食器

家族、それぞれ。

昨年、大学に入った娘は 無事 進級できるとのことで 今は 長い休みをエンジョイ中。でも、ほとんど家にいることもなく 毎日どこかへ出かけ、バイトにいそしむ毎日を送っています。サークル活動に盛んに参加し、いろんな人に出会い 様々な意見に触れ、色んな経験をつんでいるようです。親としては 勉強はしなくていいのだろうか・・・とふと考えたり・・・。今までの学生生活との違いに 戸惑う気持ちも無くはないこのごろです。

いろんな人との出会いは 彼女の人格形成にとって大切なことです。周りの環境が彼女の本質に影響を与え、肉付けされて 自分の考え方を持った大人へと成長させてくれるものと思います。今は 人生においてそういう時期・・・好きなことに没頭させてあげることが 大切なんだろうと思うようにしています。が・・・

自分の意見を持つことは 大事!と思いながらも、この方がいいんじゃないかという親の意見をよそに 我を通すような方向へ向かう様を 決して喜ばしく思えない自分もいるのです。親と子という立場の違いや 年齢(経験)の違いから ささいな衝突(自分が思っているだけかもしれない)が 起こってしまうことを私自身 若干の戸惑いと感じているのです。

でも、親の言うことが絶対正しいなんてことはありません。それに 聞く耳も持たず、相手にされないというもどかしさがあるというわけでもありません。ちゃんと話し合い 納得できる結論に向かうようにしています。

でも、この戸惑いは 何なんだろう・・・。

世の中には 煮え切らないことが山のように存在します。国同士の中にも、政治の中にも、ましてや 最小の組織、家族の中にも それは日々あるのです。違う考えを持った人が集まるだけで それは生まれます。どこかで それぞれが折り合いをつけて 何事も無いかのように日々が重なっていくのです。なぜ、話し合うのに煮え切らないのだろう・・・。

思うに、そこに “同意”というものがあれば おそらくは ほとんどの場合、すっきりとするのではないでしょうか。でも、ほかの意見に同意するって 案外難しいものです。何も考えが無いのであれば簡単です。違う意見がある場合ってのが 難しいのです。

意見が違うからといって それは違うといってしまうだけで 相手を否定することになる。お互いに そう慮るからこそ 本当の意味での同意を得ることが出来るわけです。たとえ 思った方向に行かなくても 同意が得られれば、同意をすれば すっきりするわけです。きっと 難しいことじゃなくて 「そうだね。」と飲み込んでくれて、その後に 「でもね。」って
やり取りがあるだけで すっきりとするはずだと思うのです。

たとえ家族だって それぞれ考え方が違うのは当たり前、むしろそうでなきゃ困る。でも、肝心なところでは お互いに 「そうだね。」って 言い合えるのがいいのだろうと思うのです。すごく難しいのですけれどね。

Photo

| | コメント (0)

心惹かれて。

春の嵐は この冬一番の大雪を連れてきました。気温が高いせいか重くて 除雪が大変です。ひと段落して パソコンに向かっていますが ゴ~っという風の音とともに 横殴りの雪が伴って、また雪はねか・・・といささか うんざりモードになっています。

こんな日に お客さんが来る気配もなく、それでも お休みで無い限り 休むわけにもいかず・・・一日まったり・・・という日も少なくありません。そんな日は ゆっくりと調べ物をしたり、趣味に関するホームページなどを見ながら時間を過ごします。そんなときには やはりコーヒーが欠かせません。で、 先日 グラスベイクのマグをお店用に買いました。使うには影響はありませんが 少しかけがありお安く出していたものでした。グラスベイクのマグは たっぷり入るので そんなまったりする時間にはぴったりなのです。

インスタントコーヒーを多めに入れて、お湯を注ぎます。ミルクガラス特有の透ける感じに ぐっと来ます。アメリカのドーナツハウスの景色がコーヒーの色合いで リアルに浮かび上がってきて・・・そんな たいして美味しくも無いコーヒーが 少し特別になったような気がしてきます。それこそが ミルクガラスの魅力なんだと 再認識するのです。

