懐かしいもの

一番のお気に入り。

古いものとの出会いは 本当に突然で、よくぞ残っていてくれました!と感動を覚えることも少なくありません。

毎年印象深いものがあるのですが 今年はなんと言ってもこの陶器のフィギュア。可愛くて一目ぼれして購入しましたが 調べても調べてもその正体は不明・・・見れば見るほど謎めいた存在です。

細工が細かく、何色もの色が使われていて 流れ作業で大量に作られた感じがしません。当然、職人さんの手作業による着色で 筆運びの苦労が垣間見られます。一つ一つ手作業だとすれば 気の遠くなるような工程を経て、作られたのだと思います。

最初は ただ可愛いと思って手に取りましたが よくよく見てみると、昔の内藤ルネさんが描く好奇心旺盛な女の子の表情のようで・・・カメラを構えた人に、そんな女の子が自身たっぷりに ポーズをとる一瞬を捉えたようで・・・手の表情も 足の開き具合も その一瞬を立体化させた職人さんのすごさを感じることが出来るのです。ただの陶器のお人形という風には 私には思えないのです。

それに、描かれている場面も面白く、興味を惹かれます。雨が小降りになるタイミングを見計らい、森へと きのこ狩りに出かけます。片手に傘を もう一方にはバスケット一杯のきのこを持って・・・しかし、そのきのこは どう見ても毒性のありそうなきのこです。いったい何のために・・・正体はわかりませんが 私には 内藤ルネさんの内面を写し出したもの・・・という感覚を拭い去ることが出来ません。男性でありながら 同姓のことを好きになる・・・現代でこそ そういう感覚を理解できる環境が出来つつありますが、60年ほど前の日本は それを異常なことと考える風潮が一般的でした。

自分の内面を知り、葛藤する姿は ルネさん自身 たくさんの作品で表現されました。若い男の子をコレクションする魔女のお話だったり・・・どこか陰鬱な印象を受ける不思議なお話です。その作品を発表する以前の段階では おおっぴらに出来なかったその感情を 可愛い女の子の人形で 間接的に表現したかったのかも・・・と推察できるわけです。カメラの前でポーズした一瞬・・・と書きましたが 本当はきっと、誰にも言わず たった一人の思いつきで出かけ、その時の秘めた想いを俯瞰から見て 自分を写し出した像・・・それが正解のような気がします。

そんな大げさなことではないかもしれない。それに、ぜんぜん違う人の作ったものかもしれない。正直、そんなことはどうでもいいのだけれど そんな風に鑑賞できるこのお人形は 私にとって大切な宝物となったのです。

古いものには いつも感心させられます。そんなことを思わせてくれるものって、本当のアートだと思うのです。今年一番のお気に入りは 大切なコレクションの仲間入りとなりました。

追伸、お店はイベント中ではありますが 明日、15日(水)はお休みを頂きます。

Photo

| | コメント (0)

昔のものは情緒的。

久々に すごく面白いものと出会いました。「ディズニータイム」という目覚まし時計です。

丸い形のものはたまに目にしますが この形は初めて。ひどく汚れていたので 動くかな・・・と心配しましたが きれいにして整備したら コチコチと動き始めてくれました。手巻きのゼンマイ動力ですが まる二日たち、割と正確に時を刻んでくれています。ムーブメントはSEIKO製なので おもちゃ的な感じがしないのです。

目覚ましの機構に 少し難がありましたが 調整すると驚きのギミックを見ることが出来ました。

おそらく、色んなシリーズで売られたものだと思うのですが(調べましたがどこにも出てこない)、今回出会ったのは 「わんわん物語」のキャラクターが描かれたものです。レディーがいて子供たちがいて、ジョックがいて・・・おや、と気が付きます。トランプがいません。開きそうな扉があったので この中か?と思ったのですが 無理に開けるのは壊しかねないと考え、整備を進めました。何とか調整し、目覚ましをかけてみました。すると・・・ジリジリとけたたましくなるベルの音・・・この音なら すぐ目が覚めそう・・・で、しばらくすると・・・扉の中から まるでびっくり箱のようにトランプが飛び出してくるではないですか!これなら ねぼすけでも 飛び起きそうです。で、扉の横の窓には トラスティが嬉しそうな顔をして トランプを見ています。なんとも 微笑ましい景色です。

ただの目覚ましに こんな付加価値を付けてくれるなんて・・・さすがに 昔の日本のもの作りは 情緒的です。飾るだけでも・・・と思ったのですが 当時のままの動きが見られるのはとてもいいものです。素朴なイラストや 家の形も素敵です。ミッキーのオルゴールとディズニーまんがこけしの白雪姫と並べてみました。どこから見ても 昔のものは情緒的です。

