明日に影響するような飲み方は もうできませんが・・・)そんな時は 普段とは違うグラスを用意します。見た目だけじゃなく 味わいも変わってくるのです。今年は どんなグラスで 楽しもうかな・・・。

Photo

あと そんな時に花を添えるのは ちょっとした プレゼントです。メインのプレゼントだけでも勿論いいのだけれど ちょっとしたものを・・・と思いつく時、雑貨は とてもいいと思うのです。

可愛いものが好きな方には こんなものはいかがでしょう。

Photo_2

サインポールを模したものは アクセサリースタンドです。ネックレスやピアスを掛けて置けます。コンパクトやピルケースも 他にはない可愛さです。

大人っぽくシンプルなものが好みの方には こんなガラス製品はいかがでしょう。

Photo_3

一輪挿しに、コーヒーキャニスター・・・おしゃれな雑貨は 空間を素敵にしてくれます。

記念日でなくても、イベントでなくても ちょっとした贈り物は 幸せを運んでくれる気がするのです。

| | コメント (0)

10年前の今日。

ちょうど10年前の今日、パスティーユは始まりました。

何の当てもなく、近所の住宅街に チラシを入れさせていただいただけで ろくに宣伝もせず、無謀にも その日を迎えました。はたして お客さんは来てくれるのだろうか・・・不安だらけのスタートだったのです。

新しく出来た雑貨店は どんな店なのか?という興味もあったようで、たくさんのお客様に 脚をお運びいただきました。古いものと新しいものを組み合わせた お部屋のような空間で、品物は 少しずつ旅立っていきました。

Photo_5

と同時に、うちがご提案したい暮らしの形・・・雑貨とともにする生活することの喜びを お伝えしなければならないと考えていました。ただ 品物が売れるだけのお店には なりたくなかったのです。

ライフスタイルは それぞれ人の暮らしのあるだけ存在し、趣味も好みも様々です。まして、新しいものが次々と生まれ、消えていく中で、「10年後の暮らしを想像し、どんな風に暮らしているかを思い描き、そこに近づくために 一つ一つプラスしていく雑貨選びをしてみませんか?」という問いかけは とても伝わりにくいことでありました。「自分は いったいどんな人で、何をするために生まれてきたのか・・・心から求めるものはどういうものなのか・・・」という 漠然とした問いかけを続けるようなものでしたから、そこに思いを寄せることの出来る人は そうは居ないものだと 思い知ることにもなったのです。

出会いがあり、お顔が見えなくなり・・・そういう繰り返しの10年でありました。

Photo_4

それでも、通い続けてくださり 長くお付き合いくださっているお客様と 自分らしい暮らしを探しながら いい出会いを求めて来て下さるお客様のおかげで 続けることが出来ました。今後も 雑貨を通して お伝えしていくことに変わりはありません。私自身の 暮らしもまだまだその途中にありますし、人生において 学ぶべきことは無限にあるからです。

Photo_3

この先のことは 誰にもわかりません。どんな時代がやってくるのか・・・きっとそれでも パスティーユがお伝えすることは 何も変わりません。10年後、20年後の自分の暮らしを思い描き、いい音楽を聴き いい映画と出会い 芸術を愛で 素敵な物語や人の考えに触れる本を読み、自分らしい服装に身を包み、仕事と向き合い、精一杯生きる。その結果、どんな暮らしをしているかが 楽しみなのです。

Photo_2

そんな偏屈な店ですが 今後もお付き合いください。そして、イベントも残り半分。お得なこの期間をどうぞ お役立てくださいませ。

Photo

| | コメント (0)

より以前の記事一覧