リメイク・古家具

夏のパスティーユ。

新型肺炎が治まる気配を見せず、心配な日々が続いています。お盆の帰省をすべきか・・・迷っている方も多いことでしょう。今年は 我慢すべき時・・・私個人としては そう思います。家族が集まって 楽しく過ごせる時期なのに・・・見えない脅威は 本当に怖いものです。でも、今年の夏は 今だけ。この夏をいい思い出にするために、慎重に そして思う存分楽しみましょう。

さて、お店は いつにも増してのんびりしています。そんな中でも、面白いものがどんどん入荷し そういうものからお嫁に行ってしまっています。毎日忙しいさなか 貴重な時間をお使い頂き、お店を覗いて下さるお客様の所へ・・・・・とは言っても お客様の好みは人それぞれ、きっとお好みいただけるものが お客様をお待ちしていることでしょう。

今現在・・・夏真っ盛りのパスティーユの店内の写真を数枚ご紹介します。お時間の許す限り 隅々までご覧ください。

まずは キッチンコーナー。赤やオレンジのポップで華やかなキッチングッズをご覧ください。

013_20200808113401

背の高い本棚も入荷しました。しっかりリメイクしてご提案します。本来の使い道は勿論のこと、食器や小物を並べても素敵です。

011_20200808113601

どっしりしたソファがあったコーナーは シックにコーヒーテーブルを置いて・・・カフェチェアはよそ行きの気分が味わえます。

002_20200808114001

長いベンチは 夕涼みにぴったり。下町で見た 近所のおやじが将棋を指しながら、ビールを飲んだり あーでもないこーでもないと 世間話に花咲かせ足りする場面・・・今では 考えにくいけど、“暮らしがある”って感じがして 憧れます。ウッドデッキに置くのが 今風でしょうか。ビールに枝豆、スイカが似合います。

009_20200808115001

そして、一番奥の棚には 大好きなファンシーなものを閉じ込めて・・・子供の頃の風景が 脳裏に浮かびます。くすんだ色合いのタンスもいい感じ・・・懐かしいくまのぬいぐるみは 数十年前のものとは思えないくらいピッカピカです。

005_20200808115201

今年の夏のパスティーユは こんな感じです。「何かいいことありそう月間」で 何かいいものに出会いにいらしてください。

| | コメント (0)

いい朝を・・・。

生きていれば 人は必ず何かしらの悩みがあり、気の重くなる事態に見舞われるものです。毎日 のほほんと生きていける人は稀な存在ではないでしょうか。だからといって その問題にとらわれることなく 前を向いて生きねばなりません。生き生きと輝いてこその人生ですから。

こんな重い話から始まりましたが 特に何があったというわけではありません。そういう悩みを持ってこその人生。少なくともそういうものを持ちながら、きっと人知れず 頑張っている人がたくさんいるんだろうな・・・と ふと、思ったのです。

気持ちよく起きられる朝は 特に大切だと思います。「今日も一日頑張ろう!」と思えるが故です。こじ付けではありませんが 大好きなミルクガラスの食器には そんなメッセージが込められたものがあります。目の覚めるような ポップで鮮やかな色合いの花がプリントされています。このシリーズは 「DAY BREAKER」といいます。day breakeとは夜明けの意味で、つまり 夜明けを迎える人・・・早起きをする人とタイトルが付いているのです。この鮮やかな 花のマグで目覚める人ってどんな人なんでしょう。多少のことに気をとられず 「今日も張り切っていくか!」っていう意気込みで 一日をスタートする人って感じがするのです。

同じ時期に作られたのかと思っていましたが それぞれ違うバックスタンプが刻まれており、長い期間作られたのだな・・・と感じます。一番古いのが 黄色と赤の花で1960年代。次に 黄色の花が両面にプリントされているタイプで1960~1976年。オレンジとブルーのプリントは ファイヤーキングブランドが無くなってからの1977年以降と 最初に登場してから20年ほど長きに渡り作られ続けたデザインなのです。朝を元気に迎えたい!と思う人たちに 支持されたのではないかと思うのです。そう思わせるほど 早起きは生きるうえで大切。みんな 頑張らなきゃ!って思いながら生きてきたんですよね。そんな意味が込められた たかがマグカップを 素敵だと思わずにはいられなのです。

