リメイク・古家具

アクセサリー。

アクセサリーといえば 指輪やイヤリング、ネックレスにピアス・・・可愛らしく 自分を引き立ててくれる大事な存在だと思います。いいものを身につける人は ステイタスを表し、年代に合ったものをチョイスして あれこれ付け替えるってのもお洒落で素敵なことだと思います。自分に似合うものを探す時間も きっと楽しい時間なんでしょうね。女性の そういう好奇心はとても大切です。男には 時計を凝るくらいしかありませんから、アクセサリー選びは女性の特権といえそうです。

でも、アクセサリー選びは女性だけの特権といえない部分もあります。身につけるものだけが アクセサリーとはいえないからです。

アクセサリーが好みを表し、自己表現の一つと考えると 暮らしの場面は そのほとんどがアクセサリーといってもいいかもしれません。人が暮らす中で、自分の好みに合ったものを選ぶことも アクセサリー選びと同じくらい 楽しく、目を向けるべきことのように思うのです。

少し理屈っぽくなりますが つける人を輝かせるもの・・・それがアクセサリーです。あくまでも 付ける人が主役です。暮らしも同じで、暮らす人そのものが主役ですから、生き生きと居られるように作り上げていくことが 選ぶ楽しさ、そこで暮らす喜びになっていくのです。

メインテーブルじゃなく 外の景色が見渡せる窓際の席は その人をリラックスさせてくれます。そんな場面をはたから見ているお相手も いい景色だな・・・と感じることでしょう。テーブルや椅子は そこで過ごす人を輝かせる あくまでもアクセサリーなのです。

Photo_11

せっせと机に向かって作業しています。手仕事だったり、読書だったり・・・。雰囲気のいい、机は勿論お部屋のアクセサリー。そして、机の上の照明や小道具は 机のアクセサリー。似合うものを選んで置きたいものです。

Photo_12

お庭の主役は お花です。それを引き立ててくれるのも ガーデンアクセサリーです。お庭の景色を壊さないアクセサリー選びは お手入れのやる気も引き出してくれるものです。

Photo_13

食べることは最も重要なこと。ただおなかを満たすだけでなく、テーブルの景色にも ちょっとだけ気を配ってあげることで 主役であるお料理が ぐっと引き立てられます。食器は あくまでもお料理のアクセサリー。いつもの料理が 特別に感じられそうです。

アクセサリー選びは とても楽しいもの。自分に似合う暮らしのアクセサリーと出会う 豊かな時間を楽しんで欲しいと思います。

Photo_14

| | コメント (0)

流行。

流行に乗り遅れると 時に 恥ずかしい思いをするときがあります。私も 若い頃は そんなこともありました。流行は 若い人から 年寄りまで、世代によって起こるものです。それぞれの世代で ほどほどに楽しめれば いいようです。

ただ、私は 流行には縁の無い生活を送ってきました。自分にとって いいものがはっきりしており、それを脳裏に浮かべながら 生きる糧を探し続けてきたからです。自分が 齢をとっても変わらずに暮らしていられること。条件は それだけでしたから迷いも何もありませんでした。着るものも、住まいも、音楽も、趣味も、齢をとったときに どうありたいかが基準で、その上で 性格も 家族とのつながりも 人付き合いに対する考え方も 自然と身についてくるものだと感じていたのです。だから 巷で起こることは 静観することが出来たのだと思います。ゆえに 経済的な貢献は少なかったかもしれませんが・・・

そうやって暮らしてきて 今思うのは 基本となる 住まう環境は特に大切だということです。誰に気兼ねすることなくいられる環境は 人生の大きな買い物です。つまり、家やマンションを持つことです。色んな事情から それが出来ないことも多いかもしれませんが 夢を描く上で 一番の事柄だと 多くの人は思っているはずです。でも、いざ!となると どこからスタートすればいいかわからず、思い切ってスタートできたとしても 色んな条件で思うように ことを進められなかったりもします。妥協や 迷い、それはもう当たり前で 思うように出来ることほど難しいといえます。

かりに、今どっぷりはまっている流行があるとして それを実践してしまったら、後々大変なことになりかねません。ただでさえ どんな新築であろうがリノベーションしたてであろうが 形あるものは必ず古くなっていきます。それが暮らすということです。むしろ 形の無い流行というものが 古くなってしまうほど 取り返しの付かないことはないのです。誰しも 夢見て、一生に一度と感じながら 手に入れる我が家が 将来、そうなってしまわないように 考えなければならないと思います。

