リメイク・古家具

たった一つの出会いから。

うちは雑貨屋ですが 古い家具も取り扱っています。そのどれもが古い家具をリメイク、もしくは徹底的に綺麗にしたものばかり。しかも、ただ並べるだけではなく まるでお部屋に置いてあるようにディスプレーしています。古い家具に抵抗のある方も、その魅力に触れていただきたいし、その一つ一つの家具が持つ個性により この先、どういう暮らしをしていきたいかを考えるきっかけになると 知って欲しいのです。

暮らしが新しく始まるとき、ほとんどの人は あれもこれも一度に買い揃えてしまいがちです。いろんな方のお話を聞いていると 買ってしまったものは仕方が無いから・・・と言う理由で諦めてしまう方も多い気がします。えてして、そういう家具は あるのが当たり前になってしまい 使う喜びや、もっと素敵にするには どうしようかな・・・と言う気持ちさえも湧き立たせることを出来なくしてしまっているような気もします。身近なところで ちょっと素敵な暮らし方をしてみたい・・・と言う気持ちを自分の中から引き出すことは 生きるうえで決して無駄なことではないのではないでしょうか。

滅多にいない魅力的な人は 何が魅力的なのでしょう。きっと興味のあることに真剣に取り組み、その楽しさを知り 常に自分を高めることをしているからではないでしょうか。そういう人が滅多にいないのは 仕事をするという労力以外の力を出そうとする人が少ないから。自分が何に魅力を感じるか分からないから・・・そんな風に思います。魅力的な人は 自分の好きなことを知っていて、それを身の回りでも表現できて、作り上げたものに自信のある人なんだと私は思います。でも、その想いや行動は そこに目を向けなければ見えてこず、黙っていては生まれっこないものです。だから大変であることを知りつつ、喜びに変えることが出来るのだと思うのです。

流行の洋服に身をゆだねることより 大切なことが身の回りにはたくさんあるのだと私は思います。そうして積み上げていったものが きっとこの先の自分を作り上げていくものだと私は信じます。だから、見逃して欲しくないし 諦めずにいて欲しいと思います。

どんなスタートでも始めは たった一つの出会いからです。私も こんな暮らしをしたいと思い 初めて手にしたのが 一台のミシン脚のテーブルでした。それから 一つ一つ大事なものが増えていき、古いものに囲まれて 自分らしく暮らし続けています。そして それはこの先もずっと続いていきます。そこで暮らす自分がどんな風に生きていき、何が残せるのか・・・それが生きる目標となっているのです。

だから、個性的な家具はとても重要だと私は思っています。見てくれではなく、使う人の気持ちにどんな思いが浮かぶのか・・・そこが重要なのです。うちは 可愛い雑貨も好きなので こんな可愛い椅子にも とても魅力を感じます。曲げ木の背もたれが少し華奢な印象ですが とても素敵なデザインです。シックなものがお好きな方には 秋田木工のウィンザーチェアや飛騨の家具の椅子もあります。同じ机やテーブルでも 置く小物や椅子のデザインで 自分らしい使い方が出来ることでしょう。

身の回りのものを一気にそろえることは自由ですが 私はあまりお勧めしません。(お店としては大歓迎ですが・・・)それよりも 一つのこの上ない出会いから始まることを 長く暖め続けることのほうが 自分自身に大切なものを気付かせてくれるのではないか・・・そう思うのです。

Img_0020

| | コメント (0)

余計なものほど面白い。

自宅には たくさんの可愛い食器があります。すべてを使いこなしているわけではありません。 「今手に入れておかないと もう出会えないかもしれない。」という想いで 買い集めたものの方が多いかもしれません。

正直、食器なんて ご飯茶碗とお椀とどんぶり、お皿や小皿、少し深めのカレー皿、割れにくいグラスがあれば 食事に困ることはありません。物を持たない人は こういうところで必要なものだけを持つ暮らしをお選びになっていることと思います。そういう暮らしを選ぶことも自由だし、いつ使うか分からないけどたくさんの食器に囲まれながら暮らすことも自由です。うちは たまたま素敵で可愛い食器を集めることが趣味というだけのこと。家族の誰にも理解されないものを集めるより よほど楽しいといえます。