そして、そんな寝起きのコーヒータイムを優しく包んでくれる大好きな椅子も入荷しています。秋田木工のウィンザーチェアです。曲げ木の柱が背中を優しく包んでくれるホールド感は 他の木の椅子ではなかなか感じられないのです。塗装のはげがあり、あまり状態が良くないのですが 緩みも無くしっかりしているので、このままの状態で古い家具をご理解いただける方に・・・。

明日は 月に一度のお休みです。すっきり起きて いい一日にしたいと思います。

004_20200707121001

| | コメント (0)

男目線。

雑貨店のお客様は ほとんどが女性の方。でも うちはご夫婦で 雑貨選びをされる方も多く、嬉しいことだなぁ。と思っています。

一緒に暮らしていれば 「家の中が楽しくなるほうがいい。」と私は 昔から思っていました。それぞれの思いを組み合わせて、それぞれが暮らしを楽しむことが出来たら・・・家は そうあるべきと。

でも、ほとんどの男性は 雑貨などに興味を持つことも無く、女性の趣味の中で暮らしている。そして、新しいものが目にはいったりすると 「また買ったの?」と少し 皮肉を込めて言ったりする。そんなことなら 一緒に楽しくもの選びに参加すればいい。と思うのです。

だから 少しでも興味を持つことから初めて、少しずつ 意見を言ってみる。それを悪く捉える女性はいない気がするのです。もしくは 女性の趣味嗜好に 自らが理解を示し 同じ嗜好になるようにすることです。そうすれば お家時間は きっといい時間になるのではないでしょうか。

男性ってむしろ 凝り性だったりすることも多いので、逆に 女性よりも深く掘り下げたりするものです。自分だけの趣味であれば 理解し合えなくても、共通の趣味であれば 歓迎されるのかもしれません。

意外と、男性コレクターの多い アメリカンヴィンテージの食器・・・ミルクガラスのマグが久々にたくさん入荷しました。嬉しい事態です。またこうして ちょっとだけ珍しく 可愛い食器をご紹介できるのですから・・・。

花柄やポップなプリントは どこか懐かしさに溢れ、一息入れるコーヒータイムに彩を添えてくれます。うちでも やはり女性の方に見ていただく機会が多いのですが 今回は 男性目線で仕入れてみたものがあります。

006_20200704145701

ブルーの色合いが印象的なマグです。スーパーストライプやグラデーションのタイプは 男性に好まれてもいいデザインです。ソーダマグは 炭酸を飲むのに適した形。ビールを飲むのに良さそうです。ブルーの朝顔なら 朝の目覚めにぴったりでしょう。

リメイクしたての 新しいキャビネットに合わせて、飾りながら 使いながら・・・いかにも女性好み・・・とならないところが 私的には好みです。一緒に暮らすのですから 意見を出し合って 暮らしが素敵になっていく・・・。それが理想だと 私は思います。男目線も 時には大事だと思うのです。

| | コメント (0)

つぶやくように。

新型感染症の影響で 今まで普通にしていたことが出来なくなりました。新しい生活様式は しばらくは必要なこと。とにかく、感染しない。広めない。その工夫をしていかなければなりません。

そんな中、食事を提供するお店にとっては 特に気をつけなければならないことが多く その対応は大変なことでしょう。距離をとること、仕切りをつけることなどは やはりどこか普通ではない光景に見えます。人数制限しなければならないなど 日々の売上にも影響することばかりです。そのうち 横並びに座ることが当たり前になるかもしれません。

通常、相手の目を見て、表情を見ながら 会話や食事を楽しむものです。美味しそうに食べる顔を見られるのもいいものです。でも、案外 横並びに座ることは悪いことではないと気付きました。

例えば バーのカウンターに座ると その雰囲気にも相まって、面と向かっては話しにくいことも言える気持ちになってきます。どこか、自分自身に問いかけるように・・・そんな話が聞けるのも 横並びに座ることの効果のように感じるのです。

