食器

憧れは今でも。

日本人にとっては ファイヤーキングよりも馴染み深いパイレックス。耐熱食器メーカーとして 長い間 日本の食卓を華やかに彩ってくれました。

輸入品だけではなく 日本で製造していたことが その大きな理由の一つです。結婚祝いなど贈答用としても重宝され、どのご家庭にも一つや二つ 必ずあったはずです。日本のものは 独自に花柄などのプリントが施され たくさんのシリーズが生まれました。懐かしく感じられる方も少なくないと思います。アイテムも豊富で 調理が楽しくなるような工夫と 使い勝手のよさが喜ばれたのではないでしょうか。

そもそも パイレックスが誕生したのは1915年のアメリカでのこと。オーブンと冷蔵庫を行ったり来たり出来る丈夫な食器として その後一般家庭にも普及し始めたのです。当時のアメリカの暮らしについてはわかりませんが パイレックス誕生の歴史を紐解くと 近代的な暮らしの背景があったことが想像できます。オーブンで料理し、冷蔵庫で保存できる暮らし・・・当時の日本は どうだったのでしょう。

パイレックスがアメリカから輸入され始めたのは 1960年代のこと。その当時でさえ オーブンだの冷蔵庫だのは 庶民にとっては夢のまた夢。当然、耐熱食器は 高嶺の花。使う理由も無かったはずで、一握りの お金持ちにも普及していたかどうか・・・冷蔵庫やオーブンレンジの普及なくして 耐熱食器の普及はありえませんから。日本でパイレックスが製造され始めたのが ようやく1970年代に入ってのこと。その頃には ようやく日本も 電化製品が一般家庭にも行き渡り、本格的に耐熱食器が普及し始めることとなるのです。

電化製品が憧れの的だったとすれば 同時に耐熱食器も憧れの的だったと推測できます。洋風な暮らしへの憧れをみんなが夢見ていた頃のお話です。

1960年代から70年代にかけて 輸入されたパイレックスと極稀に出会う機会があります。日本の一般家庭でも使われていたということです。いくつかのシリーズが輸入されていたようですが ずいぶん前にご紹介した 蓋にデイジーのプリントが施されたシリーズとグリーンのグラデーションが美しいヴェルデという ヤドリギのプリントが施されたシリーズ。オールドタウンブルーやバタフライゴールドは有名ですし、あとバタープリントも確認しています。そのほかにもあったのかもしれませんね・・・そして 今回ご紹介するシトラスという 明るい黄色からオレンジへのグラデーションで販売されたボウルは 実は2回目の出会いです。憧れの暮らしをしていた方が確かにいたという証拠です。

Photo  
本来、ミキシングボウルは SサイズからLLサイズの4種類ありました。薄い黄色からオレンジへのグラデーションです。セット売りではなくバラで販売されたようなので それこそ全部揃うのは難しいと思います。MとLが揃うことも 奇跡と言えそうです。右に写っているのは ヴェルデのシンデレラキャセロール。グリーンのグラデーションのうちの薄いほう ライム色です。赤のリフは プライマリーカラーというシリーズで この中では一番古いかも。手前は 10ozキャセロール発色が美しい。柄物にも興味を惹かれますが 無地であってもこんな色合いなら なにやら元気がもらえそうだし、何より食器棚が可愛いくなります。

これらの食器が売られていた頃には その暮らし方に対する憧れがあったのでしょう。今は 当たり前に電化製品も揃っているけれど こういう食器を普通に使う暮らしに憧れるのです。

| | コメント (0)

野菜もりもり。

近所の野菜直売所も週末にはオープンし、地物の野菜がこれからは 手頃になってきますね。冬の間は 野菜が高くてなかなか苦労しましたから大助かりです。

家庭菜園も 夏の収穫が楽しみですし、野菜がもりもり食べられるのは 本当に楽しみです。ただ、少しでも美味しく楽しむには 食器の役割はとても重要です。見た目も、味付けも 美味しくいただくための大切な要素です。

野菜の色は とても鮮やか。その鮮やかさを引き立ててくれるのは こんなきらびやかな色かもしれません。

Photo

ファイヤーキングのピーチラスターというシリーズです。オレンジというビビットな色合いで キラキラと輝くさまも美しい食器です。ベジタブルボウルは ファイヤーキングの刻印。デザートボウルは アンカーホッキングの刻印。どちらも シェルという貝殻をモチーフにデザインされたものです。製造期間が長かったせいもあり 刻印に違いがあるのです。ベジタブルボウルは一つしかありませんが デザートボウルは複数ご用意できましたので ご家族分をそろえることも出来そうです。専門店では 結構しますが うちは お揃いで使っていただきたいので ぐっと抑えたプライスでご用意しています。シリーズは 違いますが 同じピーチラスターのローレルのシュガーポットに ドレッシングを手作りして たっぷりかけていただきます。綺麗なグリーンが映えて・・・野菜の美味しさを引き立ててくれそうです。