家具もそうです。テーブルと椅子と食器棚、ソファーとテレビ台、ベットとたんすがあれば 充分に暮らせます。でも、それだけでは どこか味気ない・・・。その味気なさを味気あるものにするには 自分の中にある“素敵”を追い求めてみることではないでしょうか。

そのためには 自分だけが いいなと思えるものをお部屋においてみること。つまり、必要ではないもの・・・余計なものといえば 語弊がありますが 必要最低限から 少しだけ遊びが感じられるものという意味で 余計なものにこそ 暮らしを楽しむ要素が潜んでいるのです。

うちには ある意味、暮らしにとって余計なものがたくさんあります。だからといって 贅沢などでは決してありません。たくさんの食器も、ちょっと変わった家具も 暮らしを楽しむための余計だけど必要なものではないでしょうか。でも、そういう余計なものにこそ 暮らしを面白くするヒントが隠れているのだと思います。自分の中にだけある“素敵”と出会っていただければ・・・そんなに嬉しいことはありません。

Photo_20190927121701

| | コメント (0)

同じお部屋でありながら。

リビングが広いお部屋の方 結構いらっしゃると思ます。最近のお子さんは 自分の部屋よりも リビングで 家族がいる中で勉強するようです。そんな家族が集まる部屋を 広く取りたいと思うのは 今の時代の必然かもしれません。

テレビがついていて よく集中できるものだと感心しますが 娘もやはりそうでした。勉強が苦手だった私の時には考えられないやり方・・・せめて集中しないとと思って自室にこもって一夜づけのテスト前夜でした。

さて、そんな広めのリビング。皆さんはどんな配置で家具を置いていらっしゃるでしょう。ソファやテーブルは お部屋の中心にあり、テレビが見やすいように・・・。というのが普通の考えです。うちも帰ってのお楽しみはテレビなのでソファとテーブルは部屋の中心です。

だから、わりとそれ以外の家具は 壁につけるのが当たり前になります。リビングに入ると部屋全体が見渡せる。そんな配置の方が多いのではないでしょうか。案外、ソファやテーブル以外の家具を壁以外に置くという発想自体が あまりない気がするのです。

例えば 机などはやはりどうしても壁に向けて置きたくなりますが 外国のインテリア雑誌などでは 机がお部屋の真ん中にあったりします。窓に背を向けるのもよし、少し離して窓に向けてもよし・・・外国はお部屋に余裕があるからそんな置き方が 普通に見られるのかもしれません。余裕のない日本の住宅には ない発想です。

でも、もしリビングが広かったらソファやテーブル以外の家具を間仕切り代わりに置いてみると 部屋の雰囲気が一変するかもしれません。一つのお部屋に違う空間が現れるのです。ちょっと仕切られているだけで 小さなお部屋にいる感じになります。新しく 引き出しのみの家具をリメイクしました。背は低いのですが カウンターにもなりそうだな・・・と思いながらリメイクしました。お店では 机の空間を仕切るように、上にガラスのショーケースを置いてみました。机に座る感じがだいぶ違います。同じ部屋でありながら こっちとあっちではで 居られる感覚が違うのです。

秋物への衣替えの時期でもありますし、ちょっと発想を変えて・・・お部屋の模様替えも楽しいかもしれません。

Photo_20190922162501

| | コメント (0)

ほっては置けなくて。

買取にうかがった時、古いたんすを見つけました。処分したいということで お安く分けていただきました。

少し傷みがあり、引き出しも引っ掛かりがあったのですが、こういう古い家具は 出会いも少なく、また ただ処分されてしまうのは あまりにも惜しく、 手間はかかるけれど 何とか再び使えるようにしてあげたいと 思ってしまうのです。でも正直、そんなに引き合いのあるものではないですし お店においても ただの場所ふさぎになってしまうかもと考えましたが 不具合を直して、なおかつ 生かされることがあるのであれば リメイクの意味もあるのではないかと考えたのです。

おそらく、実際のたんすとして使うには よほどの古いものに対する理解がないと難しいでしょう。そして、ちゃんとした役割を与えてあげられない限り それこそ場所ふさぎにしかならないのです。