いい時間を一緒に過ごす素敵なお伴・・・そういうものに心惹かれるのです。

そんな心惹かれるミルクガラスがアメリカより届きました。ファイヤーキングのミキシングボウル LLとSサイズの五個セット(セット販売ではありません)です。箱入りのデットストックでの入荷です。

赤からオレンジのグラデーションがとても綺麗です。でも、興味のない方には ただの派手な色の食器です。普通、赤い食器が食卓に上ることなどまず無いでしょうから。でも、私には 見た瞬間、ある光景が目に浮かんできたのです。

ずいぶん前ですが あるお店に行った時のこと・・・裏庭へと導く看板があり、見に行ってみました。そこは 苔むした岩があって 和風の庭園という感じでした。道に沿って歩いていると ぽつんとその花が咲いていました。か細い茎が4~50センチほど伸びていて そのてっぺんにソフトボールぐらいの大きな花が咲いていました。その か細い茎とは対照的な大きな花は そよ風に揺れて・・・それでも折れてしまうような弱々しさもなく、すぅ~っと背伸びするような感じで 立っていたのです。それが なんとも神秘的で とても素敵でした。

かみさんに 「この花なんていうの?」と聞いたら 「オリエンタルポピーじゃない。」って答えてくれました。それ以来、私の好きな花は?と聞かれたら 「ポピーです。」と答えようと思ったのです。男の私に 聞く人などいませんが・・・。

ただ、うちの庭にもあるのですが その時目にした光景とはどこか違い、その時の神秘さを感じることが出来ません。あの環境で 咲いていたからこその美しさだったのだと思います。

この赤のグラデーションの食器が いつでも あのポピーの咲く景色へと誘ってくれる・・・そう思えてならないのです。ヴィンテージでちょっと珍しいからとか、可愛いからとか、そんな理由から好きなわけではありません。興味の無い方にとっては 派手な食器でしかないかもしれませんが 私にとってこの食器は 好きな時間へと導いてくれる素敵な道具なのです。

ゆらゆらと心惹かれて・・・また 欲しくてたまらん気持ちが騒ぎ出しています。

Photo

| | コメント (0)

意外と大事。

私が大好きだったカフェは 今はもう無く、記憶の中だけの大切な場所となっています。
このブログでも何度もお話してきましたが その店の調度品、音楽、置いてある雑誌、食べ物、スタッフさんの佇まい・・・そこで過ごす時間・・・すべてがお気に入りでした。一つ一つ違う椅子も 古いテーブルも、使い込まれたからこその雰囲気・・・それが いい時間を運んでくれていたのだと思います。
おおむね、見渡すと どんなお店でも その雰囲気は伝わってきます。でも、案外 小物の一つ一つにまで 配慮を感じることは そんなにありません。食べ物屋さんであれば 食べものが美味しいことが一番かもしれませんが お店を気に入る要素としては メニュー以外のことにも多分に配慮している・・・そんなことで そのオーナーさんの思いを受け取ることで よりそのお店に行きたくなるという気持ちにさせてくれるわけです。食べ物が美味しいだけじゃない。お気に入りのお店は そんな風に 心に浸透してくるのです。
食器にこだわったりするのは 高級なお店だったりします。でも、どんなお店でも おざなりにして欲しくはないな・・・と思います。せっかくの時間を過ごす場所として ゆっくりもてなすことを目指すお店であれば せめてもの表現の一部ですから。物言わず語ってくれるもの・・・やはり 大事な気がしてなりません。
ただ、大好きだったお店は 料理が運ばれる前の テーブルの景色さえ素敵に感じました。ガラスの小瓶に 無造作に 道端に生えていそうな小さな花が活けてあり、カフェではお決まりの 砂糖入れや塩コショウのボトル、そして 灰皿までが そのテーブルに似合っていて、運ばれてくる水の入ったグラスにも 共通する雰囲気を感じることができたのです。注文した料理を待つ間、煙草を吸いながら 汗をかいたグラスの向こうに 見え隠れするその テーブルの小物たち・・・。こういう店主さんの気遣い・・・というか 趣味というか そういうものに触れて初めて、自分にとってのいい時間が流れていくのです。
料理が美味しいのは当たり前の条件だとしても 通いたくなるお店に私が求めるのは そんな小さな気遣いだったりするのです。テーブルの上の小物たち、どんなテーブルにしたいかのイメージを決めるのは 案外、食器も大事だけど そういう小物たちのほうが 意外と大事なんじゃないかと思うのです。

