食器

夏のパスティーユ。

新型肺炎が治まる気配を見せず、心配な日々が続いています。お盆の帰省をすべきか・・・迷っている方も多いことでしょう。今年は 我慢すべき時・・・私個人としては そう思います。家族が集まって 楽しく過ごせる時期なのに・・・見えない脅威は 本当に怖いものです。でも、今年の夏は 今だけ。この夏をいい思い出にするために、慎重に そして思う存分楽しみましょう。

さて、お店は いつにも増してのんびりしています。そんな中でも、面白いものがどんどん入荷し そういうものからお嫁に行ってしまっています。毎日忙しいさなか 貴重な時間をお使い頂き、お店を覗いて下さるお客様の所へ・・・・・とは言っても お客様の好みは人それぞれ、きっとお好みいただけるものが お客様をお待ちしていることでしょう。

今現在・・・夏真っ盛りのパスティーユの店内の写真を数枚ご紹介します。お時間の許す限り 隅々までご覧ください。

まずは キッチンコーナー。赤やオレンジのポップで華やかなキッチングッズをご覧ください。

013_20200808113401

背の高い本棚も入荷しました。しっかりリメイクしてご提案します。本来の使い道は勿論のこと、食器や小物を並べても素敵です。

011_20200808113601

どっしりしたソファがあったコーナーは シックにコーヒーテーブルを置いて・・・カフェチェアはよそ行きの気分が味わえます。

002_20200808114001

長いベンチは 夕涼みにぴったり。下町で見た 近所のおやじが将棋を指しながら、ビールを飲んだり あーでもないこーでもないと 世間話に花咲かせ足りする場面・・・今では 考えにくいけど、“暮らしがある”って感じがして 憧れます。ウッドデッキに置くのが 今風でしょうか。ビールに枝豆、スイカが似合います。

009_20200808115001

そして、一番奥の棚には 大好きなファンシーなものを閉じ込めて・・・子供の頃の風景が 脳裏に浮かびます。くすんだ色合いのタンスもいい感じ・・・懐かしいくまのぬいぐるみは 数十年前のものとは思えないくらいピッカピカです。

005_20200808115201

今年の夏のパスティーユは こんな感じです。「何かいいことありそう月間」で 何かいいものに出会いにいらしてください。

| | コメント (0)

いい朝を・・・。

生きていれば 人は必ず何かしらの悩みがあり、気の重くなる事態に見舞われるものです。毎日 のほほんと生きていける人は稀な存在ではないでしょうか。だからといって その問題にとらわれることなく 前を向いて生きねばなりません。生き生きと輝いてこその人生ですから。

こんな重い話から始まりましたが 特に何があったというわけではありません。そういう悩みを持ってこその人生。少なくともそういうものを持ちながら、きっと人知れず 頑張っている人がたくさんいるんだろうな・・・と ふと、思ったのです。

気持ちよく起きられる朝は 特に大切だと思います。「今日も一日頑張ろう!」と思えるが故です。こじ付けではありませんが 大好きなミルクガラスの食器には そんなメッセージが込められたものがあります。目の覚めるような ポップで鮮やかな色合いの花がプリントされています。このシリーズは 「DAY BREAKER」といいます。day breakeとは夜明けの意味で、つまり 夜明けを迎える人・・・早起きをする人とタイトルが付いているのです。この鮮やかな 花のマグで目覚める人ってどんな人なんでしょう。多少のことに気をとられず 「今日も張り切っていくか!」っていう意気込みで 一日をスタートする人って感じがするのです。

同じ時期に作られたのかと思っていましたが それぞれ違うバックスタンプが刻まれており、長い期間作られたのだな・・・と感じます。一番古いのが 黄色と赤の花で1960年代。次に 黄色の花が両面にプリントされているタイプで1960~1976年。オレンジとブルーのプリントは ファイヤーキングブランドが無くなってからの1977年以降と 最初に登場してから20年ほど長きに渡り作られ続けたデザインなのです。朝を元気に迎えたい!と思う人たちに 支持されたのではないかと思うのです。そう思わせるほど 早起きは生きるうえで大切。みんな 頑張らなきゃ!って思いながら生きてきたんですよね。そんな意味が込められた たかがマグカップを 素敵だと思わずにはいられなのです。

