リメイク・古家具

面白いです。

古いお宅の買取の中に 古いブックスタンドがありました。そのうち時間のあるときにリメイクでもしようと ほったらかしになっていたのです。ふとした時に その存在を思い出し 引っ張り出して どうリメイクしようか・・・とまじまじと眺めていました。

ずいぶんと埃をかぶっていたので 綺麗に磨いて 不具合を直し、よく見ていると あることに気付きました。引き出しの正面の板が アーチ状に綺麗にカーブしていたのです。緩やかなので ぱっと見には分かりませんでしたが なんとも不思議な・・・と思ったのです。

で、さらに注意してみてみると 本を立てる底板が そのカーブに合わせて反っているではないですか。引き出しの正面の板が アーチ状にカットされていたのは わざわざだったと気付いたのです。木は 乾燥などにより自然にゆがんだりすることは 良くあることです。旧い家具の 立て付けが悪かったり、扉のしまりが悪くなるのは そのせいだったりします。でも これは 最初から曲がった板を基本に 作るところから始まったのだと気付いたのです。しかも、引き出しは とても浅く あまり見かけないデザイン。それに 仕切り板や上部の細かい切り込みの飾りも しっかり手が掛けてあり素敵です。底板が 曲がっていることで 中二枚の仕切り板の長さも違うはずなのですが 収まりもきちんとしていて、はめ込み部分もしっかり有っています。よくよく 綺麗にしてあげたことで そういう細かい部分がくっきりと見えてきました。

この時代の家具は 一つ一つ手作業で作られています。にもかかわらず、曲がった木を使うなんてことは あるわけもないと思い込んでいましたから とても感心したのです。普通使いません曲がった板なんか。でも、これを作った人は その曲がった木を全体のデザインとして取り入れ 細部にまで装飾を施し、曲がった木に合わせて 引き出しにもカーブを施し全体のデザインをイメージしたのです。すごい事だと思いませんか?普通の考え方では 出来ないものなのです。

誰が作ったものなのか知る由もないのですが 昔の人はすごいなぁ・・・とほとほと感心するばかりの出来なのです。勿論、大量に作られたものでもなく たった一つだけ作られたものであることは 自然に曲がった板を使っていることからも明白です。面白い!古い物は本当に面白いです。

Photo

ブックスタンド以外にも 実に面白いものが写っています。お分かりになりますか?

| | コメント (0)

御礼。

12周年の記念イベントが終了しました。足元も悪い中 たくさんのお客様にご来店いただきました。心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

ポイント2倍で メンバーズカードもたくさん発行しましたので ちょっとドギマギしますが どうぞご遠慮なく お得なお買い物にご利用くださいませ。

イベントも終わり、この先は いつにもましてまったりとしそうな気がしています。うちは 季節の行事とかで お客様が増えるお店じゃありませんから。それでも クリスマスの贈り物に選んでいただけそうなものを少しだけ用意して・・・ゆっくり楽しんでいただける時間だけは たっぷりご用意して ご来店をお待ちしております。忙しくなる時期ですが またお時間があれば・・・是非。
13年目も お客様に楽しんでいただけるよう、素敵なものとの出会いをたくさん重ねていきたいと思います。今後とも どうぞよろしくお願いいたします。

Dscf0007_1

| | コメント (0)

一つの家具。

家の中には いろんな家具があることでしょう。家具がなければ 片付けもできませんし、食事をしたり くつろいだりも出来ません。たとえ これから一人暮らしを始めようとする人も、すでに暮らしが出来上がっている人も 必要な家具に囲まれて 暮らしは成り立っていくものです。

家具には 収納の役割があり、くつろぐための役割があります。いろんな家具があるけれど 選ぶ基準は 人それぞれの事情により違います。機能重視だったり、価格だったり、ステータスだったり、これでいいいか・・・だったり。

人生の多くの時間にくつろぎを与えてくれる家を どんな風にして 身を置き 暮らすか・・・そこに重点を置く人は その人のこだわりがつまっていることでしょう。趣味を生かして暮らす。きっとそれが 心地の良い空間を作ることにつながっていくのです。