それはお店だけじゃなく 自分が暮らすテーブルにも同じことがいえる気がします。こんな小物でも自分らしく選びたい。そんな風に思うのです。

Photo

追伸
2月のイベント「冬のマルシェ」も28日までです。メンバーズカードをお持ちいただき お得にお気に入りを見つけにいらして下さい。

| | コメント (0)

探求のお伴。

毎日の暮らしの中で いろんな場面で欠かせない飲み物は コーヒーです。私は 豆や入れ方にこだわりは無いので、インスタントでも何でもかまいません。ただ、朝飲むとき以外は ちょっと特別感のある飲み物だと思っています。

例えば、何か調べ物をするのに 本を読むときや 知識の無い興味の引かれるものに出会い、知りたい!と好奇心を刺激されたとき。そんな場面に コーヒーは欠かせない飲み物だと感じているのです。

本当は その深い香りや味わいにこだわれれば もっといいのでしょうが、コーヒーに関しては そういう気持ちが湧いてきません。残念ながら。それでも 好奇心を高めるのに大切な お伴としてのコーヒーが好きなのです。

ただ、そんな場面では コーヒーそのものよりも 読みたい本にあわせて カップを選ぶことにはとても興味があります。あったらいいだろうな・・・そう思っているのが このカップです。

Photo

1950年代から60年初め頃まで製造された ファイヤーキングの「ゲームバード」というシリーズのマグとクリーマーです。鳥好きの方の間で人気・・・と言うことらしいですが 私は 少し解釈が違います。ゲームバードとは 狩猟の対象として重要な鳥類という意味らしく、古くから 狩の対象として狙われた鳥類な訳です。人が生きる営みとして狩猟というものがあり、それは 後に欧米の紳士のスポーツ・・・というか 限られた人の趣味的なものへと捉えられるようになりました。決して 狩猟に憧れるとか、やってみたいとか そういう気持ちはありませんし、狩猟する人の気持ちを理解できるものではありません。でも、その背景を思い描くとき、軽い遊び心とか 理性を取っ払ったものでないことを想像します。そこには 男たる紳士たる物腰というものを感じるのです。

狩猟に出かけるときのいでたちは エルボーパッチの貼られたノーフォークジャケットに ハンティングキャップ、足元は 編み上げのハンティングブーツと 伝統的なファッションに身を包むという紳士の作法がありました。それが 後にメンズファッションとして 確立され現代に至っています。それらのアイテムも 本来の姿を変えた解釈で 伝わっており、現代では何でもありの男服になってしまいました。ハンティングキャップは ハンチングと言われ、編み上げのハンティングブーツは アウトドア用のお洒落アイテムへと変わってしまったわけです。

当時においても、狩猟と言うのは一般的ではなく 一部の紳士のたしなみでありました。でも、メンズファッションに 取り入れられたのは 何でもありになってしまったファッション(昔にもそういうことがあったのです。)に もう一度伝統的な 紳士たる身だしなみを・・・と取り入れられたものでした。当然、狩猟に出かけるためではなく スポーツ観戦や T・P・Oに合わせるためのアイテムだったのです。トラッドを扱うお店のディスプレー小物にデコイが飾られていたのもその背景があったためです。