フルーツボウルとしてもいいですね。自然の綺麗な色合いをひきたてて、ご馳走に変えてくれそうな素敵な食器です。野菜も果物もこれからがいい季節。お肉もいいけど 野菜ももりもりいただきます。

| | コメント (0)

ここにいるよー。

もの選びの基準は人それぞれ。自分がよければ 誰に何を言われる必要もありません。ただ、「これがいい!」なのか「これでいい。」なのかの違いを忘れたくは無いと私は思います。

世の中には 様々なものが生み出されています。庶民には到底手の出せない高級品や ちょっと頑張れば手の届きそうなもの、庶民向けに作られたもの・・・どれを手にするかは 自由に選択できます。

個人の趣味が自由であるように 選択肢も多いわけです。さて何を選ぶかを考えてみてもいいかもしれませんね。

私は 多趣味で それぞれのことを良く調べ、「いいものだ。」と納得できれば それは大切なものとなります。その代表が アメリカ生まれのミルクガラスと呼ばれるヴィンテージの食器たちです。当時の食卓文化を象徴するものとして 憧れをもって集めています。

基本、古いものがすきなのですが ヨーロッパのアンティークみたいなものは 私には高尚過ぎて、好きなのは好きだけど 自分の暮らしには似合いません。誰かのお宅で拝見すれば 素敵な趣味だな~と感心はするけれど 自分も!とは思わないのです。

言い換えれば、西洋アンティークは 「どうぞわたくしをお使い遊ばしてもかまいませんわ。」と言っているような感じに対して アメリカのミルクガラスは そのポップさや扱いやすさから 「おーい!ここにいるよー!」と主張しているように感じるのです。それも大きく手を振りながら・・・。どうやら そういう人懐っこさが好きなようです。きっと この感覚は自分が爺さんになっても変わらない感覚なのだと思います。

Photo

| | コメント (0)

夏支度。

ゴールデンウィークが始まりました。初日は 天候にも恵まれ お出かけ日和でしたね。札幌では 桜の開花宣言も出され 江別も・・・店の目の前の桜も つぼみが桜色に染まり始めています。ゴールデンウィーク後半には 満開になりそうな感じです。

そんな春らしさを感じるこの頃ですが 春を飛び越えて夏にぴったりのガラスの器をご紹介します。うちは年中登場するアイテムですが 涼やかな見た目、涼を感じる器ということで 一般的には 夏向きなのかもしれません。

まずは カラーガラスとして懐かしく感じる方の多い 紫の小鉢いろいろ・・・

Photo

あんみつにカキ氷、おひたしに浅漬けにところてん・・・日本の夏を感じます。

Photo_2

そうめんや冷麦・・・暑くて食欲の無い時は これに限ります。麦茶もお忘れなく。

Photo_3

部屋の明かりを落としたら、窓から入る涼しい風を感じつつ 月の明かりでちょいと一杯。日本酒だって モダンにも楽しめるのです。でも 肴はあぶったイカでいい~・・・日本の夏は これがいいのかもしれませんね。

| | コメント (0)

花の季節。

前回、アメリカ製のミルクガラスをご紹介しましたが 日本製の耐熱ガラスも その独自の可愛さで 負けず劣らず素敵です。

それもそのはず、アメリカから耐熱ガラスの輸入が本格化した 1970年代。その輸入された器の 色合いの鮮やかさ、デザインの多様さに触発された 日本のメーカーは 独自のデザインで、様々なシリーズを打ち出し アイテムも増やし、電子レンジの普及とともに 日本の食卓を素敵にしようと頑張ってきました。パイレックスだけに限らず 他のメーカーでも独自のデザインを作り出し 切磋琢磨してきました。今現在 出会えるものは 日本製パイレックスが種類も多く 一歩ぬきんでている感じはしますが ナルミという会社からは クックマミーというシリーズで 同じような花柄のアイテムを見つけることができます。

どちらも 無地ではなく、プリントの入ったデザイン物は なかなか見つけにくくなってきましたが うちでは アメリカのミルクガラス同様、日本製の耐熱ガラスも 大切にあつかっていこうと思います。お国は違えど 同じ時期に生み出されたもの同士には どこか共通点があり 甲乙つけがたい魅力があるのです。

春を実感できる季節が ようやく来ましたが 花が咲くのはもう少し先・・・でも食卓は すでに花の季節を迎えられそうです。

Photo

| | コメント (0)

出会いにありがとう。

ミルクガラスとの出会いは もう20年以上も前・・・雑貨店を巡り歩いては お気に入りを一つ一つ探し歩く日々。当時、インターネットもない生活をしていたので そうやって出会うしか方法がなかったのです。今は 便利になりました。リビングで クリックするだけで 欲しいものが家に届くわけですから。