私も思い切って今の家を決めました。新しかった家も 今では随分と汚れてきています。でも、それに合わせて 古い家具が新しいときよりむしろ、似合うようになってきたと感じます。この先は もっともっと古くなっていくことでしょう。でも、暮らしは変わりません。変わった構造、間取りにしなくて良かった。そう思う間もなく、人生は過ぎていきそうです。

古いものはいいですよ。他人に左右されること無く、自らが選び ずっと好きでいられる味わいに溢れていますから。あ!でも 自分でいいと思わなければ それもまた 他人の意見に惑わされるということですもんね。でも、古くなる流行に惑わされないことは これからも大事だと思うのです。

Photo_3

Photo_4

| | コメント (0)

ヒント探し。

雑貨屋には いろんな人がやってきます。中には いったい何をしに・・・と感じる方も少なくありません。色んな雑貨店があるので 趣味が合わないと感じられることも当然です。むしろ、普通の感覚では ご理解いただけない店だ。との自覚はあるので 仕方の無いことです。色んな趣味があって当然。雑貨に興味の無い人がいて当然なのです。

でも、雑貨の無い暮らしは絶対にありえません。それぞれの方が 趣味に合うお店と出会ってくれるように願ってやみません。

私は 昔から雑貨好きなので、好みのお店には 足しげく通いました。でも、何か目的を持ってという通い方は あまりしたことがありません。今日は 何と出会えるんだろう。というワクワク感があるだけでした。勿論、欲しいものがあれば それに越したことは無いわけですが たとえ目的のものが無くっても 必ず ワクワクするものを見つけることが出来たのです。

普段の暮らしの中には 自分が楽しむためのヒントがたくさん転がっています。何か足りない・・・こういうものがあればもっと・・・そう思える一つ一つの事柄が お店の中を探索する中で 見つかるからです。

今の世の中、ものを持たないという人が 多くなっています。必要最低限のもので 満足出来るにしても きっと自分の好みが反映されているはずですから それはそれでいいと思います。でも、私には そういう暮らしは出来ません。必要なものが 一つ一つ吟味され、一つ一つ増えていくばかりで 一向に減ることなどありません。これからも そういう暮らしになりそうです。私の場合は それが暮らす喜びなんですから。

お店には 様々なものが並んでいます。2周り位していただくと 色んなものが目に写ってくるものです。きっと、暮らしの中で 感じた何かに結びつきそうなものとばったり出会えるかもしれません。普段から 思うこと。きっとそれが 暮らしを楽しく、豊かにしてくれることにつながっていくのではないでしょうか。

今、私のお気に入りは パイプ脚の椅子をリメイクした簡易的な椅子です。軽くどこへでも運べて、ちょこんと座れます。ベースに合わせて 色を選び、チェックに塗装します。カジュアルがイメージですから デニムにTシャツが似合います。普段の暮らしに ぴったりだと思うのです。

普段着で座っても可愛い椅子はないかしら・・・そんな風に思う方は 居ないと思いますが 楽しい!と感じていただける方は いらっしゃるはずです。

Photo

| | コメント (0)

いい椅子と・・・。

「冬のマルシェ」が終了しました。足元も悪い中 たくさんのお客様に脚をお運びいただきました。ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

明日からいよいよ3月・・・春は 人生の節目の季節。悲喜こもごも・・・色んな想いが交差する季節です。冬を終えて、しっかり歩んでいこう・・・この年になっても そう思う季節です。

お店は いつにもましてまったりしそうな気がします。でも、新しい門出に向けた 商品をご用意して 明日も変わらず シャッターを開けようと思います。

この時期、仕入れにはとても苦労します。雪解けの頃には 面白いものが動き始めますが ただ手をこまねいて待っているわけにも行きません。つてをたどっていいものと久々に出会えました。少し古めの 有名家具メーカーのダイニングチェアです。

座り心地もよく、いい椅子は お部屋の景色を引き締めてくれる役割もあります。量販の椅子には無い存在感です。すでに廃盤となっているようで 現行品には見られないデザインです。高級家具で知られる「飛騨の家具」(柏木工)の椅子で 素材も作りもいいものだと感じることができます。時代を超えてきた存在感と この先も、暮らしを支えてくれる安心感・・・いい椅子には そんな力があるような気がします。椅子に興味のない方も この機会に 一度、その良さを感じにいらしてください。

こだわるには それなりの理由があるときっと実感していただけることと思います。

Photo

| | コメント (0)

『冬のマルシェ』終わります。

あの大雪の日々が終えて、急に春らしくなって来ました。雪解けも進み、厳しかった冬の終わりを実感できるこのごろです。

まだ冬がねばっていた頃にスタートした「冬のマルシェ」も明日で終了です。お得なお買い物は もう、お済みですか?