今は おしゃべりで飛沫を飛ばさないように 横並びの席が推奨されているようですが 時と場合によって 横並びに座るのは必要なことのような気がします。つぶやくように 本音を言える。そんな相手と時間をともにしていきたいものです。

007_20200626115201

| | コメント (0)

ほっとけないのです。

随分前に 一見、綺麗な状態のライティングビューローに出会いました。でも 座卓タイプだったので 迷いましたが 思い切って仕入れました。作業場に持ち帰り じっくり観察してみたら 扉の破損やいろいろなところにトラブルが・・・ささっと塗装すればいいというわけにいかないことがわかりました。

他に手をかけるべきものがあったことと 大掛かりな手直しが必要だったため 作業場の隅に追いやられていたのです。でも、そのままいつまでも置いておくわけにも行かず、思い切って手を掛ける事にしました。

まず、座卓タイプのライティングビューローだったので 今の暮らしにも生かせるように 脚をつける作業からスタートしました。棚付けもして 収納スペースを確保。引き出しを引きやすくする調節。テーブルになる扉の補修と背板の交換。扉を下ろしたときのステイが片側しか着いておらず、肝の部分でもあるため 新しいステイを両側に着け、扉内部の小物収納棚も無かったので 古い材料を利用した棚を設けました。塗装は 「何故 木目を生かして古いままにしなかったの?」という声が聞こえてきそうですが 色々と補修箇所を隠すためには 塗装するしかなかったのです。でも、古臭さを感じていただけるように 淡いグレーを作り 渋さを残すことにしました。

003_20200619122101

少し、背が低めですが スツールに座り、机として また パソコンデスクとして今の暮らしに生かせるようになったと思います。本当に古い家具なので 延べ一週間ほどかかりましたが とっても素敵な家具に生まれ変わったと思います。きっとあのままだったら 誰にも使われること無く 処分されていったことでしょう。でも、何かの縁で せっかく出会ったのですから 活かしてあげない手はありません。何とか出来そうなものは やはり ほっとけないのです。

007_20200619122301

| | コメント (0)

刻み込まれるもの。

古い家具は その名の通り、昔の家具が古くなったものです。言い方によっては 傷だらけで ぼろく、使い古されていて 扉が閉まりづらいし、引き出しは引っ掛かって開きづらいし、長年の埃で こ汚い・・・普通の人にとっては 目にも留まらないものです。でも私にとっては 汚れがさっときれいに拭けて、傷もつきにくい。そんな家具こそ目に留まりません。

普通、暮らしを始めるとき 新築ならともかく、どんな家か どんな部屋か・・・それに合わせて家具を買おうなんて思いません。暮らすための家具であれば とりあえずと 買い揃える方が多いわけです。

でも、暮らしや暮らしの道具にこだわる方は 知っています。日々 古くなっていく住まいと相性の良くなっていくものは どんなものか・・・。

古い家具にはすでに 前の方が使っていたという証が刻み込まれています。それがその雰囲気の良さと言うこともできますが 私が古い家具をご提案するにあたって 必ずしていることがあります。それは 不具合を直すこと。そして 場合によっては 塗装を施すこと。それから 徹底的に綺麗にすることです。埃や汚れが付いていたままでは 今の住宅には不釣り合いです。それに 新しい傷や汚れは 新しい持ち主が付けていくものだと思うからです。手入れをしてあげることで これからもずっと使い続けることが出来る。それが古い家具のいいところです。ただ単に 雰囲気の良さ、味わいだけではないのです。

古い家具とともに たとえ新しい家も古くなっていきます。家のほうが後から追いついてくるのです。それが20年後、30年後に見えてくる暮らしの形だと思うのです。人も家も年を取って 味わいが増していくものと思いたいものです。手入れの行き届いた古い家具は きっとそんな人も家も支えてくれるに違いないと私は思います。刻み込まれるもので 味わいが増していくのだと思うのです。

Img_0008_20200607152001

| | コメント (0)