伝統を守り、それを現代ファッションに取り入れることは 繰り返し行われてきました。でも、その背景を知っているのと 知らないのでは あまりにも違いが生まれるのです。それこそ、今 そんな格好をしようものなら 時代錯誤もはなはだしい。と指を指されかねませんが 私は一向に構いません。出来るものなら そういう場面では そういう身だしなみに身を包みたいのです。(でも、悲しいかなそんなメンズファッションのリバイバルは もう絶対に来ないでしょう。)老舗のバーに出かけ、「おや。今日はスポーツ観戦の帰りですか?」などと バーテンダーとの会話を楽しみたいのです。

そんな事を思いながら、読む昔の雑誌や本のお伴には コーヒーが欠かせないのです。ツイードのジャケットとゲームバードのマグカップ。選ぶ背景には そんな意味があるのです。

| | コメント (0)

そんな風に選べたら。

昨夜、テレビがあまりにも興味のないものばかりだったので リビングのポータブルプレーヤーで レコードを聴きました。

さて、何をかけようかと レコードを選ぶのですが 出しては仕舞いを繰り返すうちに、好きなレコードばかりのはずなのに 「今聴きたいもの」となると案外見つからないのです。家族も揃っていたので せっかくなら聞かせたいものを選ぼう・・・ただ自分が聞きたいというだけのものではないもの・・・2枚ほど選んで 針を落とします。30年ほど前に買ったレコードが 決していい音とはいいにくいポータブルプレーヤーのスピーカーから聞こえてきて・・・若い頃の感情が ふとよみがえってきます。何故この唄が好きになったのか・・・今も変わらない思いで 聴けること・・・いつでもそんな感情に触れられること・・・これからもずっといつまでも・・・。そんな風に思いながら音楽を楽しみました。

心に残る音楽・・・初めて聴いた時の気持ちを思い起こさせてくれるもの・・・そういうものはとても少ないけれど 人生の折に触れ、必ず存在します。出会えたことの喜びは きっと その時の感情を閉じ込めて置けるもの・・・。そう 思うのです。

音楽だけに限らず、暮らしを共にする道具も そんな風に選べたら・・・きっと素敵だな・・・そう思うのです。

Photo

| | コメント (0)

夢の途中。

いよいよ今年も暮れようとしています。今年も ご来店頂き、お買い物をお楽しみくださった皆様 本当にありがとうございました。夫婦ともども、心より御礼申し上げます。

お店も11周年を迎え たくさんのお客様との出会いがありました。ちょっと見の人には ご理解いただけない ちょっと変わった雑貨屋が今なお、こうして続けていられるのも 「何かおもしろいものないかしら・・・」と 御自分の価値観で暮らしの道具を選び、普段の暮らしを楽しく彩りたいという想いを膨らませていらっしゃる 一握りのお客様のおかげです。

私たち自身が 暮らしの中の雑貨というものの大切さを感じ、その大切さを共有してくださるお客様と少なからず出会えたことは、ただ雑貨を販売するお店では出来なかったことのような気がしています。お伝えしたいことを受け止めて、自分なりの考えを持って 行動してくださることに 私たちは 本当の喜びを感じます。それぞれの暮らしの中で 活かしてくださる雑貨・・・そういうものをお届けしたいのです。

私たちも素敵な雑貨のある暮らしを始めて ずいぶんと年月も経ちました。でも、自分たちが思い描く、理想の暮らし・・・そこに到達できる日は まだまだ先になりそうです。完成などないのかもしれません・・・。それでも そこに近づくために、まだまだ素敵な雑貨探しは続きそうです。そう・・・まだまだ 夢の途中なのです。

今年も今日が仕事納め。来るべき新しい年には いったい何が待っているのでしょう・・・。どんな素敵な出会いを重ねていけるのでしょう・・・。今から その出会いにわくわく心が躍ります。どうぞ 新しい年も変わらぬご愛顧よろしくお願い申し上げます。皆様に 良い年となりますよう 心からお祈り申し上げます。

新年 初売りは 1月4日(木)9:30~18:00 です。
しかしながら、今年は チョコホリックの商品がご用意できず、恒例の福袋を作ることが出来ませんでした。なので 福袋の販売はございません。でも、新年の初売りに お楽しみいただけることはないだろうか・・・と考えた結果、特別なものをご用意しようと思いました。