でも、きっと 誰でもじゃ無いにしろ きっと役割を与えてくれて 大切に使い続けてくださるかたもいるのではないか・・・と淡い期待も捨てることは出来ません。こうして ちゃんとリメイクできたことで、そんな少ないお客様を待つ準備は出来ました。そして、それはお値段にも反映し お手頃にさせていただきました。配達についても 近郊の方であれば 私がお届けにうかがいます。ご遠慮なく お申し付けください。

さて、どんな使い道が待っているのでしょう。手芸がご趣味の方なら 大量の生地が収納できますし、引き出しの中を細かく仕切れば 見せたくない細々がすっきり収納できそうな気もします。いずれにしても、工夫される方の下へなら とても嬉しく思います。

Photo_20190918143401

| | コメント (0)

穏やかな風。

久々に 両開きのキャビネットをリメイクしました。ガラスが6分割されたあまり見かけたことのないタイプのキャビネットです。たて1000㎜×よこ760㎜×奥行き280㎜と少し小さめ。でも、扉のデザインが ガラス窓の様でとても素敵です。

状態がとても良かったので 無塗装で・・・とも考えましたが リメイクしたほうがやはり うちらしい。この世にたった一つの個性的な家具となりました。お部屋にいい雰囲気を運んでくれることは勿論、大事にしているものをより大切にしようと思わせてくれる・・・そんな存在です。

ガラスが透明ではないので 扉をあけ放って・・・ディスプレー感覚で 飾っても楽しそうです。見せたくないときは扉を閉めて。

食器棚としても、コレクションケースとしても、もともとの使い道 本をしまっても・・・お部屋には きっと新しい穏やかな風が吹くことでしょう。

Photo_20190915150301

 

| | コメント (0)

小ぶり。

お話をしていると、「家具が欲しいのだけど 置く場所が無いのよね・・・」という言葉です。確かに うちもそうですが 物が増えるってそういうことです。使う目的が 思い浮かんでも、断念せざるを得ないというわけです。雑貨好きにとってのあるある話です。

今使っているものを 諦めて 入れ替えを考えるか、大きな家に引っ越すか・・・いずれも 現実的ではなく、どこか妄想の世界のお話になってしまいがちです。

なので、大型の家具は 難しいとしても 小ぶりな家具は 自宅でも現実的に考えることが出来ます。とにかく飾るものが 増えていくので、それを素敵に飾れる古い家具は重要です。活かすも埋もれさせてしまうのも 飾り方次第ですから。

現在、少し大きめの全面ガラスのショーケースはありましたが、その大きさの半分ほどの 小ぶりなショーケースが入りました。全面ガラスなので光を取り込んで すごくきれいです。(正面のガラスが2か所割れていましたが 補修してありますので 問題なくお使いいただけます。)オールドパイレックスのキャセロールを入れてみました。オーバルタイプがぴったり収まります。でも、いちいち扉を外さなければならないので 実際には 小さなものをたくさん並べたほうが よさそうです。

Photo_20190910121101

そして こちらも小ぶりな本棚です。横幅58cmほどで、奥行きも20cmとスリムなサイズです。本は勿論のこと、食器のオープンシェルフとして・・・お鍋を並べてもかわいいと思います。使い勝手の良さはシンプルゆえ。思いつくまま お使いいただけそうです。

Photo_20190910122101

いずれも古いものなので 飾るものの雰囲気を引き立ててくれることでしょう。

| | コメント (0)

いい椅子とともに。

高級家具を見る機会もなくなってしまいました。庶民が 行くような家具屋さんに行っても 一脚数万円という一流ブランドの椅子は売っていないからです。高級家具を扱う店は 敷居が高く、目の保養に・・・なんて時間がもったいなく、現実的ではないからです。いい家具は 長く使えると分かっていても 家族分を揃えるには 大枚が必要です。一流の高級家具を作っているメーカーの行く末は どうなってしまうのでしょうね・・・。裕福な いい趣味をお持ちの方たちに どんどんアピールして、その歴史をつないでいって欲しいと願ってやみません。日本の産業からなくなって欲しくはないのです。