経済的余裕のある人は 家を持つ時点で 揃えることも可能です。そこに疑問もあるけれど 出来てしまえる人は素敵だと思います。大体が これでいいかでスタートしてしまうような気がするからです。経済的な余裕のない私にとって 大事だったのは いつまでも持ち続けられる 納得できる家具を一つ一つ見つけることでした。そうすれば 将来、自分にも 思い描く暮らしができると思ったからです。

最初に 好きなものを見つけられたこと・・・そこからずっと続けてこれたのは、大切な 一つの家具との出会いが始まりだったからに違いないと思うのです。

Dscf0009

| | コメント (0)

大切にします。

昔から大変お世話になっているお客様から お引っ越しに伴う不用品をお譲りいただきました。段数のある小引き出しですが 引き出しの模様が新しいおうちの雰囲気に合いそうもないので・・・ということでしたが ちょっとした不具合を直したら 引き出しもスムーズでとてもいい具合になりました。

ただ・・・やはり この引き出しの木目模様・・・好き嫌いがはっきりしそうです。塗装してもいいのですけれど モダンなインテリアの方には 何もいないほうがいいかも・・・と思い、とりあえずご紹介しようと考えました。

お気づきでしょうか。引き出しのそれぞれの木目が上から順につながっているのを・・・こういうデザインは お好みもあるでしょうが 古い雰囲気があって 案外いいものですよ。

気に入ってくださる方がいなかったら いずれ塗装し、リメイクすることになるかもしれませんが 今は このままで・・・。大切に 扱わせていただきます。いいものをありがとうございました。

Dscf0016

| | コメント (2)

古くても可愛い。

私が幼い頃のソファと出会ってしまいました。

あれは田舎の長屋に住んでいた頃・・・もう自由に走り回ることが出来た頃だったと思います。新しいソファが届いて その座面のスプリングでぴょんぴょん飛び跳ねるのが面白くて、調子に乗ってジャンプしていたら・・・確か そのスプリングが壊れて、座面がいびつな感じになってしまいました。壊れたスプリングが おしりにあたり、とても居心地の悪いソファになってしまいました。こっぴどく叱られて、幼心に 「これはまずかった・・・」と反省したことを覚えています。そのせいか そのソファが記憶に焼きついていたのです。

当時は だらっとくつろぐためのソファというより、お客さんが来たときの おもてなし用の雰囲気がありました。大判のレースをかけたり、白いカバーがかけられたりしたものです。だから 余計に叱られたのだと思います。子供としては そういうものが魅力的だったのだと 今にして思います。

今回出会ったソファは 一人掛けが2脚。座り心地も悪くありません。でも、座面の角に破れがあり、色あせもあるので けっしていい状態とはいえません。でも、およそ50年前のものと考えると 充分な状態だともいえます。これは 古いものに理解のある方にしかお分かりいただけない説明かもしれませんが・・・。むしろ、良く50年も綺麗な状態で残っていてくれたともいえるのです。

ただし、底面の生地がもろくなり 破れても居ましたし、埃も溜まっていたので 新しい生地に張替え 埃も取り払い、肘掛の木の部分にはワックスも掛けました。当時のまま・・・とはいえませんが この先、まだまだ現役で活躍してくれそうです。勿論、寝っころがってだらっと過ごすような 使い道はお勧めできません。例えば 音楽を聴いたり、映画を見たり、お酒を楽しんだり・・・家に居ながらも 少しは お洒落にも気を配って・・・そんな場面で 普段なかなか味わえない時間を楽しむために必要!とさえ思うのです。

デザインもファブリックもどこかモダン・・・ぼろくて古くたって 可愛いものは可愛いと思うのです。

Photo

| | コメント (0)

・・・だったらいいのにな。

「・・・だったらいいのにな。」そう思うことはありませんか?私は 今ふと思いました。

そんな時は たいてい物事がうまくいっていない時・・・。目に見えない力に頼って 無いものねだりをする時だったりします。そんなこと考えるより前に 一つでも何か行動を起こし、努力しなければ 何にも始まらないと分かっているにもかかわらず・・・。