そして、そんな寝起きのコーヒータイムを優しく包んでくれる大好きな椅子も入荷しています。秋田木工のウィンザーチェアです。曲げ木の柱が背中を優しく包んでくれるホールド感は 他の木の椅子ではなかなか感じられないのです。塗装のはげがあり、あまり状態が良くないのですが 緩みも無くしっかりしているので、このままの状態で古い家具をご理解いただける方に・・・。

明日は 月に一度のお休みです。すっきり起きて いい一日にしたいと思います。

004_20200707121001

| | コメント (0)

男目線。

雑貨店のお客様は ほとんどが女性の方。でも うちはご夫婦で 雑貨選びをされる方も多く、嬉しいことだなぁ。と思っています。

一緒に暮らしていれば 「家の中が楽しくなるほうがいい。」と私は 昔から思っていました。それぞれの思いを組み合わせて、それぞれが暮らしを楽しむことが出来たら・・・家は そうあるべきと。

でも、ほとんどの男性は 雑貨などに興味を持つことも無く、女性の趣味の中で暮らしている。そして、新しいものが目にはいったりすると 「また買ったの?」と少し 皮肉を込めて言ったりする。そんなことなら 一緒に楽しくもの選びに参加すればいい。と思うのです。

だから 少しでも興味を持つことから初めて、少しずつ 意見を言ってみる。それを悪く捉える女性はいない気がするのです。もしくは 女性の趣味嗜好に 自らが理解を示し 同じ嗜好になるようにすることです。そうすれば お家時間は きっといい時間になるのではないでしょうか。

男性ってむしろ 凝り性だったりすることも多いので、逆に 女性よりも深く掘り下げたりするものです。自分だけの趣味であれば 理解し合えなくても、共通の趣味であれば 歓迎されるのかもしれません。

意外と、男性コレクターの多い アメリカンヴィンテージの食器・・・ミルクガラスのマグが久々にたくさん入荷しました。嬉しい事態です。またこうして ちょっとだけ珍しく 可愛い食器をご紹介できるのですから・・・。

花柄やポップなプリントは どこか懐かしさに溢れ、一息入れるコーヒータイムに彩を添えてくれます。うちでも やはり女性の方に見ていただく機会が多いのですが 今回は 男性目線で仕入れてみたものがあります。

006_20200704145701

ブルーの色合いが印象的なマグです。スーパーストライプやグラデーションのタイプは 男性に好まれてもいいデザインです。ソーダマグは 炭酸を飲むのに適した形。ビールを飲むのに良さそうです。ブルーの朝顔なら 朝の目覚めにぴったりでしょう。

リメイクしたての 新しいキャビネットに合わせて、飾りながら 使いながら・・・いかにも女性好み・・・とならないところが 私的には好みです。一緒に暮らすのですから 意見を出し合って 暮らしが素敵になっていく・・・。それが理想だと 私は思います。男目線も 時には大事だと思うのです。

| | コメント (0)

いつもの食卓。

憧れから集め始めた ミルクガラスの食器たち・・・一番最初は パイレックスのシンデレラボウルのデイジーでした。やはり お値段が少し高めだったので なかなか普段使いする気分ではありませんでした。飾って眺める。それが普通で その魅力を知るたびに新しいものが増えていき そのうち飾り棚を飾る立派なコレクションになって行きました。

でもお店を始めて 大好きな食器を扱えるようになってくると、使うことの大切さを知り、お伝えしていかなければと思うようになりました。勿論、雑に扱うってことではなくて 長く大切に使うってことです。食卓が華やかに、簡単料理が少しだけ魅力的に・・・そんないつもの食卓を素敵にしてくれるのです。