若い人にも。

今まで たくさんのミシンの脚を利用したテーブルをたくさん作ってきました。でも、同じものは2台と無く それぞれが個性を持ったものでした。今回も 初めての表現で 思いをもって作ってみました。

古い足踏みミシンは ほとんどの場合、その役目を終えていて どちらかというと 邪魔な存在として 物置の奥にほおられる存在です。重いし、ぼろいし、使えないし・・・でも、かつては どの家庭にも無くてはならない存在で、洋服を縫ったり リメイクしたり、愛情を込めて 手作りするには欠かせないものでしたし、どこにもない オリジナルの洋服を生み出すマシーンでした。その 出来上がった服が気に入るかどうかは別として 足を踏みながらダダダッと縫い進める姿を見ていて、どんなのが出来るんだろう・・・と 嬉しく感じたものでした。そんな アイテムだから 不要となっても いまだ残っている場合も多いのです。

丈夫で壊れない。そういうアイテムを これからもうまく 暮らしに取り入れるには 手をかけてあげるしかありません。ただの板を乗せるだけではなく、部屋の目立つ所にあっても、かつて ミシンに向かう姿を思い起こせるようで・・・今の暮らしにもフィットするような形で 使い続けられるように・・・。

本来なら 鋳物で出来た脚は ハードな印象です。でも、今回は 天板も脚も同色で 柔らかな印象のアイボリーで塗装しました。天板には 白いタイルのアクセントをつけて・・・柔らかな印象は 「今の住まいにもきっと似合うだろうな・・・」そうイメージして リメイクしました。

こういう 心の奥をこちょこちょっとくすぐる家具があるってことを 足踏みミシンのある暮らしを経験していない若い人にも 知って欲しいな・・・と思うのです。

007_20200515120401

| | コメント (0)

積みあがった先に見えるもの。

お家時間が長いこの期間、家の片づけをされる方も多いと聞いています。不要なものは処分して すっきりと・・・それもいいかもしれません。暮らしていれば どうやったって 不用品がなくなることはありません。気分次第で 欲しいものが変わってしまうが故の結果です。でも、なるべくなら 捨てるには惜しいものだけを選んでいけるようになりたいものです。そういう目を持ちたいものです。

常々、暮らしは積み重なるものだと 私は思っています。愛着の湧く ものとの出会いを重ねることで 自分の暮らし方が見えてきます。誰の真似でもない 自分だけの暮らし方です。何一つ無駄にせず、ずっと一緒に暮らしを共にする・・・そのために いい出会いを求めて歩くのです。

お店には 様々なものがあります。でも、趣味嗜好は偏りがちですが そんな癖のあるものほど個性があって楽しめるのではないかと思います。その一つ一つを組み合わせることは 足を運んで、自分の暮らしを見つめるお客様にしか出来ないことです。お店の中には そんな醍醐味があるのだと思っています。

随分前に、アンカーホッキングの”リフレッシュメントセット”なる ピッチャーとグラス5個セットと出会いました。アンバーのガラスに色とりどりのボーダーがプリントされた 少し モダンな雰囲気漂うグラスウェアーです。夏を迎えたら 重宝しそうなセットだったので 売れるとしたらずっと先かな・・・と思っていました。で、こちらも少し前に出会った 2人の暮らしにちょうどいい広さの ダイニングテーブルです。脚の曲げ木が特徴的な 秋田木工の古いテーブルです。モダンな雰囲気は シックな装い。天板のグレーで書かれた細かな模様もいい感じに・・・リフレッシュメントセットにぴったりです。何故すぐにご紹介しなかったかというと、それは いい椅子がなかったからです。そして、ついに昨日・・・素敵なカフェチェアーと出会いましたので 合わせてのご紹介となったのです。

高級デザイナー家具で 知る人ぞ知る、IDEE製のカフェチェアーです。ぐらつきも無くしっかりとしていて 座り心地もとてもいいです。何より、このスタンダードなデザインは 置いてあるだけでお部屋のアクセントになります。これで、ようやく 思うような形でご紹介できました。わたし的には 凄くいい感じに組み合わせできて 大満足です。でも、気にいってくださる方が現れるかどうかは 別問題。一つ一つ欠けていっても それは仕方の無いことです。全部いっぺんにいかがですか?とは言えないからです。