Photo

| | コメント (0)

窓からの景色。

古いもの好きの方には ご理解いただけることと思うのですが、古いものには 自分が幼いころの風景や景色を感じることが出来ます。それに 自分が何を思っていたかとか 感情を呼び起こしてくれる感覚が得られるのです。

○○風インテリアとか そんなくくりでは語れないものです。普段から 懐かしいものに囲まれ そのえもいわれぬ自分だけの思いに浸ることが出来る・・・そんな暮らし方は 誰でも出来ることではなく、まさに自分自身だけの暮らし方。自分の生き方そのものなのです。だから、ぞんざいに出来ないし、広く深くしていきたいものなのです。○○風インテリアは いつまで好きで居られるのでしょう。流行や 誰かの影響でインテリアを決めることほど 無駄なことはありません。自分を一番知っている自分自身が 気持ちよく暮らせる環境は 誰にも出来っこないのです。自分で作っていくしかないわけです。好きなものと出会い、いろんな物に触れ、自分を知ること・・・それこそが 自分流の暮らしを作っていける 唯一の手段なのだと思うのです。

私には 幼いころの大切な記憶があります。遠足や運動会の朝、「どうか晴れていますように・・・」と願いながら カーテンを開けて、てるてる坊主の下がった窓から見た 今にも降り出しそうで、降らなさそうな 微妙な空模様を眺めたときの気持ち。お小遣いが無くて、店の窓から眺めただけのおもちゃやプラモデルのうずたかく積まれた景色・・・昔の窓ガラスから見た景色は ガラスがゆがんでいて 何やらゆらゆらとした景色でした。きっと、今の子供たちには 分からない景色なのだと思います。それが 裸電球でキラキラ輝いて・・・えもいわれぬ景色だったのです。

だから、こんな古い窓に何かを感じるのです。

Photo_2

インテリアに取り入れるには 少し工夫が必要です。それでも お部屋に居ながら いつか眺めた景色に出会えそうで・・・どう取り入れようか・・・考えるのも楽しくなってくるのです。

| | コメント (0)

自分らしさ。

私は若いころ、「VAN」という洋服ブランドと出会い アイビーとかトラディショナルという洋服の考え方に感化され、以来 普遍的なものとして 自分のいろんな物に対する考え方の基本としてきました。どんな時代がこようと 変わらずにいることが大切なんだという考え方です。

いわゆる、毎年変わる洋服のトレンドの基本は伝統的なものをアレンジしたものに過ぎず トラディショナルを知ることは 何をどう着ればいいかという迷いを払拭することにつながるわけです。基本を知れば アレンジは自由ということです。

その基本を知るために 若いころはいろんな雑誌を読み、いろんなお店を見歩きました。その中でも トラッドの基本といわれる「Brooks Brothers」に 一番の憧れを抱き、いつか着こなせるようになりたいと思っていました。若造が簡単に手にできるような価格帯ではありませんし、何よりも 似合う年齢になればという壁も感じていて、いつか・・・いつの日か・・・と夢見て来ましたが、若いころの憧れはいまだ実現できず 暮らしに追われる日々というわけです。

でも、暮らしに余裕があれば(そんな日は来そうもありませんが) 躊躇無く着る準備は出来ています。店員さんの手を煩わせることなく 自分で好きなものを選び、アレンジしながら楽しみます。あ~ そんな日が来るのが 夢ですね。

で、若いころ頂いてきた パンフレットを大事に持ち続けているわけです。

Photo

1980年から1982年の古いパンフレットカタログです。復刻版ですがTAKE IVYもいい教科書です。

普遍的なものというキーワードで、スタンダードジャズにも出会いましたし、何よりも 暮らしを共にする素敵なものたちとの出会いもありました。自分のそんな考え方に ぴったりとしっくり来るものたちです。それが 懐かしく、温かみを感じられる古いものです。自分には 高尚なアンティーク・・・猫足の家具や、一級品は似合いません。着心地・・・いや 居心地が悪いのです。子供のころ見かけたような 気軽な古いもの。それがしっくり来るのです。

洋服も一気に揃えることは無理としても お気に入りの一品ずつなら、出来そうかな・・・そんな風に 一つ一つの出会いを重ねて 自分らしさの中で 暮らしていきたいと こいねがっているのです。

Photo_2

| | コメント (0)

お部屋のアクセサリー。

女性にとってのアクセサリーとは どういうものですか?