新品を買うことは無理としても、少し古いものであれば 高級品を手に入れることは出来ます。今回、いい椅子と出会いましたので ご紹介します。

キツツキマークの飛騨産業のブレースバックチェアです。今も変わらぬデザインで 作られていますが 1脚のお値段が10万円と 私にとっては超高級です。高級であるからには しっかりとした理由があります。1脚1脚職人さんが 材料選びから、加工、組み立て、塗装まで 手作りしています。ゆえに、メンテナンスや修理も依頼することが出来、一生のお付き合いが出来るような家具なのです。

理想を言えば やはりこういう家具を手に入れたいものです。でも、私のような庶民には非現実的です。そのような暮らしは いくら頑張ったところで、いつまでたってもできそうもありません。でも、古いものなら・・・手の届く範囲です。だからといって、状態が悪ければ問題ですが 今回出会った4脚は とても状態もよく、程よい使用感は むしろいい雰囲気です。

長く愛せるいい椅子は 夫婦の、家族との時間をかげながら支えてくれるパートナーです。歴史をともに刻んでくれる大切なツールなのです。

Photo_20190821145401

 

| | コメント (0)

アクセサリー。

アクセサリーといえば 指輪やイヤリング、ネックレスにピアス・・・可愛らしく 自分を引き立ててくれる大事な存在だと思います。いいものを身につける人は ステイタスを表し、年代に合ったものをチョイスして あれこれ付け替えるってのもお洒落で素敵なことだと思います。自分に似合うものを探す時間も きっと楽しい時間なんでしょうね。女性の そういう好奇心はとても大切です。男には 時計を凝るくらいしかありませんから、アクセサリー選びは女性の特権といえそうです。

でも、アクセサリー選びは女性だけの特権といえない部分もあります。身につけるものだけが アクセサリーとはいえないからです。

アクセサリーが好みを表し、自己表現の一つと考えると 暮らしの場面は そのほとんどがアクセサリーといってもいいかもしれません。人が暮らす中で、自分の好みに合ったものを選ぶことも アクセサリー選びと同じくらい 楽しく、目を向けるべきことのように思うのです。

少し理屈っぽくなりますが つける人を輝かせるもの・・・それがアクセサリーです。あくまでも 付ける人が主役です。暮らしも同じで、暮らす人そのものが主役ですから、生き生きと居られるように作り上げていくことが 選ぶ楽しさ、そこで暮らす喜びになっていくのです。

メインテーブルじゃなく 外の景色が見渡せる窓際の席は その人をリラックスさせてくれます。そんな場面をはたから見ているお相手も いい景色だな・・・と感じることでしょう。テーブルや椅子は そこで過ごす人を輝かせる あくまでもアクセサリーなのです。

Photo_11

せっせと机に向かって作業しています。手仕事だったり、読書だったり・・・。雰囲気のいい、机は勿論お部屋のアクセサリー。そして、机の上の照明や小道具は 机のアクセサリー。似合うものを選んで置きたいものです。

Photo_12

お庭の主役は お花です。それを引き立ててくれるのも ガーデンアクセサリーです。お庭の景色を壊さないアクセサリー選びは お手入れのやる気も引き出してくれるものです。

Photo_13

食べることは最も重要なこと。ただおなかを満たすだけでなく、テーブルの景色にも ちょっとだけ気を配ってあげることで 主役であるお料理が ぐっと引き立てられます。食器は あくまでもお料理のアクセサリー。いつもの料理が 特別に感じられそうです。

アクセサリー選びは とても楽しいもの。自分に似合う暮らしのアクセサリーと出会う 豊かな時間を楽しんで欲しいと思います。

Photo_14

| | コメント (0)

流行。

流行に乗り遅れると 時に 恥ずかしい思いをするときがあります。私も 若い頃は そんなこともありました。流行は 若い人から 年寄りまで、世代によって起こるものです。それぞれの世代で ほどほどに楽しめれば いいようです。

ただ、私は 流行には縁の無い生活を送ってきました。自分にとって いいものがはっきりしており、それを脳裏に浮かべながら 生きる糧を探し続けてきたからです。自分が 齢をとっても変わらずに暮らしていられること。条件は それだけでしたから迷いも何もありませんでした。着るものも、住まいも、音楽も、趣味も、齢をとったときに どうありたいかが基準で、その上で 性格も 家族とのつながりも 人付き合いに対する考え方も 自然と身についてくるものだと感じていたのです。だから 巷で起こることは 静観することが出来たのだと思います。ゆえに 経済的な貢献は少なかったかもしれませんが・・・