今は 慣れないながらもパソコンを操作して 買おうと思えば買えるようになりました。でも、昔 いろんなお店を巡って いいものを見つけた時の感動や興奮を忘れることができません。やはり 出会いは 手にとって、状態を確かめ 色合いを実感し、思いを馳せることが大切。だから インターネットに頼ることは もうしていません。

お店を始めたころは うちでミルクガラスを扱うことができるとは思っていませんでした。でも、こうして 信頼できる方との出会いがあり、うちで初めて触れたという方々にも その良さを知っていただけるようになりました。昔ほど ちやほやされることもなくなり、扱うお店も減っているように感じますが 私たちにとっては 流行とか、プレミアとかは関係ありません。好きなものは ずっと好きなのです。こうして 大好きなものをお客様にご紹介できること・・・とてもうれしく思います。

今回の荷物の中にも 初めて目にするものもあり、改めて いいなぁ~と眺めています。コレクションして楽しく、使ってなお楽しい。こんなに好きなものとの出会いに、探して送ってくださる方との出会いに、そして 楽しんで下さっているお客様との出会いに・・・本当にありがとう。と思うのです。

Photo

| | コメント (2)

朝食風景。

新しい暮らしが始まるシーズンです。この春、進学や就職で 一人暮らしを始める方も多いことでしょう。今まで 親がしてくれていたことも すべて自分でしなければなりません。健康のことも考えつつ しっかりと歩んで欲しいと願う親御さんの気持ちが 身にしみてわかる 今日この頃です。

一人暮らしを始めて 私自身は朝食を食べなくなりました。面倒だったし、若かったし 食べなくても平気だったからです。学生のころは 違いました。朝食をとらないと 授業中 お腹がぐーぐー鳴るし、元気は出ないし 当たり前に食べていたのに・・・。でも、やはり 朝食は大事!と思い始めたのは 子供ができてからかもしれません。一日元気に過ごすには 朝食をちゃんととることだと 感じたからだったと思います。

それこそ 娘が一人暮らしをするようになったら どうするんだろう・・・そう考えます。毎日毎日続けてきたことだから 大切にして欲しいと思います。元気の源ですから。そうして もし、結婚して子供ができたら その子供にも 大切な朝食風景を見せてあげて欲しいと思うのです。

Photo

追伸 3月15日(水)は お休みをいただきます。

| | コメント (0)

少しづつ春。

だんだんと春の陽気になってきました。そんな中、冬のイベント「冬のマルシェ」が終わりました。家具や 雑貨が少しずつ少なくなってきて お店もさっぱりとした印象です。ご来店いただいた お客様には いいものをお手頃にお求めいただき、また 暮らしの中で役立てていただけたら・・・ほんとに嬉しいです。足元も悪い中 ご来店くださり本当にありがとうございました。

抽選会で 当たった割引チケットも 明日から2ヶ月間有効でご利用いただけますので 機会があれば 是非ご利用くださいませ。お待ちしております。

こうして 陽気が変わってくると雪解けも すぐそこのような気がしてきます。それでも まだ3月・・・一日一日少しずつ 春に近づいていきます。お店も 春らしい展開を・・・と思いますが なかなかそうもいきません。素敵な出会いは 早々ありませんから・・・。ゆっくりと 進めていくことしかできないのです。

その第一歩として、フェデラルのカップ&ソーサーをご紹介します。ミルクガラスの素材に キラキラした塗装が施され 光を当てると虹色に輝きます。さらに 写真ではわかりにくいのですが 若草色のグラデーションがまさに春の新緑のように 柔らかな印象です。これからの季節にぴったりの 印象的なカップです。

今年は 大好きなミルクガラスもたくさんご紹介していきたいですね。そうなることを祈りつつ・・・明日から またゆっくりと始めたいと思います。

追伸
3月1日(水)は 娘の卒業式に行ってきますので お昼12時からの営業とさせていただきます。ご了承くださいませ。

Photo

| | コメント (0)

不思議な感覚。

久しぶりに アメリカからの荷物が届きました。大好きなミルクガラスです。

いずれも オールドパイレックスと言われる アメリカ製の古い耐熱食器です。製造されたのが 1950年代から60年代にかけてですから 私よりも先輩にあたります。コレクションしながら 実際に日常使いできる食器として、長い間 ファンの間で親しまれ、眺めて楽しく 使って嬉しいを実感できるヴィンテージの食器なのです。

私は お店に居て常に思うことがあります。古い食器は 個性的で 装飾的で とても素敵で、当時の暮らしぶりを思い描くことができるということです。

海外のものであれば、素敵な住宅に モダンな家具が置かれ、電化製品も近代化し・・・そう、思い浮かぶのは アメリカのテレビドラマ「奥様は魔女」のダーリンのお家。ああいう家の キッチンやテーブルにぴったりと合う食器です。