それが ファイヤーキングなどのアメリカのヴィンテージミルクガラスのマグカップです。新しい年を 新しいマグで、コーヒータイムのひと時を楽しんでいただけますように・・・という思いを込めて・・・。できる限りの数をご用意しましたので お好みの一品をあれこれ迷いながら 見つけていただければと思います。そして、うちのお店では 2度目のご紹介なのですが 素敵なケビント(医療棚)が入荷しました。嫌なにおいもなく、状態もとてもいいものです。このケビントに マグをずらっと並べて・・・う~ん。素敵です。是非、お気に入りの一品を見つけてみてください。

Photo

| | コメント (3)

食器も大切。

いよいよクリスマスです。準備のほどはいかがですか?プレゼントに チキンに、ケーキに 献立に・・・色々と大変です。

でも、それだけではありません。せっかくの料理を 素敵に演出してくれる食器も大切です。

うちは 季節問わずガラスの食器を扱っています。ガラスの食器は 夏向きなイメージがありますが そうではありません。キラキラする季節こそ ガラスの食器の出番なのです。

普段から素敵な食器をお求め頂いているお客様には 腕前を存分に発揮して素敵なテーブルにしてくださることでしょう。うちも、時々食卓に登場する 大事な食器の出番です。華やかですよ。

お料理も大切。そんな気持ちのこもった料理を盛り付ける食器も とても大切です。クリスマスの夜を素敵に彩る食器にもの足りなさを感じたら・・・どうぞ、見にいらしてくださいね。

Photo_3

| | コメント (0)

愉快なテーブル。

11周年のイベントも残り一週間となりました。記念のプレートも残り少なく、いつもお世話になっているお客様への 感謝の気持ちをお伝えできたことを本当にうれしく思います。

ここ数日、仕入れに奔走し 面白いものと色々出会えました。食器好きなので どうしてもテーブルに関連したものが 目に入ってしまいます。それは 普通の感覚とは少しかけ離れている・・・と そんな風にも思ってしまいますが こんなに面白いものが 生まれた時代を想像するだけで 好奇心は こちょこちょとくすぐられるのです。

世の中には 可愛いものや素敵なものが それは 過多というぐらいあふれています。でも、そのほとんどは 大量消費を見越して作られたもの。私自身は そういうものに興味を引かれることはありません。でも、中には 作り手の意思や意図が感じられて 「あ~愉快!」と思えて いいものも存在します。現代では そういうものは少ないと感じるのですが ちょっと時代をさかのぼることで 面白い?いや 実に愉快なものと出会えてしまうのです。時代ごとに 考え方の違いが在るゆえのことです。

私、娘が 小さいころから 読んだ本や映画を どんなものだったか教えてと問いかけてきました。期待したのは どんなお話で、何を思ったのかを聞くためで、何に視点を当てて どんなことに惹かれるのかを知りたかったわけです。「面白かった。」と一言で 済んでしまうのは それまでの作品だったと知るだけで、それほど心動くものではなかったのだろう・・・。と解釈しています。それでも、自分が好きなものを 相手にも知って欲しいと思えるものは きっと、その良さを知ってもらうために あらゆる言葉や感性を駆使して、何を感じたかを伝えることが出来るに違いないと思うのです。

私自身も 感想を聞かれるのは苦手でした。あらすじを追うのが精一杯・・・でも それではいけないと思い、自分の思いを伝えるすべを探し続けています。様々な 心動かすものと出会い、その都度 心にとどめていく・・・そういう繰り返しが 自分を作っていくことになると思っているのです。

いつか、大人になる娘と お酒でも飲みながら、好きな本や映画や音楽の話で 囲むテーブルは きっと愉快なものになるに違いありません。会社での愚痴や世間話で 囲むテーブルにはなりたくないのです。