好きなものを一つ一つ積み重ねていくことが大切です。お店のものを組み合わせていくことも 時間がかかるということだったりするのです。積みあがった先に見える あなたの暮らしの景色とは どんな素敵な景色なのでしょうね。

007_20200508145001

| | コメント (0)

雰囲気を変える。

静かな日曜の朝。ゴールデンウィークの始まりとは思えない静かさ・・・国道沿いなのに この静けさ。今は 不要不急の外出を控えること、それが何よりも大事です。

ただ、お店は 立ち止まれません。生活のため、たった一人でもわざわざお越しくださるお客様のため・・・普通に暮らせる日が来る時のため、一日一日を無駄にできないのです。商品の調達や 手入れ、リメイクは 手間も時間もかかるから 今出来ることを淡々と続けるのみです。

お店は日々動いていますが レイアウトを変えることは 自分たちにとって必要な作業です。うちは ただ商品が棚に並んでいる雑貨屋ではありません。実際の暮らしの場面を想定しながら 「こんな 暮らし方はいかがでしょう。」と提案している雑貨屋です。だから 家具を含め、その暮らしに似合うものを見てもらい、自分の暮らしに生かせるものを見つける 喜びや それを探す時間を楽しんでいただくための お店だと思っています。だから、いろんな提案をしたいと考えてはいますが その雰囲気を変えるための 古い家具を見つけることは そう容易ではありません。思い描く、イメージ通りのものなど なかなか出てこないのです。

そんな中、ずっと変えていなかったキッチンのテーブルに代わるものは何かないものか・・・と考えました。そんな時、ふと目にとまったのが 懐かしい時代を描いたドラマのキッチンのシーン・・・テーブルとは別に 出来た料理を置いたり、作業したりする調理台の存在です。昔のキッチンは 広かったし、居間で食事をとるのが普通でしたから 必要とされた家具だったのだと思います。今の時代だって 置けるなら・・・とお考えの方もいらっしゃるかな・・・と。

だから、お店のキッチンの雰囲気を変えたくて 作業台になりそうなもの・・・というテーマで 探すことにしました。で、奇跡的に 偶然に出会ったのがこの家具です。

Img_0003_20200426103701

小ぶりで 収納スペースもある作業台です。なんとびっくり、想像していたイメージ通り。背面のデザインもぬかりなく、すっかりキッチンのイメージを変えてくれました。色は フレッシュなイメージの若草色で 新緑の清々しい風が吹いたようです。

お店のキッチンの雰囲気を変える 素敵な家具になりました。

| | コメント (0)

一人暮らしの食器棚。

本当なら 新社会人や学生さん、転勤などで 新しい暮らしの始まる時期です。でも、新型肺炎の影響で 人の移動を控えなければならなくなり そんな季節の出来事も 普通に送れなくなっています。なるべく人との接触を避け 一刻も早く収束させ、普通の暮らしを取り戻したいものです。

私もこの時期・・・30数年前 田舎から札幌へ出てきて 一人暮らしを始めました。必要最低限のものを買い揃えてもらってのスタートでした。鍋が一つと ワンプレートで使える大き目のお皿が一枚。あとは必要に応じて 買い揃えていきました。ちょとでも素敵な部屋にしたい という思いはあってもその頃は まだまだ具体像を描くことはできませんでした。その頃に いいものと出会えていたら・・・無駄に捨ててきたものが思い出されます。

ちょっと変わったキャビネットをリメイクしました。飾り棚が仕切られていて とても素敵です。元は本棚だと思うのですが 食器なども飾りがいがあります。単身の暮らしには 十分な大きさです。初めから 素敵な食器を使いながら 料理を楽しむなんて 若い方は少ないかもしれないけれど、初めから出来るのならば 将来の暮らしの具体像を思い描くことが出来るような気がします。

Img_0006

| | コメント (0)

より以前の記事一覧