家具が20%OFFなのですが いいものがまだまだ残っています。例えば、シンガーの網脚のテーブルは 5600円引きになりますし、重厚なナイトテーブルは 3800円引きなどなど・・・とてもお得なチャンスも 明日までです。お見逃しの無いよう、どうぞ お店に足をお運びくださいませ。

Photo

| | コメント (0)

思いを現実に。

時々、お客様から 「これこれこういうの無いですか?」と聞かれることがあります。心当たりがあれば すぐにでもご用意することが出来ますし、すぐにとは行かなくても どこかで出会えれば 時間がかかっても探し続けることは出来ます。

普段の暮らしの中で 「こういうものがあればいいのにな・・・」という場面は良くあることです。でも、実際に探し歩いて見つけることは 案外難しいものです。思い付きであれば 諦めることも出来ますが 本当に欲しているときは そうもいきません。いつか出会えるその日まで 探し求める旅は続くのです。思い描く暮らしの形を現実にしたいという願いは 決して消えるものではないはずですから その願いになんとか応えたいと心から思うのです。

なんとなく言ってみただけではなく、もし本当の願いであれば いくら時間がかかっても、多少の違いはあっても 近いものを実際に見ていただけるようにご提案させていただきます。そのようなものがあれば いつでもご相談いただければと思います。

今回ご紹介する家具も その一つ。「こういうの無いかしら・・・」と何気なくおっしゃったものでした。たまたまだと思うのですが つい最近見かけたばかりの いいなと思っていた家具だったのです。いつか仕入れしよう くらいの感じでしたが お客様に言われたイメージとあまりにもぴったりだったので ご提案することになりました。状態もよく、不具合も解消し、ワックスがけで ぴかぴかになりました。イメージ通りで 気に入ってくださるといいのですが 見ていただくまではわかりません。お客様のご来店をお待ちするのみです。

思い描いていた暮らしのお手伝いが出来るのなら お店にとって こんなに嬉しいことはないのです。

Photo

| | コメント (0)

歴史の重み。

先日の倉庫探索で 埃だらけで真っ黒になっている椅子を発見しました。簡易的な折りたたみ椅子だなぁと引っ張り出して よく見てみたら、座面が曲げ加工されていて かっこいいじゃないですか。いいものあった!くらいの感じでしたが 折りたたみということは きっとどこかに不具合があるに違いない。と思い込んでいました。

帰って、綺麗にするには とにかく水洗いが一番です。水の冷たさも気にすることなく 汚れをどんどん落としていきます。これ以上汚れは落ちない!というところまで洗浄し、組み立ててみました。たいてい 留め具が緩んでいたり、木組みが緩んでいたりしているものと思い込んでいましたが まったく不具合はありませんでした。ひっくり返したりしながら よく見てみると、メーカーの金属プレートが付いていました。眼鏡をかけて見て、びっくり!     「HIDASANGYO」と書いてあるじゃないですか。飛騨産業といえば 日本で数少ない 歴史ある高級家具メーカーです。道理で かっこいいわけだ!と納得しました。

簡易的な椅子であることは間違いありません。デザイン上、座りやすさを求めることはできませんが デザインの良さ・・・形にした技術力と設計の凄さ・・・そして、歴史の重みを感じることが出来て 昔のものは本当に素晴らしいと思います。

見る人が見れば ただの汚い貧相な椅子・・・でも、古いもの好きの私にとって この椅子は 無性にかっこいいと思えるのです。

Dscf0005

| | コメント (0)

角が取れて。

古い小学校、低学年用の木の机が入りました。
所々、ぼろくなっていますが それがまたいい味になっています。

作ろうと思えば作れなくもないのですが 長年にわたり使われて、へこんだり擦れたり 色が変わったり・・・その味わいだけは どうにも真似ができません。学校の机だけあって 丈夫ですし・・・何か役割を与えてあげれば この先 まだまだずっとそばに置いておきたい家具になりそうです。

作られた時代を考えれば とっくにお爺ちゃんと言えそうなくらい年を取っています。角が取れて いい経験を積んできたのだろうな・・・そんな風にも思えるのです。

Dscf0005

| | コメント (0)

選べる人になりたいと思う。

私が雑貨に興味を持ち始めたのは まだ学生の頃でした。自分の部屋はあったものの 机とベットがあるだけの殺風景な部屋でしたが 洋服に目覚め、音楽に興味が湧き、雑誌を読み始めたことで 自分の好きなもので 部屋を飾ることに楽しみを見出しました。

もともと凝り性だったこともあり、自分がいいと思えることを掘り下げて知りたかったので、地元の洋服店やレコードショップに入り浸り、必要な知識を探し求めました。お店の人には 迷惑だったかもしれませんが とにかく、仲良くなる努力をして 買い物をして、自分らしさの探求を始めたのです。