だから、そんな気分を守り立ててくれる食器や テーブルを演出してくれる雑貨は とても大切だと考えます。そのテーブルゆえの 愉快な話題というわけです。

考えてみれば、“愉快”という言葉自体 会話では一切使うことなどありません。おもしろく、心が浮き立つこと。それが 愉快の意味。心が浮き立つような おもしろいテーブルを囲んでの食事。それには 興味深い話が必要なのです。

Photo

ガラスケースに並んだ 古い食器たち・・・オールドパイレックスのデイジー柄のキャセロールにメインのおつまみをカスタードカップに取り分けて、花柄のグラスに好みのお酒を・・・ファイヤーキングのフレンチキャセロールには ちょっとつまめる野菜が盛られ、ドレッシングとマヨネーズの入ったきのこのポットで 好きに味付け。さっぱり食べたい人は塩でいきたいね~。という声に応えて登場するのがたこの形のスパイスボトルという訳。実に 愉快なテーブルで、実に愉快な会話が楽しめそうです。 

| | コメント (0)

近くに。

脚の折りたためるテーブルといえば ちゃぶ台などが思い浮かびます。昔の暮らしには 欠かせないものだったに違いありません。

日本家屋は狭く、現代のダイニングなど無い時代です。家族が多ければ 茶の間に布団を敷いて寝るなんてことも珍しいことではなかったのではないでしょうか。ご飯を食べて、家族が集まっての団欒の中心には ちゃぶ台があったはずです。でも、寝る時間には脚をたたんで 立てかければ 寝るスペースが簡単に出来たわけです。出来るだけ置き場所に困らないように・・・脚をたためるテーブルがあったのです。

洋風家屋が当たり前となった現代、このようなテーブルは必要ありません。一人暮らしのワンルームでない限り、リビングと寝室は別なはずです。置きっぱなしのテーブルで食事をするのが当たり前だからです。そんな現代だから あえて、おすすめできる理由があります。

日常の食卓は食卓として必要だけど、今日は ちょっと趣向を変えて・・・和室に置いて、座布団をしつらえ 熱燗で一杯・・・。普段のテーブルの距離よりもぐっと近くに感じられて・・・普段とは違う食卓になりそうです。

Photo

| | コメント (0)

意気に感ず。

先日、ショッピングセンターの食器売り場を覗いてみました。どんな食器が普通に売られているのか気になったからです。

一番目立つ場所には コレールが飾られていました。耐熱食器もたくさんあるのですが なんか素っ気ありません。デザインは豊富にあるので 使い勝手は良さそうですが 古い耐熱食器を知る私にとっては 素っ気無く感じるのです。

耐熱ガラスの業界を取り巻く環境も 昔とはすっかり変わり、パイレックス・コレールに関しては輸入品となり、長らく日本のパイレックスを作ってきた会社は 独自路線のラインナップで作り続けているようです。

コレールは いろんな柄物が作られ 現行品でもお好きな人が多いのではないでしょうか。キャラクターがデザインされたものもあり、行事にあわせて選びたくなる・・・そんな工夫を垣間見ることが出来ます。でも、時代の空気がそうさせるのかどうか分かりませんが 私には 断然、昔のデザインのほうが素敵に思えます。キャラクター人気で 食器が売れるとしたら・・・それは あくまでもキャラクターに頼った もの作りとしか思えないのです。長く愛される定番食器なのですから 独自のデザインで、いい食器として人気が出るような努力をするほうが私はいいと思えるのです。

いろんな暮らし方があり、いろんなインテリアがある。好みも様々で みんなに人気が出るものなど食器の世界では存在しません。だからこそ、インテリアの世界とリンクして それに似合うもの作りをしたりして時代を作っていく・・・そういう挑戦の歴史の連続があって、この先があるのだと思うのです。かつてのものには そんな心意気を私は感じます。10年後、20年後も 使ってもらいたい・・・そんな心意気です。

私たちが大好きな食器も 誰しもに好かれるものではないことは重々承知です。でも、暮らしに合わせ、もし食器を選ぶなら やはり私たちは昔のものを選びます。昔の人のもの作りを、意気に感じるからです。

Photo

| | コメント (0)

より以前の記事一覧