アクセサリー自体が綺麗で 美しいもので、そういうものを身に着けることで 自分を輝かさせ 自信を与えてくれるもの・・・私は 男なのでそういうものの見方しか 残念ながら出来ません。ファッションの表現方法の一部という役割もあるのでしょうが、見た目だけではなく・・・内面を輝かせてくれる役割が きっとあるに違いないと思います。

男にとってのアクセサリーは 腕時計ということになるかもしれません。語らずして 自分を表現する道具・・・そういう見方でもの選びをしたい。そう思います。

人目に触れることには 少なからず、そういう気配りみたいなものは 誰にもありますが そんな自分が暮らすお部屋には どんな気配りがあるのでしょう・・・お部屋にも 暮らしを彩るアクセサリーを・・・じっくり考えて 取り入れてみたいものです。 

少しずつですが新しい商品も入ったこともあり、お店の雰囲気を少し変えてみました。モダンな雰囲気を取り入れたい方には 見ていただきたいレイアウトです。インテリアにとってのアクセサリーとしての役割を きっと感じていただけるはずです。

なるほど・・・雑貨はお部屋のアクセサリーです。自分なりの表現を探し続けることは 大事なことだと私は思うのです。

Photo

| | コメント (0)

いい天気です。

急なお休みを頂き、ご来店くださったお客様には 本当に申し訳ありませんでした。

今日から また、日常に戻りました。これからも変わらぬ日々を 積み重ねてまいります。

色々思うこともあるけれど・・・とにかく、日差しも明るく 風も爽やか・・・いい天気です。

Photo

| | コメント (0)

お茶をさりげなく。

我が家には お茶・・・つまり日本茶を飲む習慣がありません。だから 急須も無ければ 湯飲みも無いのです。お茶といえば もっぱらコーヒーということになりますが コーヒーにもそんなにこだわりも無く・・・ゆっくりお茶を楽しむということが 出来ていない暮らしぶり・・・といわざるを得ません。

親戚などの家にお邪魔すると 卓上にはポットがあり、頻繁にお茶を飲んでいるようです。出されたお茶を飲み干したそばから ポットからお湯を注ぎ すぐにおかわりが出てきます。お茶を飲む習慣のある家にとっては ポットは必需品のようです。

今は すぐにお湯の沸くポットがあり、待たずにお茶がのめるのでポットの需要は昔ほどではないような気がします。そんな便利なものがまだ無い時代・・・昔のポットは いろんなデザインがあってとても華やかでした。カラフルで 絵柄も様々・・・選ぶ楽しさがあって インテリアに合うデザインが求められました。インテリアに合うというのは さらに重要です。だって、常に卓上にあるものですからね。ポットもインテリアの一部。昔の人は そう考えたのです。

昔のポット・・・いやマホービンと言ったほうがいいかもしれませんが デットストックで出会ってしまいました。しかも こんなに可愛いデザインで。うちは お茶を飲む習慣が無いけれど こんなデザインなら飾っておくのも悪くない。そう思ったりするほどです。

腰を落ち着けて、お茶とお菓子と会話を楽しむ。そんなさりげない日常に華を添えてくれそうです。

Photo

| | コメント (0)

夏はゆく。

今年の「夏のマルシェ」も終了しました。たくさんのお客様にご来店いただき、お買い物をお楽しみいただきました。新しいお客様との出会いもあり とても充実したイベントとなりました。ご来店くださったお客様、本当にありがとうございました。夫婦ともども 心より御礼申し上げます。

イベントの終了とともに 9月に入り、朝晩の肌寒さと吹く風は どこか秋の気配・・・夏は またゆっくりと 去ってゆきつつあります。過ごしやすい夏だった分 せめて残暑に期待しながら 季節を感じられるものを探し求めて歩こうと思います。

今日から通常営業に戻りますが また、ゆったりした時間の中で もの想う秋に似合う雑貨を探しにいらして下さい。

イベントの抽選会で 当選された「割引チケット」もご利用いただけます。有効にご活用下さいませ。

Photo

野生の熊がシャケをとる姿も 秋の風物詩です。そんな姿を こんなに愛嬌あるぬいぐるみにしてくれていたのです。昔のものは 本当に素敵です。

| | コメント (0)

タイムトリップ。

古いものとの出会いは まさに時間旅行を体験する感覚と似ています。実際には有り得ないことだけど 時間を越えての出会いは 知的好奇心を刺激してくれます。

昔のように 資料を探す手間も無く、今は インターネットで様々な情報や資料、うんちくを見聞きすることが手軽に出来るようになりましたので 居間でくつろぎながらそんな時間をお楽しみの方も多いのではないでしょうか。