好きなファッションや音楽に似合う 自分の空間はどんなだろう・・・思えば、この年になるまで ずっと探し続け、求め続けてきました。幸い かみさんも共通する趣味があったので その探求は 途切れることなく続いています。そして、この先も ずっと続いていくのです。

なぜ、そこまでするのか・・・それは やはり、自分の暮らしを自分で選ぶことが 喜びなんだと知っているからだと思います。食べることも大切。ちゃんと生きることも大切。でも、自分らしくあることに 一番の重きがあるのだと思います。誰の真似でもない 自分たちだけの暮らしを 続けていくことが喜びなのです。「そんな喜びもあるのですよ。」と知って欲しくて 小さな雑貨屋は 品物を通して訴えかけているのです。

暮らしには どんなものが必要なのか・・・それは 人それぞれ違います。でも、自分の暮らしを描く上で 選べる人になることが大事だと思っています。何の知識も無く 選べるはずも無いからです。将来、どんな自分で居たいのかを描くところから始めなければ 積み重ねる暮らしはきっと出来ないでしょう。でも、その空想が浮かべば 選ぶことは大きな喜びにつながっていくはずです。まずは その自分探し。そこから始めてみませんか?店内の写真を多めにご紹介します。何かしらのヒントが そこにあるかもしれません。

まずは このコーナーから。
Photo
シンガーの網脚のテーブルは 机としてだけじゃなく キッチンの作業台としても良い雰囲気を出してくれます。小引き出しには スプーンやフォークやクロスなどのストックをしまってもいいと思います。

Photo_2
収納用のドロワーの上には 何も置かずにしておきます。窓辺の外が見える場所に置き、時々椅子を持ってきて 外を眺めながら お茶の時間を楽しみます。引き出しには 本を収納しておいてもいいですね。

Photo_3
大きなテーブルが必要ない場合、普段の食事ならこの大きさで充分です。丸型のテーブルは 不意のお客さんが来ても 椅子を用意すれば 4人掛けできます。みんなの顔が見渡せるのが丸テーブルのいいところです。

Photo_4

ここは自分だけの場所。好きに飾ってもいいんです。一日の元気をくれる場所ですから。

Photo_5

料理が楽しくなるようなキッチン。使い勝手と統一感が大切です。

Photo_6

色合いを好きな色で統一するのもいいですね。明るい色は 元気を与えてくれるものです。花柄は 食器に多いデザインなので 色んな花柄で集めるのも楽しいです。

滅多に動かさない家具は その場所のイメージを決めてくれます。目に映るたびに新鮮で いい雰囲気を明るく、柔らかく・・・どんな部屋にしようかな~そんな楽しみさえ感じさせてくれるでしょう。

Photo_9

どんなものが 印象に残り、目に映るのかは あなたの暮らし次第。思い描く暮らしに似合う雑貨をゆっくりと選びにいらしてください。

| | コメント (0)

ヒミツはヒミツ。

昔のタンスには 鍵がついていました。万が一、どろぼーに入られても 大切な着物や洋服、もしくは タンス預金などを守るためだったのかもしれません。普段から鍵はかけずとも、旅行などで家を空けるときは 用心のため・・・という使い道だったのかもしれません。でも、もともと この家具と出会った時には オリジナルの鍵はありませんでしたが 手持ちの鍵が使えてしまったわけですから、そもそも 防犯的な機能はないに等しいのです。

むしろ、鍵をかけることで 「大切なものが入っているよ!」と言ってしまっているようなものなので かえって危ないのではないか・・・とさえ思ってしまいます。そう考えると タンスの鍵は不思議な存在です。

もしかしたら どろぼーに対する警戒心からではなく 身近な人への無言の警告のような感じにさえ思えてきます。勝手に開けないでよーという警告。

確かに 私にも秘密にしておきたいことの一つや二つあります。それは かみさんであろうが娘であろうが秘密です。かみさんにもあるだろうし、娘にもあるはずです。だからって 何か疑ってかかるようなことではないわけで・・・誰にも知られたくないことがあるだけってことです。詮索する必要もなければ、知りたくもない。家族の秘密とは そういうものです。

鍵がかかっていようがいまいが 不用意に自分や家族共通の場所以外は 開けたり覗いたりしてはならない。それが 無言の家族のルールだと思います。そういうのも 思いやりなんですよね。

子供のころに書いた日記帳に鍵をかけるくらいの むずがゆくなるような感覚なら いつまでも忘れずにいたいものです。一応、鍵はご用意しておきます。使うも使わないもご自由に・・・。

Dscf0009_2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