今は なかなか仕入にも苦労するものですが これからもご紹介していきたい食器なので 何とかしなければ!と考え中です。

アメリカの食器に限らず 古い食器はそのデザインも雰囲気も個性的で 素敵な食卓を演出してくれます。そういう食器たちを使うことが いつもの食卓をちよっと素敵にしてくれるに違いない。と思うのです。

022

| | コメント (0)

積みあがった先に見えるもの。

お家時間が長いこの期間、家の片づけをされる方も多いと聞いています。不要なものは処分して すっきりと・・・それもいいかもしれません。暮らしていれば どうやったって 不用品がなくなることはありません。気分次第で 欲しいものが変わってしまうが故の結果です。でも、なるべくなら 捨てるには惜しいものだけを選んでいけるようになりたいものです。そういう目を持ちたいものです。

常々、暮らしは積み重なるものだと 私は思っています。愛着の湧く ものとの出会いを重ねることで 自分の暮らし方が見えてきます。誰の真似でもない 自分だけの暮らし方です。何一つ無駄にせず、ずっと一緒に暮らしを共にする・・・そのために いい出会いを求めて歩くのです。

お店には 様々なものがあります。でも、趣味嗜好は偏りがちですが そんな癖のあるものほど個性があって楽しめるのではないかと思います。その一つ一つを組み合わせることは 足を運んで、自分の暮らしを見つめるお客様にしか出来ないことです。お店の中には そんな醍醐味があるのだと思っています。

随分前に、アンカーホッキングの”リフレッシュメントセット”なる ピッチャーとグラス5個セットと出会いました。アンバーのガラスに色とりどりのボーダーがプリントされた 少し モダンな雰囲気漂うグラスウェアーです。夏を迎えたら 重宝しそうなセットだったので 売れるとしたらずっと先かな・・・と思っていました。で、こちらも少し前に出会った 2人の暮らしにちょうどいい広さの ダイニングテーブルです。脚の曲げ木が特徴的な 秋田木工の古いテーブルです。モダンな雰囲気は シックな装い。天板のグレーで書かれた細かな模様もいい感じに・・・リフレッシュメントセットにぴったりです。何故すぐにご紹介しなかったかというと、それは いい椅子がなかったからです。そして、ついに昨日・・・素敵なカフェチェアーと出会いましたので 合わせてのご紹介となったのです。

高級デザイナー家具で 知る人ぞ知る、IDEE製のカフェチェアーです。ぐらつきも無くしっかりとしていて 座り心地もとてもいいです。何より、このスタンダードなデザインは 置いてあるだけでお部屋のアクセントになります。これで、ようやく 思うような形でご紹介できました。わたし的には 凄くいい感じに組み合わせできて 大満足です。でも、気にいってくださる方が現れるかどうかは 別問題。一つ一つ欠けていっても それは仕方の無いことです。全部いっぺんにいかがですか?とは言えないからです。

好きなものを一つ一つ積み重ねていくことが大切です。お店のものを組み合わせていくことも 時間がかかるということだったりするのです。積みあがった先に見える あなたの暮らしの景色とは どんな素敵な景色なのでしょうね。

007_20200508145001

| | コメント (0)

思いもよらないものでした。

かつて、日本が高度経済成長を成し遂げた時代に いったい どれぐらいのものが国内で製造され、消費されたのでしょう・・・懐かしいものを辿っていると ふとそんな想いが頭をよぎります。だって、これだけたくさんの古いものと出会う日々を30年も続けているのに いまだに 初めて出会うものがたくさんあるからです。子供の頃のことで そういうものに興味が無かったので お店に行っていたとしても記憶に無いのは仕方ないのですが 田舎のお店にも そういうものがたくさんあったことは 間違いない事実ですし・・・それが 田舎の商店ではなく 大きなデパートや専門店だったとしたら・・・見たことの無いようなものが 山のように売れていったことでしょう。