経済的に恵まれている人も、恵まれた環境で育った人も、努力して社会的な立場を得た人も、幸せを絵に書いたように暮らしている人も、どんな境遇であろうとも 何かしら満たされないものを感じたとき 「・・・だったらいいのにな。」そう思う瞬間があるもののような気がします。

人がうらやむように生きている人も、その日を生きるためにもがき苦しんでいる人も きっと同じように 自分に無いものをこいねがうものが何かしらあるものなのだと思います。

そう思うのはごく自然なことで、それを得るために悩み 努力することに きっと意味があると思います。年を重ねるということは そういうことの積み重ねなんですね。いい人生とは 終わるときに初めてわかるもの。どんな境遇の人にも 平等に与えられる自分なりのものさしで計ったものが その人の満足度を表すのではないでしょうか。終わりが近づいた時、はたしてそのメモリはどこまでになるものか・・・自分は 今いったいどこに向かおうとしているのか・・・答えのない自問自答は 考えても仕方が無いのでやめることにします。

今出来ることを精一杯やるしかない。いろんなことに興味を持ち、見聞を広めて それを仕事や人とのかかわりにおいて生かしていく。日々の暮らしの喜びは そうすることではじめて感じるもの。どんな人にも 興味の先に喜びや楽しさがある。それを探す事が出来た時、「・・・だったらいいのにな。」と思うことは 少なくなっていくような気がします。お店と同じような 自宅のミシンテーブルに向かい書き綴ることは こんなことだったりするのです。

Photo

| | コメント (0)

ひと針ひと針。

地震の後の 台風接近、以前までの日常と 何かが変わってしまった気がします。電気や水道が止まり、震災時に備えて行動される人たちが増えています。何かが起こってからは 遅いんだという教訓からです。備蓄できる飲料や食糧を用意する人。電気を使わずに使用できる灯りやストーブを買い求める人。何かが起こる前に 準備しておくことに 気持ちは向いています。

うちのお店は そんな方たちからは縁遠く、むしろ必要とされないものばかりを扱っているような感覚になっています。こんな時は 何もできない無力さをしみじみと感じます。電気が止まっていても 開けていてくれたスーパーマーケットのように必要とされるわけも無く、かえって お客様にご心配をおかけするような始末。仕方ありません。

でも、日々 時間は過ぎて 何もせずにはいられないものです。せめて 何かを求めて来て下さるお客様に いい時間を過ごしていただけるように 今出来ることを精一杯やっています。時間のかかるリメイクも 急がず慌てず、いいものになるように作業をしています。それは ひと針ひと針 縫い物を進めるような感覚です。これを気に入ってくださる お客様の暮らしが少しだけ 素敵になりますように・・・そう願いながらの作業です。

確かに 雑貨など無くても日々は ちゃんと流れていきます。その中で 色んな出来事があり、年を重ねていきます。今日だけを思うなら どうかいい日になりますように・・・と願うだけのことだけど、それこそ 震災に見舞われたり、事故にあったり、病気なったり、試験に落ちたり、仕事が無くなったり・・・生きていれば 色んな災いを経験します。その反対に いいこともたくさんたくさん経験して生きています。それも まるで ひと針ひと針ごとに 生きてきた証なんだと思うのです。この先、何がわが身に起こるのか・・・それは誰にもわかりません。でも、私には ミシンでダダーっと縫い進める生き方よりも ひと針ひと針大切に縫い進める生き方を選びたいと思います。

そんな生き方の背景には 自分で選んだ人と 自分が選んだものたちが必要です。ひと針ひと針縫い進めながら ゆっくりゆっくりと生きて行きたいと思うのです。

Photo

| | コメント (0)

外に持ち出して。

家を建てて お庭を持つことは夢の一つです。きれいに手入れしたお花を眺めながら お茶をしたりして・・・優雅な時間を楽しみたい。だから 庭用のガーデンテーブルセットを探したりするのが ありがちな行動ではないでしょうか。かく言う私も 家を建てたとき、木製のガーデンテーブルセットを揃えました。

でも、そんなテーブルセットも 数年たてばあちこち傷んできて 最初のころの優雅さからは ほど遠いものになってしまいます。雨ざらし・・・それがやはり良くないと 思い知るのです。まめに塗装しておけば・・・と思ってはいても なかなか出来ないと諦め 放置しています。