ここでも 少し時間をさかのぼる旅へご招待します。

まずは大好きなミルクガラスから・・・。

薄めの黄色が可愛いパイレックスのリフのSとLサイズ。塗装が薄くなっていて 美品とはいいにくい状態です。ただ 刻印が今まで見てきたバックスタンプと 何かが違う・・・歴史あるパイレックスですから 何かヒントは無いものかと調べてみると・・・ヒントは Sサイズについていた蓋にありました。リフは 作られた年数も長く、蓋の形状で製造年数を判断できるようです。全体に縞の入ったタイプは 1950年以降の製造のようですが このリフの蓋を確認すると・・・全体に縞模様の無いタイプなので 1940年代以前の製造ということになります。古いふるいパイレックスだったのです。バックスタンプが酷似していることから見てもLサイズのリフも同年代だといえそうです。

はっきりは判らないけど 日本では GHQの占領下にあった時代か、戦時中だったのか・・・そういう時代のものです。少しの塗装が剥げてるくらいは当然か・・・そう納得させてくれました。一方、蓋のデイジープリントが可愛いシンデレラキャセロールは・・・1960年代前半に作られたようです。日本にも 輸入されるようになったのですが 製造年数が2年ほどだったので生産数は少ないとのこと・・・。戦後の復興を乗り越え、1964年の東京オリンピックの準備にあわただしかった頃のものでしょうか。

Photo

それから この柱時計・・・。どう見ても新品。タグもあるし、ピカピカですから・・・。でも、そのタグを見ると謎が深まります。漢字とカナ使いの表現が古い・・・それに、8日巻きって・・・通常、柱時計の進歩と共に 手のかかりにくいものが開発されていきました。1960年代初頭に 電池式の時計が発表される前の段階で 30日巻きが売られていたことを考えると 8日巻きって大正時代に売られていたものと同じ構造で、そんなことある?って感じなのです。

こればかりは 当時のカタログでもない限り、どんな時代に作られたものかを知るすべはありません。タグが無ければ 昭和30年代位・・・と判断してしまいそう。それくらい ピカピカ新品、デットストック状態なものですから。

古いもの好きの人は 大抵、タイムトリップして 当時売っていたものを買い占めたいと夢見るものです。できっこないことを夢見ちゃうものです。自分が 時間旅行できなくても、ある意味 もののほうが時間を旅して 私の元へとやってきてくれました。80年ほど時間を飛ばして・・・もしかしたら もっとの時間を越えてきたのかも・・・使われ続けてぼろくなって残っていたものとは違い、新品同様だから そう感じるのかもしれません。

Photo_2  

| | コメント (0)

戻れそうな気がします。

もうじきお盆です。帰省される方は そろそろ準備しなきゃという時期かもしれません。

昔なら 当たり前のように 「お盆は帰省するもの。」と考えていました。うちの場合、親と同居しているということもあり 田舎への帰省という行事そのものが 無くなって久しいのです。気が付けば 年齢を重ね 同世代の方には ご両親をなくされて・・・という方も少なく無く、当たり前の行事としての考えをあらためなければならないと 思い始めています。勿論、ご先祖様へのお墓へは お参りに行くけれど、親戚一同が 集うような そんな賑やかさや ご馳走に囲まれて 会えなかった間の出来事を 酒を飲みながら親に話すというような・・・そんなお盆は 遠い昔の出来事なのです。

でも、今でも脳裏に浮かぶのは 私がまだ小さい頃の お盆での思い出。

お爺ちゃんとお婆ちゃんの 「よく来んしゃった。」といいながら微笑んだ 優しい笑顔。
いつからそこに置いてあったのか・・・テレビの上の 「巨人の星」の飛雄馬のプラモデル。
いとこがまだ来ていない暇な間、屋根裏部屋で聞いた ウルトラマンのレコードの音。
外の池の深いところに かすかに見え隠れする 小さな金魚探し。
触ると 葉をきゅ~っと閉じるのが面白くて・・・おじぎ草いじり。

Photo

なんてことの無い日常にある出来事も お盆という特別な時だから 覚えているのかもしれません。どうしてもこの時期、もう一度 あの頃に戻ってみたい・・・と叶わぬ無駄さを知りながら、あの場面へと 心を飛ばします。そっと 静かに目を閉じて、柱時計の音に耳を傾ければ・・・幼かったあの頃に 戻れそうな気がしてくるのです。

Photo_2

帰省される方は 子供たちにいい思い出を・・・そして ご自身も忘れえぬ素敵な思い出を持ち帰ってきてください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