そうやって暮らしてきて 今思うのは 基本となる 住まう環境は特に大切だということです。誰に気兼ねすることなくいられる環境は 人生の大きな買い物です。つまり、家やマンションを持つことです。色んな事情から それが出来ないことも多いかもしれませんが 夢を描く上で 一番の事柄だと 多くの人は思っているはずです。でも、いざ!となると どこからスタートすればいいかわからず、思い切ってスタートできたとしても 色んな条件で思うように ことを進められなかったりもします。妥協や 迷い、それはもう当たり前で 思うように出来ることほど難しいといえます。

かりに、今どっぷりはまっている流行があるとして それを実践してしまったら、後々大変なことになりかねません。ただでさえ どんな新築であろうがリノベーションしたてであろうが 形あるものは必ず古くなっていきます。それが暮らすということです。むしろ 形の無い流行というものが 古くなってしまうほど 取り返しの付かないことはないのです。誰しも 夢見て、一生に一度と感じながら 手に入れる我が家が 将来、そうなってしまわないように 考えなければならないと思います。

私も思い切って今の家を決めました。新しかった家も 今では随分と汚れてきています。でも、それに合わせて 古い家具が新しいときよりむしろ、似合うようになってきたと感じます。この先は もっともっと古くなっていくことでしょう。でも、暮らしは変わりません。変わった構造、間取りにしなくて良かった。そう思う間もなく、人生は過ぎていきそうです。

古いものはいいですよ。他人に左右されること無く、自らが選び ずっと好きでいられる味わいに溢れていますから。あ!でも 自分でいいと思わなければ それもまた 他人の意見に惑わされるということですもんね。でも、古くなる流行に惑わされないことは これからも大事だと思うのです。

Photo_3

Photo_4

| | コメント (0)

ヒント探し。

雑貨屋には いろんな人がやってきます。中には いったい何をしに・・・と感じる方も少なくありません。色んな雑貨店があるので 趣味が合わないと感じられることも当然です。むしろ、普通の感覚では ご理解いただけない店だ。との自覚はあるので 仕方の無いことです。色んな趣味があって当然。雑貨に興味の無い人がいて当然なのです。

でも、雑貨の無い暮らしは絶対にありえません。それぞれの方が 趣味に合うお店と出会ってくれるように願ってやみません。

私は 昔から雑貨好きなので、好みのお店には 足しげく通いました。でも、何か目的を持ってという通い方は あまりしたことがありません。今日は 何と出会えるんだろう。というワクワク感があるだけでした。勿論、欲しいものがあれば それに越したことは無いわけですが たとえ目的のものが無くっても 必ず ワクワクするものを見つけることが出来たのです。

普段の暮らしの中には 自分が楽しむためのヒントがたくさん転がっています。何か足りない・・・こういうものがあればもっと・・・そう思える一つ一つの事柄が お店の中を探索する中で 見つかるからです。

今の世の中、ものを持たないという人が 多くなっています。必要最低限のもので 満足出来るにしても きっと自分の好みが反映されているはずですから それはそれでいいと思います。でも、私には そういう暮らしは出来ません。必要なものが 一つ一つ吟味され、一つ一つ増えていくばかりで 一向に減ることなどありません。これからも そういう暮らしになりそうです。私の場合は それが暮らす喜びなんですから。

お店には 様々なものが並んでいます。2周り位していただくと 色んなものが目に写ってくるものです。きっと、暮らしの中で 感じた何かに結びつきそうなものとばったり出会えるかもしれません。普段から 思うこと。きっとそれが 暮らしを楽しく、豊かにしてくれることにつながっていくのではないでしょうか。

今、私のお気に入りは パイプ脚の椅子をリメイクした簡易的な椅子です。軽くどこへでも運べて、ちょこんと座れます。ベースに合わせて 色を選び、チェックに塗装します。カジュアルがイメージですから デニムにTシャツが似合います。普段の暮らしに ぴったりだと思うのです。

普段着で座っても可愛い椅子はないかしら・・・そんな風に思う方は 居ないと思いますが 楽しい!と感じていただける方は いらっしゃるはずです。

Photo

| | コメント (0)

より以前の記事一覧