それでも花はきれいに咲き そんな景色を眺めながら 外で過ごす時間は 格別だと感じます。そんな時は 簡単に持ち出せる小さなテーブルをベランダに置いて 椅子を用意します。天気のいい日は とても気持ちがいいものです。外で過ごす時期の少ない北海道は この先長い冬を迎えます。この気候のいいときに 少しでもその気持ちよさを体感しておきたいと思います。
外で過ごしたい時だけ 室内から持ち出して・・・それなら雨ざらしで痛むこともありませんし、結構手軽です。
飲み物とちょっとした食事を用意すれば 自分だけの優雅な時間を楽しむことができそうです。
Dscf0006






| | コメント (0)

ぽっかりを埋める。

地震から一週間がたち 少しづつ日常を取り戻しつつあります。それでも 夜中の余震では 飛び起きるような状態・・・被災された方に比べれば 本当に恵まれていると感じますが 少しの緊張と、いまだ余震に備えて 倒しっぱなしの自宅の家具を見ると 心のどこかにぽっかり穴が開いて・・・何かと身の入らない日々が続いています。それでも、こんなさ中にも お店を心配して来てくださったお客様の無事と 被害の少なさに ほっと安堵し、心配の種が少しづつ減っているところです。


お店は 節電のため、かなりの数の明かりを消して 暗いのですが仕方ありません。お客様もご理解くださり 目を凝らして見ていただいています。そんな中ではありますが 新しい家具と食器をお迎えしました。

古い食器棚は 修理箇所が多く 少し手惑いましたが スッカリきれいになって生まれ変わりました。和風が洋風に・・・これで 今の住宅にも違和感なく溶け込んでくれそうです。可愛い食器の特等席として リビングの一番いい場所で いい景色を作り続けてくれることでしょう。シャボン玉をイメージして施したステンシルの背景に似合うような食器・・・キラキラ虹色に輝く食器を入れてみました。

ちょっと珍しいミルクガラスも入りました。下段のオーバルキャセロールは JAJのイングランドパイレックスです。チェルシーというシリーズで 花のような、雪の結晶のような 落ち着いた柄がとても素敵です。その横には パイレックスのグレービーソースボード。ウッドランドというシリーズです。上段の 蓋つきボウルは ノリタケプログレッション。シンプルでいい柄です。アデリアの足つきグラスも ブルーで揃えて・・・よそ行きの装いです。グラスは その他にも 可愛いのがたくさん入荷しています。おいおいご紹介してまいります。

いいものとの出会いは ぽっかり空いた穴を埋めてくれるようです。やはり 根っからの食器好きのようです。

Dscf0021

| | コメント (0)

一息つける静寂に。

雨がしとしと・・・少し寂しいお盆です。夏休みだと言うのに これでは外遊びもままなりません。盆踊りに、花火など 夏らしい行事も 拍子抜けの様相です。それでも きっと、帰省したり されたりで 楽しく過ごされたのではないでしょうか。人がたくさん集まって 賑やかに夜更かしをして・・・多少の疲れは残るでしょうが 報告できて良かった・・・元気そうで良かった・・・会えて良かった・・・そんな思いが垣間見れる お盆の時期が大好きです。

でも、喧騒の後には ふっと一息つける静寂も必要です。嬉しい出来事を思い出したりなんかして・・・そうして また日常へと戻っていくのですね。去り行く夏を感じながら・・・。

Photo

夏のイベント 「夏のマルシェ」も本日で終了です。メンバーの皆様に 感謝の気持ちを込めて・・・脚をお運びくださった皆様 ありがとうございました。明日から 平常営業に戻ります。何気ない日常が 少しだけ素敵になりますように・・・また 面白いもの素敵なものをご提案させていただきます。

で、去年行けなかったかみさんの実家への里帰りのため、今年は少しお休みをいただきます。8月17日(金)~21日(火)をお休みし、8月22日(水)から通常営業に戻ります。持ち帰れるものもあるかもしれませんので どうぞお楽しみに。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