一方、日本のものは やはり、そういう家に似合う食器がたくさん作られていたのですが・・・当時の日本の暮らしぶりはというと、私が田舎育ちだからかもしれませんが 子供の頃見ていた テレビの中のダーリンとサマンサ(奥様は魔女の登場人物)が暮らしていた家は それは夢のような素敵な家で、当時住んでいた 町には そんな家一軒もありませんでした。日本の家は 比べようも無く、あまりに違いすぎる暮らしぶりに、テレビの世界に夢を見るばかりだったのです。

実際の暮らしに合う食器文化が生まれたのがアメリカだとしたら、日本のものは 西洋的な暮らしに憧れて出来たものが 多い気がするのです。だから、当時の日本の食卓は どこかちぐはぐ。実際の暮らしには 合わないといわざるを得ないものが たくさん作られていたわけです。でも、決して悪いことではなく、むしろ 西洋的な暮らしに憧れを抱き、いつの日か テレビの中のように暮らす日が来るに違いないと 暗示していたように思うのです。

あのテレビドラマからおよそ50年・・・街を見渡せば 素敵な外観の家も増え、ようやくあの憧れだった暮らしぶりに 近くなってきた気がします。日本の古い食器の文化は 50年も先を進んでいたと感じます。つまり、住宅事情が 50年前の食器事情に ようやく追いつこうとしている気がするのです。だから、今こそ 古い食器がその本来の素敵さを発揮できるようになったと思うのです。

ヴィンテージという言葉の響きには なにやら 魅惑のムードが漂います。なかなか普通には出会えないものだからです。でも、そういうものを普段使いできることは 暮らしをちょっとだけ素敵にしたいという心の現われです。雑貨というものが そういう人たちの気持ちを少しでも満たしてくれるのと同じように、食器は もっとも身近なその代表ともいえるような気がするのです。だって、見てください。60年前のアメリカの普通の食卓は こういうもので彩られていたのです。今の自分には しっくりときます。まるで 不思議な感覚なのです。

Photo

スノーフレークのリフ・・・可愛いなぁ~。オータムハーベストのミキシングボウルは ラスタ(鉄の錆)カラーの方です。10ozキャセロールは 一人用グラタンにちょうどいい。

Photo_2

プライマリーカラーの赤のリフは この中では一番古いです。黄色のキャセロールは ブルーの色違い。HONGKONG製のチープトイも 同じ頃の時代のものです。こういう食器 たくさん出会いたいな~。今年は どうだろな~。

| | コメント (0)

自分で選んだもので出来ている。

とても素敵なものと出会いました。

何のヒントも無いので どの時代か、どのメーカーか、どこのお国か・・・全くわかりませんが とにかく見れば見るほど素敵なのです。

北欧の雰囲気が感じられるので 日本のものだとすれば40年ほど前の雰囲気です。作りもしっかりとしていて 良い物の香りがします。

面白いのが マグ一つ一つがそれぞれ違うという点です。高さも微妙に違っていて(製造上の違いではなく、あえて違えてあります。) 同じ柄でありながら、色合いも変えてあり、取っ手を含めたデザインも 違うのです。通常であれば 同じものをたくさん作ることで コストダウンでき、数もたくさん出来るものです。ところが これは 家族であっても 一人ひとり違うように、マグ一つ一つに個性を持たせてあるのです。現代では よほどの高級品で無い限り こういうもの作りはしないはずです。色々謎が浮かぶ品物です。

でも、こういう個性を見ていて 頭をよぎるのは こういうものを気に入って買う人って どういう暮らしぶりなんだろう・・・ということです。

こうして家に居て、周りを見渡すと 自分が好きで 買い集めたものが目に飛び込んできます。古いおもちゃがあれば カラフルな食器があり、色んなものが所狭しと並んでいます。それぞれが 個性的で なかなか見つけられず、もう出会えそうも無いものばかりです。そういうものに囲まれて 私の家は出来ています。そして、これからも 増え続け、変化していくのです。

考えてみれば 結局、自分の暮らしは 自分で選んだもので出来ているわけです。誰がそうしなさいと言った訳も無く、自然と出来上がってきたのです。目の前に映る景色は 自分で作るしかないのです。雑貨好きの方は 皆さんそう感じていらっしゃることでしょう。そこが雑貨好きの楽しみなのです。

この魚の 灰皿もほんとに良く出来ています。一服のひと時を 少しだけ特別に感じられそうな気がします。

自分の安らぎのひと時も、自分の部屋の風景も、長い時間をかけて、自分で選んだもので出来ているのです。

Photo

| | コメント (0)

より以前の記事一覧