それだけ、全国津々浦々 どんな家にも日本製の家具をはじめ、食器や暮らしの道具が行き渡っていたのです。

初めて 出会うものを目の前にして、当時のことをよく想像してみます。例えば、人気を博した食器などは 同じプリントのものでも色んな形のデザインが作られ 様々なバリエーションが存在します。おそろいの柄で 色んなシチュエーションで使えるということです。だから、きっと違うデザインのものもあるに違いないと 想像するわけです。

古めのアデリアの水差しと出会いました。自宅にあるものと同じものです。金と銀のプリントでシックなデザイン・・・モダンな雰囲気です。きっと同じ柄で グラスもあるはず・・・と予想していました。ロックグラスか タンブラーか・・・ところが 同じプリントで出てきたのが 小ぶりなグラスに金属の取っ手が付いたグラスだったのです。パイレックスのドリンカップというプラスチックの取っ手がついたグラスと同じような感じ。ドリンカップとは おそらく「drink up」の意味、さぁ 飲もう!っていう時に 使うカップですよってことだと思います。それと 同じようなデザインですから みんなでわいわいやる時に 使って欲しいという意味で作られたのでしょう。でも、柄がシック・・・テーブルでポーカーにでも興じるときに 使うようなイメージ・・・。そういう場面も 確かにありますからね。

今は 世間的に“密”を避けねばなりませんので そんな集まりもご法度ですが 晴れて、普通に暮らせる日が来たら 丸テーブルを囲み みんなでわいわい楽しみたいものです。

それにしても 予想は見事にはずれました。もしかして ロックグラスやタンブラーも出てくるかもしれないけれど それよりも先に出会ってしまったのは 思いもよらないデザインのものだったのです。

009_20200407145101

 

| | コメント (0)

デザインの時代。

スマートフォンが普及して まだ数年しかたっていないのに もの凄い勢いで 技術革新が進んでいるようです。暮らしがどんどん便利になることは とてもいいことです。でも、近い将来 人間がやるべきことがなくなってしまうのではないかと 単純に考えてしまいます。けしてそんなことは無いのですが “便利”ということに 意識が向きすぎてしまうことには 疑問があります。大多数の人が求めていることと、多くの企業が そこに活路を見出すことで成長するという目標に向かっている以上、これからの暮らしは きっと一変していくことでしょう。

かつてもそうでした。特に日本は 今までに無い新しいものを生み出してきたことで 発展してきました。その繰り返しがなければ 今の便利な暮らしは無いし、これからの経済活動にも大きな影響をきたすことでしょう。だから どんどん新しい技術は生み出され続け 人の暮らしは変わっていきます。でも、新しいものを生み出すほうは大変です。常に 新しくなければならないのですから・・・。

ただ、ある程度 煮詰まった感のあるときは ふと立ち止まることも大事かと思うのです。技術的に立ち止らざるを得ないときは 人の多様性や感性に訴える時が来るべきだと思います。例えば・・・白物家電しかなかった時代の後に 花柄のプリントがされた家電が大流行し、カラーテレビの普及とともに 家庭にはカラフルなものが溢れる時代が来ました。技術的には 同じでもデザインに特徴を持たせることで 暮らしは一変しました。それとともに住宅事情も変わり 暮らしは少しずつ豊かになっていきました。そんなスピード感で 私は充分だと思います。次々と新しいものを生み出さなければ生きていけないようでは いつか頭打ちしてしまいかねません。そんな想像を超えて進んでいくようであればいいのですけれど・・・。

だから、同時に大切にして欲しいことは デザインも多様であるべきです。誰しもが嫌わないデザインに固執するのではなく、もっと個人に向けたデザインがあってもいいのです。でも、それも大変です。時代を読み、人に受け入れられるデザインを生み出すことは もしかすると技術革新より もっと大変なことだからです。

だからといって 技術革新だけが取りざたされる時代では もったいない。時代を彩るデザインが生まれることをこいねがいたいと思います。

1970年代まさに デザインが様々なものを彩る時代でした。大阪万博の太陽の塔は 芸術におけるデザインの面白さを実感させてくれて 未来像までも想像させてくれました。家電や身近な食器類にさえデザインが施され 豊かさを実感することが出来たのです。その見本となったのが 外国からの輸入品だったのではないかと想像できます。その外国の暮らしを将来の日本の暮らしと思い描き、様々なものが生み出されたのではないでしょうか。

その輸入品の代表格 アンカーホッキングのリフレッシュメントセットが入荷しましたので ご紹介します。箱入りのデットストックです。

006_20200125154301

さすがアメリカの食器。大振りなピッチャーは 日本にはないサイズ。アンバーのガラスに色とりどりのストライプが施され、シンプルながら ミッドセンチュリーのデザインに通じるものがあります。どんなインテリアにも似合います。というものではありません。やはり デザインを意識した住宅と家具のあるお部屋に似合います。現代では なかなか生み出されるデザインではないでしょう。

011_20200125155101

「あ~これは便利!」というものだけにとらわれず、気持ちの見えない部分に訴えかけてくる こういうものがたくさん生み出される・・・そんなデザインの時代もやって来ることを願ってやまないのです。

| | コメント (0)

年に一、二度。

クリスマス目前です。今年は イブもクリスマスも平日なので 前倒しして、この日曜に・・・という方も少なくないのではないでしょうか。

うちは 娘も成人し、今年のクリスマスは 外で過ごすようですし、だんだんクリスマスっぽいムードが感じられなくなってきて 少し寂しい気がします。数少ない 家族が集まる日曜に ささやかな食事を・・・と考えています。一応 プレゼントも用意して、楽しいひと時になるといいなぁと思います。

うちには 可愛い食器がたくさんあります。使うようにはしていますが すべてを使う場面はなかなかないものです。それでも 年に一度か二度、食卓に上る食器があります。普段使いするには 大げさで、日常の可愛い景色の中で眺める存在・・・今日は どんな料理が盛り付けられるのか・・・楽しみです。

日常使いしない食器がたくさんある我が家。でも、大切な場面で 大切な役割をこなしてくれます。そんな場面を想像して 用意しておくべき食器・・・きっとそんな食器があってもいいのだと思います。

Img_0001

| | コメント (0)

景色を作る。

ついに雪の季節がやってきました。この時期の寒さが 実は一番身にしみます。雪が積もり 気温がぐっと低くなってからのほうが 暖かく感じるのは何故なんでしょう・・・不思議です。体調にとっては 油断禁物の時期・・・暖かくしてお過ごしください。

家で過ごすことが多くなるこれからの季節。暖かく、快適なのは勿論ですが お部屋の景色を気にされたことはあるでしょうか?

毎日を支える食事を作るキッチンの景色。くつろぎの場 リビングで、いつも座る位置から見える目の前の景色。ほっと一息つく時、目の前に広がる景色・・・。家の中に広がる景色は 自分と家族が暮らしの中で作り上げるものです。散らかったままの景色も、置きっぱなしにしたままの景色も その家の景色です。自分で作り上げた景色ですから 誰にも文句は言えません。けど、キッチンが 使いやすいよう工夫されていたり、よっこらしょと座ったときに 目の前に広がるちょっと素敵な景色を作れるのが 自分しかいいないとすれば そこに目を向けることは とてもいいことだと思います。片付いているというだけでは 何かもの足りないと感じることが 大事だと思うのです。

お店には たくさん古いものがあるので そういうものを眺めているとすごくそう思います。ぼろいところに味があり、雰囲気がある。思わぬ可愛さに 自然と笑みがこぼれる。普段の暮らしに 何が大切なのか・・・想いを馳せることができるのです。 

家事の合間の 息抜きのひと時。美味しいお茶を入れて 腰を下ろします。どっかり座るのではなく ちょこんとこんなスツールに・・・秋木のスタッキングスツールは座り心地もよく、デザインも素敵です。コーヒーテーブルの上には お気に入りのカップと ちょっとした飾り棚を・・・写真立て付きのレコードスタンドです。アイアンのクールな印象と浮き出た錆・・・そんなイメージに合う写真を飾ります。一息の時間も 楽しみたい時、こういう景色は大切です。

003

毎日、楽しみに見るテレビや 気持ちのいい音楽を楽しむためのオーディオ機器・・・見たり、聞けたりすれば いい訳で・・・どんな場所に置くかは たいした問題じゃない。そう思いがちですが 本当にそうでしょうか・・・。見えているのはテレビだけで 聞こえているのは音楽だけでしょうか。そういう機器を どんな場所に置くかは 結構大事な気がします。どんな放送を見て、どんな音楽を聴くかに 多少の影響を及ぼす気が 私にはします。

008

扉には 周辺機器やCDなどを収納し、ガラスの中には 勿論、お好きなものをたくさん飾って・・・。こんな木製のキャビネットの雰囲気が見る放送を、聴く音楽を特別ものにしてくれることでしょう。テレビや音楽を楽しむ時間を 心豊かにしてくれる景色がうまれる気するのです。

せっかく買い揃えた素敵なものをしまいこむのはもったいないものです。いつもの席の目の前に 綺麗に飾りながら、日々の暮らしに生かしてこそ価値があると思います。可愛いグラスや食器を並べたり・・・私なら 古いおもちゃを広々並べて・・・きっと いい景色になることでしょう。

012

窓際には カラーガラスのものが似合います。光を通して 綺麗です。ステンドグラスもいいけれど 私にはこれで充分。グリーンのガラスのお皿です。南国の魚のデザインだからいいのです。どんな料理が似合うんだろう・・・白身魚のムニエル?とか フライのタルタル添え?とか・・・。なんか ちょっと特別な気がします。そんな景色が 窓辺に広がるのです。

017

お部屋に景色を作ってみる。そんな風に ゆっくり楽しみながら店内を散策してみてください。きっと いい景色作りのヒントが見つかる ひと時になることでしょう。13周年イベントまだまだ開催中です。とってもお得なこの期間に 是非。

| | コメント (0)

朝を想う。

朝晩の気温が低くなってきました。寒いです。もうじき 雪が降るのですね。わかっていても 一日も長く降らない日が続いて欲しいものです。

この時期の朝は 布団から出るのがきついですね。でも、一日の始まりは待ってはくれず お弁当や朝食の準備・・・身支度も整えなければならないし・・・大忙しです。毎日のことなので お決まりのパターンになりがちですが 一日の始まりには 「今日も一日頑張って!」とか 「車に気をつけて!ちゃんと帰ってきてね。」と無意識に 思って過ごすことでしょう。朝の寒さが こたえるけれど、そう思わずには送り出せないものです。

だから朝食は大事。その日を頑張って乗り切るため 腹が減っては戦は出来ぬと気合をいれる大切な時間ともいえます。頑張って生きるって 大変なことなんですね。

そんな時間を大切にするには 美味しく食べる器も大切です。ヴィンテージ風のカフェオレボウルを見つけました。昔は 色んなメーカーで作っていましたが 今は案外 見つけるのが難しくなっています。カフェオレをたっぷりいただけますし、ちょっとしたどんぶり料理にも使えるので とても重宝すると思うのですけれど・・・和風のどんぶりでは 見えてこない景色がテーブルに広がるのです。温かいものが恋しくなりますが 気分からもほっこり温かみを感じることが出来そうです。

明日(6日水曜日)はお休みをいただきます。風邪など引かぬよう温かくしてお過ごしください。

002

| | コメント (0)

より以前の記事一覧